ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース緑川光、杉田智和、鈴村健一、鳥海浩輔、福山潤のコメント到着!セイント・ビースト「Short Stories」

緑川光、杉田智和、鈴村健一、鳥海浩輔、福山潤のコメント到着!セイント・ビースト「Short Stories」 2011年11月30日 21:21

セイント・ビースト ドラマCD 「Short Stories」~天使たちの横顔~

12月29日(木)~31日(土)に開催される『コミックマーケット81』にて先行販売される、セイント・ビースト待望のドラマCD 短編集『「Short Stories」~天使たちの横顔~』の収録現場より、キャストコメントが到着。

今回は、緑川光さん(鳳凰のルカ役)、杉田智和さん(流星のキラ役)、鈴村健一さん(風牙のマヤ役)、鳥海浩輔さん(天使シヴァ役)、福山潤さん(神官長パンドラ役)のコメントを紹介する。


森川智之さん(青龍のゴウ役)、櫻井孝宏さん(玄武のシン役)、宮田幸季さん(朱雀のレイ役)、吉野裕行さん(白虎のガイ役)、石田彰さん(麒麟のユダ役)のコメントはこちら



■鳳凰のルカ役:緑川光さん

――収録後の感想をお願い致します。

緑川さん:やっぱり、久しぶりに演じられて楽しかったですし、こういったほんわかとした感じのものはもっと久しぶりだったので、嬉しかったですね。ファンの方にはどっちも楽しんで頂けると思いますが、僕的にはかっこよく戦っているよりも、ほんわかとしている方が好きなので、それが堪能できて良かったです。


――印象に残ったシーンはありますか?

緑川さん:今まで培っていたものをちゃんと描いてくださっていたのはもちろん嬉しいんですが、今回に関してはゴウにつきますね。ずっと想像しちゃって、「いやだよなぁ…」って思っていました。生々しく想像しちゃいましたね(笑)。 衝撃でした自分の中では。まぁ、みんなありますからね。スーツの襟のところに隠すとか。でもゴウはそこなんだみたいな(笑)。

スタッフ一同:やはりあそこは印象に残るシーンでしたね。


――CDを聴く前のファンの方へメッセージをお願いします。

緑川さん:ずっと応援してくださった方々へのファンサービス的な聴きやすい作品になっていると思いますので、是非是非、久しぶりに僕たちに会いに来て頂けると嬉しいです。


――ありがとうございました。



■流星のキラ役:杉田智和さん

――収録後の感想をお願い致します。

杉田さん:懐かしさを感じると共に、思わず笑ってしまったり、心が温かくなるエピソードというのは、かなり初期の頃のセイント・ビースト、もしくはそれより前の天使のしっぽくらいまでさかのぼるのではないのでしょうか。もし天使のしっぽにキラとマヤが出ていたら、こんな感じになっていたのではないでしょうか。


――印象に残ったシーンはありますか?

杉田さん:今回も所々で、僕の何かのツボを刺激することがとても多かったです。セイント・ビーストはシリアスな作品であるらしいのですが、僕にとっては……。

スタッフ一同:マヤとの兄的な立場はコミカルな中でもあまりぶれずに描かれていたのではないかと思うのですが、その辺りはいかがでしたか?

杉田さん:もはや親を探す旅をする目的が、旅をする最中に兄弟のきずなが深まっていく。そこで生まれたものが実は一番必要なものだったのかもしれません。強く生きていく為の何か答えを得ることが、親を探すことよりも重要だったのではないかと思います。青い鳥方式で、母親と会っても会えなくても本編中では重要では無いのかもしれませんね。


――CDを聴く前のファンの方へメッセージをお願いします。

杉田さん:本編からのルカの言葉をお借りすると「天には伝説が多すぎる。全部信じていたらキリがない」それなら、沢山楽しめるということです。ご期待ください。


――ありがとうございました。



■風牙のマヤ役:鈴村健一さん

――収録後の感想をお願い致します。

鈴村さん:約2年ぶりのセイント・ビーストで、本当に久しぶりにやったんですけど、収録してみるとあの頃のことが走馬灯のように蘇ってきますよね。お付き合いの長い作品なので、懐かしいというのが今回収録してみての一番の感想です。


――印象に残ったシーンはありますか?

鈴村さん:相変わらずキラとマヤは一緒にいて、キラはマヤが好きで、マヤはキラが好きで、その感じもやはり懐かしいというか、ぶれない兄弟だなと思いました。二人のシーンを是非久しぶりに聴いてあげて欲しいなと思います。


――CDを聴く前のファンの方へメッセージをお願いします。

鈴村さん:久しぶりのセイント・ビーストのCDは、皆さんの想像している通りの何も変わらないセイント・ビーストがお手元に届きます。期待して待っていて頂ければと思います。楽しんでください。


――ありがとうございました。



■天使シヴァ役:鳥海浩輔さん

――収録後の感想をお願い致します。

鳥海さん:久しぶりのセイント・ビーストでしたが、シヴァはシヴァでした(笑)。そこは全くぶれてなかったような気がします。何のリハビリも必要ありませんでしたよ。楽しかったです。


――印象に残ったシーンはありますか?

鳥海さん:ユダが前よりも察しが良くなっていましたね。シヴァに対してあからさまになっていましたね。「あぁ、ついにユダも…」まぁ、その後見捨てられないって言ってましたけどね。完全に二人でいる時は疑いの目でしか見ていなかったですしね。ユダの本性が垣間見えたところは非常に印象に残っております。


――CDを聴く前のファンの方へメッセージをお願いします。

鳥海さん:ホントに久しぶりのセイント・ビーストだと思うんですけど、非常に楽しい色んなお話が入っておりますので、本編とは違った楽しみ方が出来ると思うので、楽しんで頂ければ幸いでございます。さようなら。


――ありがとうございました。



■神官長パンドラ役:福山潤さん

――収録後の感想をお願い致します。

福山さん:僕は途中参加組なので、皆さんよりは3年ほど短いんですけども、10年って聞くと「もうそんなに経ったのか……」と思いました。最初、セイント・ビーストとの出会い自体は、荻窪の杉並公会堂でイベントをやられている時に、僕と勝杏里と菅沼で見に行ったのが一番最初の出会いでした。菅沼が、「杉田のイベントがあるから見に行こうよ」って誘われて行ったら、杉田のイベントではなくて(笑)。そこから1年後くらいにパンドラ役で参加することをシンフォニーヒルズで初めてお披露目しましたね。それを考えると9年前ですか…。色んな初めての経験を沢山させて頂きまして、思いもひとしおですね。皆さんの前にイベントとか出るようになったのもセイント・ビーストからですし、森川さんとか鈴村さんとか櫻井さんとか、なかなかご一緒する機会が少なかった時期ではあったので、色々なことを現場で見させて頂きました。そんな中の一つとして最後を締めくくるのがコメディCDっていうのがありなのかなと思ってます(笑)。


――印象に残ったシーンはありますか?

福山さん:ゴウが最後に言い訳だらけしているところで、パンドラが余計なことをツッコんで、「そんなんだから嫌われるんだ!」みたいなことを言われている部分が、「そうなんですけどね……」って思いました。他の部分でも色んな方と絡んでいるので、そこもそうなんですけども、自分のところとなるとゴウすらもそう思ってるのねっていう。逆に言えば、そこまでは思ってなかったんだなって、ちょっとした優しさを垣間見ました(笑)。


――CDを聴く前のファンの方へメッセージをお願いします。

福山さん:約2年半ぶりのドラマCDということで、今回は短編が5編入っておりますので、その中で色んなキャラクターたちが絡んで楽しいお話を繰り広げております。2年半ぶりになりますが、セイント・ビーストファンの皆様にはお待たせしました。そしてその思いを、こちらのCDを聴いて柔らかくして頂ければ、癒して頂ければ幸いです。


――ありがとうございました。



■セイント・ビースト ドラマCD 「Short Stories」~天使たちの横顔~

【コミックマーケット81先行販売】2011年12月29日(木)~31日(土)
【一般発売日】2012年1月25日(水)予定
【定価】3,150円 (税込)
【発売元・販売元】株式会社フロンティアワークス

【キャスト】
青龍のゴウ:森川智之
玄武のシン:櫻井孝宏
朱雀のレイ:宮田幸季
白虎のガイ:吉野裕行
麒麟のユダ:石田彰
鳳凰のルカ:緑川光
流星のキラ:杉田智和
風牙のマヤ:鈴村健一
天使シヴァ:鳥海浩輔
神官パンドラ:福山潤


©ワンダーファーム


セイント・ビースト ドラマCD 「Short Stories」~天使たちの横顔~

B0066C5J2K セイント ベスト ロスト・1/ボーカルベスト オブザ セイント・ビースト

B000811FPU 「セイント・ビースト」ボーカルベスト vol.2

B0009I8W76 OVA「セイント・ビースト~幾千の昼と夜 編~」 オリジナルサウンドトラック&キャラクターボーカルアルバム Trembled Melodies

B000CFWQ0K セイント・ビースト DJCD Chat.5~ケダモノたちの宴~Vol.2

B0038OCDT6

▲ PAGETOP