ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース保志総一朗、緑川光が登壇!「スクライドオルタレイション TAO」舞台挨拶レポート

保志総一朗、緑川光が登壇!「スクライドオルタレイション TAO」舞台挨拶レポート 2011年11月22日 17:00

TVアニメ「スクライド」の放送10周年を記念して、TVシリーズ全話をベースに、HDデジタルリマスター化、オリジナルキャストによる全編新規アフレコ、新作パートを追加して再構成、全二部作のスペシャルエディションとして制作された「スクライドオルタレイション」。その前編「TAO」のイベント上映が、11月19日(土)より全国9館にてスタートした。

今回は、上映2日目となる11月20日(日)にシネマサンシャイン池袋で行われた舞台挨拶の模様をお伝えする。登壇者はカズマ役の保志総一朗さんと劉鳳役の緑川光さん。冒頭の挨拶でいきなり驚かせたり、トーク中に緑川さんが保志さんに罠を仕掛けたりと、笑いの絶えない舞台挨拶となった。なお、後編「QUAN(クアン)」のイベント上映は2012年3月10日(土)からスタートすることが決定している。こちらもお楽しみに!


「スクライドオルタレイション TAO」舞台挨拶


――ひとことずつ挨拶をお願いします。

保志:(とても可愛い声で)10年経って、こんな声になってしまいました。新しいカズマの声でお楽しみください(笑)。

緑川:オッス!オラ劉鳳をやってる緑川光だ。今日はよろしくな!

会場:(笑)。


――10年ぶりに演じてみていかがでしたか?

保志:監督からは、あの時の「スクライド」を超えるものを作りたいという、漠然とした指示だけでした。言うならば前作がライバルですね。前作の若さや勢いには勝てないですが、熱さと気持ちでは負けないように、今だから出来るカズマを意識して叫びました。

緑川:正直、怖かったですね。10年前、これだけ叫ぶキャラクターはこれで仕事納めぐらいの気持ちだったんですよ。それだけの価値がある作品でしたし。自分の中で綺麗に完結していたから、以前のような気持ちになれるのか怖かったです。当時よりも喉の疲れは早くくると思い、ペース配分に気をつけました。


――10年前に演じた時に、印象に残ったシーンや台詞はありますか?

保志:カズマは名台詞のオンパレードなので、印象に残る台詞がいっぱいですね。劉鳳に少しずつ認めてもらう頃から登場した、モノローグで2人が(直接は)聞こえていないはずなのに、会話のようなやり取りで喧嘩をするという演出が印象的でした。

緑川:好きな台詞は「カズマくん、私も同士になる」ですね。なかったですっけ?そういう台詞。

保志:(考えながら)・・・あ!なんかあった、あった!

緑川:(そんな台詞は)ないよ(笑)。

保志:え!?ない?なかったの??(笑)

緑川:ありそうだけどない(笑)。印象的な台詞では、あすか(橘あすか)の「僕のタマがぁぁ~」は外せないよね。何度聞いても笑っちゃう。この作品のキャラクターはみんな面白いので、(自分も)言ってみたいのがありますよ。

会場:聞きたい!ビッグ・マグナムやって!

緑川:暴れっぱなしなんだよ!!(立浪ジョージを真似て)


――後編QUANに臨む意気込みは?

保志:前編では(ペース配分を考えずに)飛ばしすぎてしまったので、緑川さんのペース配分を学んで後編では息切れしないように、今だからできる魂の叫びをお届けしたいなと思っています。

緑川:えっとぉ。ぼくは、保志さんよりだいぶ年をとっているのでぇ、だからぁ、なるべく迷惑をかけないようにぃ、最低限のペース配分をして、できるだけいい芝居がやれたらなって思ってますぅ♡


――最後にこれからご覧になる方へメッセージをお願いします。

緑川:アルター能力って自分の武器だと思うんです。“緑川光”のアルターはこの声だと思いますし。年月が経ち衰えている部分もあるけど、それを補うテクニックを学んできました。でも、それでプラスマイナスゼロでは寂しいので、今自分が出来ることの、2つ3つぐらい上の芝居をやれたらと思っています。10年経った保志くんとガチでやってみるのも面白そうですし、いいバトルをお送りできると思いますので、ぜひ見に来てください。

保志:スクライドをまたやるのは精神的にも肉体的にもエネルギーが必要で、覚悟がいりました。でも、とても好きな作品なので、またやりたいという気持ちと、(10年前を)超えたいという思いがありましたね。その魂を皆さんが感じてくれたら嬉しいです。TAOを楽しんで、そしてQUANを期待して応援してください。これからもよろしくお願いします。


(取材・文:千葉研一)


■「スクライド オルタレイション」前編TAO/後編QUAN
「スクライド オルタレイション TAO」
前編TAO
絶賛イベント上映中!
「スクライド オルタレイション TAO」
後編QUAN
2012年3月10日(土)より上映開始!

【上映劇場(TAO)】
シネマサンシャイン池袋
伏見ミリオン座
梅田ブルク7
ユナイテッド・シネマ札幌
ユナイテッド・シネマキャナルシティ13
川崎チネチッタ
京成ローザ(10)
MOVIX仙台
広島バルト11
※QUANの上映劇場は後日発表。

【スタッフ】
監督:谷口悟朗 「コードギアス 反逆のルルーシュ」
脚本:黒田洋介 「機動戦士ガンダム00」
キャラクターデザイン:平井久司 「機動戦士ガンダムSEED」
制作:サンライズ

【キャスト】
カズマ:保志総一朗
劉鳳(りゅうほう):緑川光
由詑かなみ:田村ゆかり
桐生水守:永島由子
シェリス・アジャーニ:倉田雅世
ストレイト・クーガー:津久井教生
君島邦彦:山崎たくみ


■TVシリーズ「スクライド Blu-ray BOX」

完全新規HDデジタルリマスターによるBlu-ray BOXで発売中!
発売・販売元:バンダイビジュアル

「スクライド Blu-ray BOX」

©サンライズ


スクライド Blu-ray BOX

B0058QFZXI スクライド オリジナルサウンドトラック I

B005I7AQYU EMOTION the Best スクライド DVD-BOX

B002HUEYM6 スクライド 5.1ch DVD-BOX (期間限定生産)

B000X1Y7VE

▲ PAGETOP