ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース綾辻行人原作のTVアニメ『Another』アフレコ現場より、高森奈津美、阿部敦らのインタビューをお届け

綾辻行人原作のTVアニメ『Another』アフレコ現場より、高森奈津美、阿部敦らのインタビューをお届け 2011年11月16日 15:00

綾辻行人氏が送る学園ミステリー&ホラー『Another』が、2012年1月よりTVアニメでスタートする。監督に水島努氏、キャラクター原案にいとうのいぢ氏、そしてアニメ制作にP.A.WORKSという超豪華チームによる、ホラーアニメの決定版として注目の作品だ。

今回、キャストの高森奈津美さん(見崎鳴役)、阿部敦さん(榊原恒一役)、前野智昭さん(勅使河原役)、米澤円さん(赤沢泉美役)、監督の水島努氏、原作の綾辻行人先生にお話をうかがった。


TVアニメ『Another』集合写真


――ご自身の役どころと、演じる上で意識されている点を教えてください。

高森:見崎鳴は眼帯をしているミステリアスな役どころで、この作品の鍵を握る重要なキャラクターです。“恒一の視点から見た見崎鳴”という存在を、きちんと演じるように心がけています。

阿部:榊原恒一は“気胸(ききょう)”という病気にかかっていて、登場時から“死にそうな感じで”息も絶え絶えに演じました。ですが、とてもフラットな、イマドキの少年なので、視聴者の方も感情移入がしやすいかと思います。演じるときは、普段ならはっきり・しっかり発音するのを“あえて”外して、中学生のリアルな喋り方を意識して演じています。

前野:勅使河原は恒一のクラスメイトで誰にでも好かれる明るいムードメーカーです。一言でがらりと雰囲気を変えてしまえるような立場だと思うので、感情表現が強めのお芝居を心がけています。

米澤:赤沢泉美はとても高圧的な感じで、3年3組に君臨する女王様的なイメージではありますが(笑)、「自分が一番」という感じではなく、自分の置かれている状況を彼女なりにどうにかしようと頑張っている子です。原作はとても奥の深い作品なので、まだアニメでは描かれていない部分も考えて演じるように心がけています。


――アフレコをご覧になっての感想や手ごたえはいかがでしたか?

水島:素晴らしいと思います。スタッフやキャストの皆さんにお任せしているので、のびのびとやっていただけたらという感じです(笑)。この調子で最終話まで突っ走っていきたいと思います。

綾辻:楽しませていただきました。原作の小説は恒一の一人称で書いているので、例えば「恒一の見えないところで、赤沢が何を言っているのか」などということは描けなかったわけです。ところがアニメでは、物語をいろんな角度から切り取って見せてくれる。原作者の僕も知らない『Another』の側面が、これからどんどん増えていくだろうと。それがとても楽しみです。


――もしも、自分の近くに見崎鳴がいたら、どのように接しますか?

高森:私はすごく怖がりなので、3年3組に入りたくないなぁと思います(笑)。もし恒一みたいにこのクラスの特別な状況がわかっていなかったら、ガンガン話しかけていって、鳴に迷惑そうな顔をされてみたいと思います(笑)。

阿部:鳴の造形って、すごく魅力的じゃないですか。眼帯で無口で色白な美少女でなんて、ちょっとドキッとしちゃうので、自分から話しかけると思いますね。

前野:僕は基本的に自分から話しかけないタイプなので、鳴から話しかけてきてくれればいいんですけど、それはないと思うので、何も起こらないと思います(笑)。

米澤:私がもし恒一の立場だったら、この状況が怖くなって逃げると思います。そして、夜は家族と一緒に寝てもらいます(笑)。

水島:まず最初に鳴に聞くと思います。「どっちなの?」「ハッキリさせて」って(笑)。もしくは、本当に何も気付かないまま卒業する。「そんな人いたっけ?」みたいな。恒一のような転入生だと、クラスに途中から入っていくので、全員と仲良く話せないと思うんですよね。だから、最後まで「そんな人、知らないなぁ」で終わるか、一番最初に問いただして、白黒付けたいと思います(笑)。

綾辻:僕は見崎鳴を創った本人ですけど、あれもこれも含めて、彼女みたいな子は大好きです。なので、第2話のラストシーンなんかはたまりませんね。あれでイチコロ、みたいな感じ(笑)。原作にもありますが、お気に入りのシーンのひとつです。


――視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

高森:原作の世界に音や芝居などが絶妙のバランスで加わり、恐怖を演出しています。伏線が色々と張られているので、そこも注目しつつ、恒一だけじゃなく鳴や赤沢など、ひとりひとりのドラマを掘り下げながら、アニメならではの楽しみを感じていただけたら嬉しいです。

阿部:絵づくりや音楽まわりなど、どれを取ってもしっかりと『Another』の世界感が作られていますので、ぜひ恒一と一緒にいろいろな出来事に巻き込まれていただけたらいいなと思います。

前野:キャスト・スタッフが一丸となって取り組んでいるのが実感できる現場なので、毎週楽しみです。綾辻先生の原作はもちろん、コミックス、アニメ、実写と、様々な『Another』を応援していただけたらなと思います。

米澤:赤沢泉美として、全国のドMの方々に「踵で踏まれたい」と思われるように頑張って演じていきます(笑)。キャラクターがすごく魅力的なので、この『Another』の世界にどっぷり浸っていただけたらいいなと思います。

水島:とりあえずは頑張って、ホラーを目指していきます。物語の中で恒一たちは、突然こんな目に遭っちゃっているわけですよね。大変だなと思いますが(笑)、じゃあ、そういうときにみんなでどうしていけばいいのかっていう部分を描く、ある意味“青春モノ”なのかなとも思っています。そこをきちんと踏まえて作っていきたいです。それから、視聴者の皆さんは深夜にこういう作品を見てから寝るんですよね。その時に、なんだか人が恋しくなるアニメになるといいなと考えています。

綾辻:『Another』はホラー小説であり青春小説であり、同時にミステリ小説でもあるので、序盤から出てくる多くの謎が何段階かに分けて解かれていって、最後には意外な真実が明らかになります。なおかつ、全編に緻密な伏線が張られている。そういう原作の構造を非常に大事にしてくださっているので、原作者としても大いに期待しています。結末がどうなるのか、待ちきれない方はぜひ、原作をお買い求めください(笑)。11月25日に角川文庫から上下巻で発売予定です。コミック版ももうすぐ完結ですね。実写映画の制作も進行中ですし、それぞれの『Another』を楽しんでいただければと思います。


※綾辻行人先生の「辻」は“しんにょう”に点が二つの「辻」です。
※榊原恒一の「榊」は“きへん”に“神”ではなく「木+示+申」の榊です。


(取材・文:千葉研一)


■TVアニメ『Another』

2012年1月9日(月)より放送開始予定!

【放送局】
TOKYO MX、チバテレ、tvk、テレビ埼玉、岐阜放送、三重テレビ、KBS京都、サンテレビ、北日本放送、TVQ九州放送

【スタッフ】
原作:綾辻行人(『Another』角川書店刊)
キャラクター原案:いとうのいぢ
監督:水島努
シリーズ構成・脚本:檜垣亮
キャラクターデザイン・総作画監督:石井百合子
音響監督:岩浪美和
音楽:大谷幸
音楽制作:ランティス
OPアーティスト:『凶夢伝染』ALI PROJECT
EDアーティスト:Annabel
アニメーション制作:P.A.WORKS
製作:「Another」製作委員会

【キャスト】
見崎鳴:高森奈津美
榊原恒一:阿部敦
勅使河原:前野智昭
赤沢泉美:米澤円
桜木ゆかり:野中藍
望月:山本和臣
怜子:榊原奈緒子
千曳辰治:平田広明


Another(上) [文庫]

4041000017 Another(下) [文庫]

4041000009 Another 0巻 オリジナルアニメDVD同梱版 [コミック]

4049008165 Another [単行本]

4048740032 Another (1) (角川コミックス・エース 170-5) [コミック]

4047155349

▲ PAGETOP