ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース熱くセクシーなステージに熱狂!飛蘭先生も登場?『飛蘭 Live in TDU』レポート

熱くセクシーなステージに熱狂!飛蘭先生も登場?『飛蘭 Live in TDU』レポート 2011年11月15日 16:30

10月30日(日)に東京電機大学 東京神田キャンパスで開催された第50回錦祭で、飛蘭さんが自身初の単独学園祭ライブ『飛蘭 Live in TDU』を行った。飛蘭さんのクールでセクシーなパフォーマンスに観客は熱狂。披露した曲全てが熱く、疾走感に溢れ、あっという間に時間が過ぎ去ってしまった充実のライブとなった。


『飛蘭 Live in TDU』


オープニング曲は、伸びやかな美しい歌声で始まる『ALIVE』。心に染み入るその声とこれから始まる熱いライブへの高揚感で、身震いするような瞬間だ。そして曲調の変化に合わせて一気に観客もヒートアップ。飛蘭さんは1曲目から全開で観客の期待に応える。続く『SERIOUS-AGE』ではハイスピードで熱いステージを繰り広げる。得意のステップを見せ、パフォーマンスでも観客を魅了した。

「みんな、こんにちはー!」と挨拶した飛蘭さんは、客席全体を見渡して、たくさんの人が来てくれたことを喜んだ。前日に出演した『東日本大震災復興祭~子供たちの未来のために~』(レポートはこちら)について触れると、間髪いれず観客から数多くの「行ったよ!」との声。飛蘭さんは「(これから)聞こうと思ったんだよ(笑)」と突っ込みをいれて、観客とのフレンドリーなやり取りを楽しむ。ライブ続きなことから「ちゃんと寝てる?」と観客の体調を心配したかと思えば、一転「激しい曲ばかりなので、覚悟してください」と挑発し、次の曲へ。

『飛蘭 Live in TDU』 『飛蘭 Live in TDU』 『飛蘭 Live in TDU』

『Last vision for last』をパワフルに歌い上げ、テンションはさらに上昇。曲中には「Hey!!」とみんなで叫び会場が一体となる。『螺旋、或いは聖なる欲望。』ではダンスやキックアクションを見せ、歌と共にクールでセクシーなパフォーマンスで楽しませる。「続けていくよ!準備はOK?」と観客を煽り、披露されたのは『Dark Side of the Light』。カラフルなライトに彩られた、その印象的な振り付けに観客の目も釘付けだ。


『飛蘭 Live in TDU』

熱いライブはひと区切り。ここで、事前に募集した質問に飛蘭さんが答えるコーナーに。学園祭ということで、普段のライブよりもくだけた雰囲気の飛蘭さんは「先生になった気分だね。それでは授業を始めたいと思います(笑)」と軽くとぼけた後、質問ボックスから紙を引き、書かれた質問に答えていく。

「『本能のDOUBT』のキュートでセクシーなパフォーマンスを、自分自身ではどう思いますか?」との質問では、元々はセクシー路線のつもりがなかった話を披露。パフォーマンスで使うムチは、最初ステッキだったが、振り回して機材が壊れたら危ないので、プロデューサーの案でムチに変更、振付も自ら考案したとのこと。結果、周りからセクシーと言われるようになり、セクシー路線になったそうだ。答えの最後には「ムチが好きなのはプロデューサーです(笑)」としっかり念を押していた。

「スイーツやファッション等で、今のマイブームを教えてください」の質問には、スイーツはあまり好きではなく、むしろ「おしんこが好き」という渋い面を見せた。でも、チョコは喉に良いので食べるようにしており、中でも「たけのこの里」は特別で、食べるとライブがうまくいくジンクスを披露。ファッションについては、秋色ということでカーキ色の服装にハマっていると話す。なお、飛蘭さんのイメージカラーは“黄色”だと浸透させたいそうで、今後のイベントなどに行く際の参考にすると良いようだ。


様々なエピソードを楽しんだ後は、ライブ後半戦へ。
「もっともっと元気ありますか!」と観客のエネルギーに再点火し、『INFINITE CRISIS』『本能のDOUBT』とパワフルでセクシーな曲を披露する。先程の質問コーナーで話題となったムチを片手に、振り回し、時に構え、地面に叩きつける姿は、最初セクシー路線を考えていなかったとは嘘のような艶やかさだ。

『Never Slash!!』でさらにテンションをアップさせ、「まだまだ行くよー!」と叫び『Errand』を熱唱。休ませることのない怒涛のステージで、盛り上がりは最高潮に。曲に合わせたライティングもステージを彩り、『Errand』では左右で赤と青に分かれた光のコントラストが美しい。視覚と聴覚のすべてで観客を魅了していく。

『飛蘭 Live in TDU』 『飛蘭 Live in TDU』

激熱の4曲を歌い終え、「みんな最高!汗びっしょりかいてるでしょ?」と笑顔で観客に呼びかける。飛蘭さん自身も今日のステージをとても楽しんでいる様子で、学園祭への思いを語った。

「普通のイベントでも、皆さんに私の思いや元気・勇気を届けようと意識して歌っているんですが、学園祭はさらにみんなで一緒に楽しめる“お祭り感”があると思うんです。だから、こういう場で一緒に音楽を感じて、一緒に盛り上がって、一緒に歌ったり決めポーズをしたりするのがすごく嬉しくて・・・本当にありがとうございます!」


『飛蘭 Live in TDU』

そして次が最後の曲だと言うと、残念に思う声が観客から上がる。今日のライブは激しい曲続きだったということで、飛蘭さんは「ニュースで『飛蘭のライブで多くのファンが倒れる』と出たら心配なので今日はここまで、続きはツアーで(笑)」と冗談交じりに語った。

そして「これからもライブを積極的にやっていきたいと思いますので、よろしくお願いします」というメッセージの後、今回唯一のバラード曲となる『素晴らしい世界へ』を歌い上げた。何色ものライトで鮮やかに染め上げられたステージから流れる歌声が、観客の心に優しく届けられる。歌の後は長いお辞儀をして、「ありがとうございました。みんなの拍手が嬉しくて涙が出てきたよ」と感謝を述べていた。


アンコールは、皆が知っている曲として『mind as Judgment』をセレクト。曲中のカウントダウンに合わせて、全員の心がひとつとなり、ラストに相応しい盛り上がりとなった。「言いたいことはたくさんあるけど、これからも頑張って活動していきます」という今後の抱負と、「どうもありがとう、また会おうね!今日はみんな最高だ!」との感謝の言葉で、初の単独学園祭ライブは幕を閉じた。

『飛蘭 Live in TDU』 『飛蘭 Live in TDU』

TVアニメ「未来日記」エンディングテーマ「Blood teller」は現在好評発売中。さらに同作の「未来日記インスパイアードアルバム Vol.1」(11月23日発売)には「Blood teller」のテレビサイズに加え、作詞と歌を担当した『RED love』も収録される。来年2月には3rdツアー開催も決まっており、リリースやライブが目白押しだ。飛蘭さんの更なる活躍を期待したい。


『飛蘭 Live in TDU』
2011年10月30日(日)東京電機大学 東京神田キャンパス
セットリスト

01. ALIVE
02. SERIOUS-AGE
03. Last vision for last
04. 螺旋、或いは聖なる欲望。
05. Dark Side of the Light
06. INFINITE CRISIS
07. 本能のDOUBT
08. Never Slash!!
09. Errand
10. 素晴らしい世界へ

<アンコール>
EN. mind as Judgment



■飛蘭 LIVE TOUR 03 -ALIVE-

【日程・会場】
2012年2月4日(土) 仙台:CLUB JUNK BOX
2012年2月11日(土) 名古屋:ell.FITS ALL
2012年2月12日(日) 大阪:umeda AKASO
2012年2月18日(土) 東京:LIQUID ROOM

【チケット料金】
スタンディング:6,090円(税込)
※整理番号付、3歳以上有料、ドリンク代別500円

【一般発売日】
2011年12月17日(土)


Blood teller【初回限定盤】(DVD付)

B005HWLMO4 Blood teller【通常盤】

B005HWLN3Y 未来日記インスパイアードアルバム Vol.1 ~因果律ノイズ~

B005NHH5VW ALIVE(初回限定盤)(DVD付)

B005CVYYA4 飛蘭 LIVE TOUR 01-Polaris- LIVE DVD

B004JL50XI

▲ PAGETOP