ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース神谷浩史、井上和彦らメインキャストが思いを語る「夏目友人帳 肆」合同取材会

神谷浩史、井上和彦らメインキャストが思いを語る「夏目友人帳 肆」合同取材会 2011年11月 7日 14:37

緑川ゆき先生原作の人気作品「夏目友人帳」。9月まで放送されていたシリーズ第三期「夏目友人帳 参」に続き、2012年1月からは第四期「夏目友人帳 肆(し)」が放送となる。さらに、12月24日(土)には都内で放送開始直前イベントの開催も決定した。

これらを記念して行われた合同取材会にて、神谷浩史さん(夏目貴志役)、井上和彦さん(ニャンコ先生/斑役)、堀江一眞さん(田沼要役)、木村良平さん(西村悟役)、菅沼久義さん(北本篤史役)にお話をうかがいました。


「夏目友人帳 肆」合同取材会


――シリーズ第三期「夏目友人帳 参」を終えての感想をお聞かせください。

神谷:「夏目友人帳 参」を無事に最終回まで導けたことを嬉しく思っています。第二期「続 夏目友人帳」から約2年のブランクがあったので、始まる前は果たして勘を取り戻せるのかと不安がありました。でも、監督をはじめ信頼できるスタッフやキャストと再会したら、そのような不安は払拭されて、第一話から全力投球することが出来ました。

井上:僕は第二期から2年空いたという気が全くしなかったです。もしかすると自分の中でニャンコ先生が勝手に育っていたのかもしれません(笑)。「参」が終わるのは寂しい気持ちですが、「肆」まで少しのお休みということで、その間はWEBラジオやイベントを通して盛り上げていけたらと思います。

堀江:第一期・第二期はそれほど出番が多くなかったにも関わらず何故かとても長く感じたのですが、逆に第三期は出番が多かった割にはあっという間に終わってしまった感じで少し寂しい気持ちです。アフレコはもちろん、夏目のラジオやイベントも成功させて、良い形で「肆」に繋げたいと思っています。

木村:「参」をやる時点で「肆」があることは聞いていたので、ここで半分かという気持ちと、あっという間に半分きちゃった、という両方の気持ちです。「参」では(西村の)出番が多かったので、「肆」でも出られるといいなと楽しみにしています。

菅沼:第一話収録の時に、同窓会気分で「もう2年も経っちゃったんだね」という会話をしていたんですよ。特に、塔子さん(藤原塔子)を演じる伊藤美紀さんは本当に嬉しそうでしたね。「参」からは諏訪部順一さん演じる的場静司が出てきて、西村と北本の出番は少ないだろうなと思っていたんですが、実際はなかなかの登場率で安心しました。初予告もできて感無量の第三期でしたね。「肆」は出番があるのかドキドキしています(笑)。


神谷浩史さん 井上和彦さん 堀江一眞さん 木村良平さん 菅沼久義さん

――「夏目友人帳 参」で印象に残っているシーンはどこですか?

井上:斑がやられてしまい、エネルギーを蓄えて傷を癒すシーンがあるのですが、その時の、夏目の優しさや周りの人の想いが印象的でした。それは今まで感じたことのない温かさでしたね。

堀江:田沼、夏目、多軌の3人のエピソードですね。そのやりとりや気遣いが微笑ましくて可愛らしかったです。でも、全くラブトライアングル(三角関係)の様相は見せず、それどころか初めて女の子である多軌の家に遊びに行っても田沼と夏目が落ち着いているのがすごいなと思いました。僕だったら高校の時に女の子の家に行ったらドキドキですよ(笑)。

菅沼:文化祭の話が一番印象に残っています。第二期の終盤に、『月刊LaLa』の連載で文化祭の話を読んで、絶対にアニメでやって欲しいと思っていたんです。その願いが叶いました。なぜ夏目と西村、北本が仲良くなったのかというエピソードを、アニメでやってもらえたのが嬉しかったですね。

神谷:僕もニャンコ先生を心配している夏目が非常に印象的でしたね。それ以外では、藤原夫妻と始めて会ったときのエピソードはグッとくるものがありました。(藤原)塔子さんが夏目に会いに来て、「よかったらうちに来ない?」と少し控えめに、それでいて芯が通った感じに言ってくれたのが心に染みました。

木村:小さいエピソードの重なりとして“西村らしい”と感じた所ですね。「夏目くんって時々おかしな行動とるわよね」と言われた時も、(霊感のない)西村は「えっ?そう??」と答えるぐらい、何もわかっていなくて。でもそこが西村らしくていいなと思いました。


――12月24日に開催されるイベントに向けて意気込みをお願いします。

神谷:クリスマスイブという特別な日のお時間をいただくにあたり、僕らに何ができるかまだわかりませんけど、来てくれた方に満足していただける、素敵な思い出をプレゼントできるようにしたいです。

井上:「いいんですか?こんな日にイベントをやって」と思いますが(笑)、カップルの方にもたくさん来ていただけたら幸せな会場になるんじゃないかなと思います。素敵な年末を迎えつつ、来年の「肆」に向けて盛り上がっていきたいです。

堀江:最近クリスマスイブを意識しなくなってしまいましたが、今回のイベントのおかげでイブをだいぶ意識しています(笑)。ファンの皆様にイブだったけど来て良かったと思ってもらえるよう、素敵なイベントになるように頑張ります!

木村:クリスマスイブという特別な日にイベントが出来るなんて、改めて応援してくれている人がたくさんいると感じました。皆さんと特別な夜を楽しめたらいいなと思います。

菅沼:「2011年の12月24日は夏目のみんなと過ごしたなぁ」と思い出してもらえるようなイベントにしたいですね。きっとニャンコ先生もサンタバージョンになったりして、楽しませてくれると思うので、ぜひ期待していてください(笑)。


神谷浩史さん 井上和彦さん 堀江一眞さん 木村良平さん 菅沼久義さん

――「夏目友人帳 肆」に期待したいことや、やって欲しいエピソードはありますか?

井上:この作品は、あえて急がずに時間をかけてじっくり作っていこうという、独特な空気感があると思うんですね。「またいつものお気に入りの温泉に行けるね」というような感じで、「肆」が始まること自体を期待しています。

堀江:原作のテーマでもあるのですが、夏目が人と妖のどちらに寄って行くのかが気になります。それと、田沼の進路がすごく気になっています。田沼は夏目思いなのでなんとなく妖の方に寄って行きそうで(笑)。その辺のところも今後描かれたら嬉しいです!

菅沼:最近、レイコさん(夏目レイコ)があまり出てきていないなと思うので、また原点に立ち返って、レイコさんとの繋がりのお話が見たいですね。あと、僕個人としては、北本と西村の出番があればいいなと思っています(笑)。

神谷:僕は石田彰さんが大好きなので(笑)、名取が出てきてくれるといいなと思います。名取は非常に素敵な役で、彼が出てくると夏目の存在も変わって行かざるをえない、という意味でも、名取のエピソードを第四期で見られたら嬉しいですね。

木村:僕も石田彰さんが大好きなので、西村と名取が一緒に出られるといいなと思います(笑)。あとは、妖怪もいいけど日常生活も忘れないで欲しいです。


――最後に、ファンの方にメッセージをお願いします。

木村:第三期、第四期と続けられることも、イベントが出来ることも、本当に皆さんのおかげです。そして、皆さんに負けないぐらいスタッフもキャストも「夏目友人帳」が大好きなので、みんなで大事にして夏目の世界を広げていきましょう!

菅沼:緑川先生の作品は童心に戻れるというか、故郷に帰ってきた感じがするんですよね。会社や学校では色々なことがありますし、辛い世の中だと思いますが、「夏目友人帳」を見て癒されて欲しいと思います。

堀江:第一期、第二期を経て、第三期になり「夏目友人帳」が多くの方の支持を得ているのを感じ、とても嬉しいです。「夏目」に自分が出演していることを知った高校時代の友達が電話をくれたこともあったくらいです!皆さんに期待されることは、役者としてとても嬉しいことですので、その期待に応えるべく真心込めて一生懸命頑張りたいと思います。

井上:皆さんにこんなに愛されている作品に関われたことが幸せですし、本当に喜びを感じております。今まで色々な役をやらせていただきましたが、最近は真っ先にニャンコ先生役と言われるんです。グッズもたくさん出ていて、嬉しいやら恥ずかしいやら(笑)。「夏目友人帳」を見て、みんなが癒されて優しくなって欲しいと思いますので、これからもよりたくさんの方に見ていただけるように頑張りたいです。

神谷:キャストの皆さんと、全幅の信頼をおいているスタッフの皆さんの力で、絶対に素晴らしい作品が出来ると思いますので、体調管理だけは気をつけて第四期に臨みたいです。こうやって第四期まで来られたのは、なんといっても皆さんの応援と、緑川先生の素晴らしい原作があってのことだと思います。今後、もしかするとその先も、という流れになるかもしれないので、第四期も全力で演じていきたいです。よろしくお願いします。


「夏目友人帳 肆」合同取材会 「夏目友人帳 肆」合同取材会
「夏目友人帳 肆」合同取材会 「夏目友人帳 肆」合同取材会

(取材・文:千葉研一)


■TVアニメ「夏目友人帳 肆」

2012年1月よりテレビ東京系にて放送開始!


■『夏目友人帳 ~集い きよしこの夜~』

【開催日時】
2011年12月24日(土)
(1)開場13:00/開演13:30/終演14:30
(2)開場15:30/開演16:00/終演17:00
(3)開場18:00/開演18:30/終演19:30

【会場】
ラフォーレミュージアム六本木(680席)

【出演者】
神谷浩史、井上和彦、堀江一眞、菅沼久義、木村良平
※出演者は公演により変更になる可能性がございます。

【チケット】
(1)公式HP先行抽選予約 現在受付中!
受付期間:11月4日(金)10:00~11月13日(日)22:00

※公式HP専用受付サイト(http://eplus.jp/natsume-event/)にて申し込み。
※お一人様2枚までお申し込みいただけます。
※先行抽選予約は、申し込み内容に関わらずいずれか1公演のみの当選となります。
※受付期間内の申し込みより抽選での販売となります。

(2)一般販売
発売日:11月26日(土)10:00~

【チケット価格】
5,775円(税込/全席指定)

【お問い合わせ】
TLC ユーザーサポート 03-5358-1301(平日11:00~18:00)


夏目友人帳 参 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

B005BOG0SG 夏目友人帳 参 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

B005BOG0RM 夏目友人帳 参 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

B005BOG09K 夏目友人帳 参 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

B005BOG072 夏目友人帳 参 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

B0056D6U28 夏目友人帳 Blu-ray Disc BOX

B004TEYXGU 夏目友人帳 [2012年 カレンダー]

B005GT6AB8 蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [Blu-ray]

B005NGNX1E

▲ PAGETOP