ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース二度目まして武道館!「GRANRODEO LIVE 2011 G6 ROCK☆SHOW ~SUPERNOVA FEVER~」レポート

二度目まして武道館!「GRANRODEO LIVE 2011 G6 ROCK☆SHOW ~SUPERNOVA FEVER~」レポート 2011年10月27日 19:23


10月10日(祝・月)に日本武道館で開催された『GRANRODEO LIVE 2011 G6 ROCK☆SHOW ~SUPERNOVA FEVER~』の模様をお伝えする。昨年に引き続き二度目ととなる日本武道館でのライブでは、全19曲を熱唱し、ロデオボーイ、ロデオガールとともに盛り上がった。



行進曲のようなBGMが流れ、照明が落ちる。そして、光に包まれてボーカルのKISHOWさんとギターのe-ZUKAさんが登場すると会場の四方八方から声援が上がった。赤い光が瞬き1曲目の『SUPERNOVA』のイントロとともに花火が吹き出す。疾走感ある曲に乗せて、マイクスタンドを振り回して歌うKISHOWさん。e-ZUKAさんのギターソロに合わせてKISHOWさんもエアギターでステージを盛り上げる。「お待たせ、武道館!会いたかったぜ!今日は死ぬまで盛り上がってちょうだいよ!」とKISHOWさんが叫び、シャウトから次曲『Black out』では両手を広げて観客を煽る。続いての曲『ROSE HIP-BULLET』では会場が赤いペンライトに染まり、KISHOWさんの切なくセクシーなボーカルが響き渡った。


一気に3曲を歌い終え、KISHOWさんが「ハロー!日本武道館!1年半ぶりにGRANRODEOが帰ってきたぜ!」と叫ぶと、e-ZUKAさんも「二度目まして!飯塚AT武道館リターンズです!」と負けじと叫ぶ。「日本一でかいライブハウス・日本武道館へようこそ!」とKISHOWさんの挨拶から、再び歌へ。


『Once&Forever』では、会場が今度はオレンジに染まる。KISHOWさんが客席にマイクを向けると、すかさず観客が代わりに歌い連携もバッチリ!続いて、ハンマーを打ち付けるかのような激しいドラムから『ウィッチハンター』へ。“魔女”を思い起こさせる妖艶なギターサウンドが響き、KISHOWさんの熱いボーカルが武道館を支配する。


ここで雰囲気が一転し、『進化と堕落の二元論』ではブラスサウンドが加わり、KISHOWさんもクラップで観客を煽る。ベース、ドラム、ギターと順番にソロ演奏を披露し、KISHOWさんは一旦ステージから退場。



ステージが暗転、まずはダンサーが登場し、キレのあるダンスを披露。続いて羽扇を持ったKISHOWさんが登場し、ダンサーとともに踊りながら『SEA OF STARS』を熱唱する。ここからは「SUPERNOVA FEVERメドレー」と称し、矢継ぎ早に曲が展開していく。メドレー2曲目は『Snow Pallet』。男性ダンサーのクールなダンスに合わせてKISHOWさんも歌い踊る。ミラーボールに照らされながら歌う3曲目の『サマー GT09』で、セクシーな衣装の女性ダンサーにKISHOWさんが囲まれると観客から黄色い声が上がる。「にゃん×2したい」と観客が叫ぶとKISHOWさんも叫び応える。4曲目の『BRUSH the SCAR LEMON』から再び曲は最初の『SEA OF STARS』にもどり、ステージの端から端まで羽扇を持ったダンサーが華やかに踊った。


続いてはGRANRODEOの代表曲『Go For It!』。曲中の各ソロパートでは、ドラマーがライトサーベルのような長く光るスティックでドラムを叩き、観客も一緒に盛り上がる。そして、ベースとドラムによる『トルコ行進曲』が演奏された。白銀に輝くギターを手にしたe-ZUKAさんが光の中から現れると、超絶テクニックを見せつけ、観客を酔わす。さらにギターの先端からはレーザーが飛び出し客席を照らし出す。最後はe-ZUKAさんの手からギターが離れ、天に吸い込まれていく奇想天外なパフォーマンスが展開された。ソロパートが終わると、KISHOWさんが「デビューの時からやっている魔法の4文字の言葉。これを叫ぶと小さな幸せが訪れたり訪れなかったりします。腹の底から叫んでくれ!」と語り、魔法の言葉”IGPX“が何度も何度も叫ばれステージと客席が一体となった。

テンションの高まりを維持して次曲『Infinite Love』では、さらに盛り上がりを見せる。ステージが青く染まり幻想的な雰囲気が醸し出される中、ミディアムバラードな『背徳の鼓動』では、KISHOWさんの力強い声が高らかに武道館を包み込んだ。



ここで二度目のMCへ。去年に引き続き2回目の日本武道館ということで、「楽しい!」と叫ぶ2人。KISHOWさんは、今回の公演は4ヵ月続いた「SUPER NOVA TOUR」のラストではなく、打ち上げとして楽しんで欲しいと語る。そして、KISHOWさんの「集合!」という声に、ウッドベースとパーカッションが登場し、GRANRODEOライブ恒例のアコースティックコーナーへ。KISHOWさんが「歌うことしか出来ませんが、みんなに笑顔を届けられたなと思います。」と語り、アコースティックの調べに乗せて『恋音』を歌い上げる。e-ZUKAさんのハモリとKISHOWさんの優しい歌声が武道館を包み込んだ。


サイレンの音が鳴り響き、赤いライトがステージを照す中で、KISHOWさんの長いシャウトが響く。体の芯まで響くドラムの激しいリズムとともに『SEED BLASTER』が熱唱された。そして、『カナリヤ』のイントロが流れると歓声が上がり、拳を振り上げて盛り上がった。KISHOWさんが「武道館!まだ声出るかい?」と叫び、『tRANCE』、『modern strange cowboy』と、ハイテンションな曲が続き、盛り上がりは最高潮に。

「また武道館で(ライブを)やることが出来て幸せです。3回目もやりたいなと思っています。」(KISHOWさん)、「みんなの期待に応えて、元気や勇気を与えられるよう頑張っていきたいと思います。」(e-ZUKAさん)と語り、「世界は美しいと思います!」というKISHOWさんの言葉で『Beautiful world』の演奏がスタート。軽快なステップでKISHOWさんが踊り、「GRANRODEOは大好きですか?」と叫ぶと、同意の歓声が上がる。ダンサーがステージを埋め尽くし、最後は大合唱で締めくくった。



まだまだ物足りないロデオボーイとロデオガールの「GRAN!」「RODEO!」のアンコールの声が会場を埋め尽くす。最高潮に高まったところで、e-ZUKAさんがステージに登場し、ピアノを弾き始め、ジャジーな演奏に観客は聴き惚れる。KISHOWさんも登場し、e-ZUKAさんの伴奏で、『We wanna R&R SHOW』の冒頭を静かに激しく歌う。そして、バラードからロック調へとテンポが変わると、会場のテンションも一気に上がり盛り上がりを見せた。

「俺くらいになると武道館でしかピアノ弾かないからね!」と軽口を叩くe-ZUKAさんに、「サントリーホールでリサイタル出来るんじゃない?(笑)」と返すKISHOWさん。ここで来年1月に行われるZeppツアーの開催が発表されると武道館は歓声に包まれた。そして、11月23日(水)に発売となる新曲『愛のWarrior』が歌われ、e-ZUKAさんのメロディアスなギターソロとKISHOWさんの鋭い歌声、下から突き上げるような演奏で大いに盛り上がった。



手を振り名残惜しげにステージを去った2人の姿を見て、観客から「もう1回!」とアンコールの声が再び沸き上がる。その声に押され、2人が登場。KISHOWさんが「お前らの気持ちはよく分かった!最後は武道館恒例の『シャニムニ!』。」と叫び、ダブルアンコールに応える。全力でステージを走り抜け、盛り上げる2人。最後はGRANRODEOと観客とのコール&レスポンス「シャニムニ勝負」で盛り上がり、「愛してるぜ武道館!!」とKISHOWさんの叫びでライブの幕は閉じた。



■セットリスト

M01:SUPERNOVA
M02:Black out
M03:ROSE HIP-BULLET
M04:Once&Forever
M05:ウィッチハンター
M06:進化と堕落の二元論
M07:SUPERNOVA FEVER メドレー(SEA OF STARS〜Snow Pallet〜サマー GT09〜BRUSH the SCAR LEMON〜SEA OF STARS)
M08:Go For It!(Dr solo〜Ba solo〜Gt solo)
M09:Infinite Love
M10:背徳の鼓動
M11:恋音(アコースティック)
M12:SEED BLASTER
M13:カナリヤ
M14:tRANCE
M15:modern strange cowboy
M16:Beautiful world

EN1:We wanna R&R SHOW
EN2:愛のWarrior

WEN:シャニムニ


■GRANRODEO LIVE TOUR 2012

【日程】
◆1月7日(土) 仙台 Zepp Sendai/開場17:00 開演18:00
  GIP:022-222-9999
◆1月9日(月) 名古屋 Zepp Nagoya/開場17:00 開演18:00
  サンデーフォークプロモーション:052-320-9100
◆1月21日(土) 福岡 Zepp Fukuoka/開場17:00 開演18:00
  キョ-ドー西日本:092-714-0159
◆1月22日(日) 大阪 Zepp Osaka/開場17:00 開演18:00
  キョードーインフォメーション:06-7732-8888
◆2月4日(土) 東京 Zepp Tokyo/開場17:00 開演18:00
  ホットスタッフ・プロモーション:03-5720-9999
◆2月5日(日) 東京 Zepp Tokyo/開場15:00 開演16:00
  ホットスタッフ・プロモーション:03-5720-9999
◆2月12日(日) 北海道 Zepp Sapporo/開場16:00 開演17:00
  WESS:011-614-9999

※お問い合わせ先への、オフィシャルHP最速先行予約のお申し込み方法、抽選に関するお問い合わせは、受け兼ねますので、予めご了承ください。
※会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

【料金】1F立見・2F指定 6,300円(税込) ※1F立見は整理番号付※1ドリンク別/500必要※3歳以上有料
【一般発売日】未定

詳細はGRANRODEO Official Websiteにて


愛のWarrior(初回生産限定盤)(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition, Maxi]

B005OCST1Q SUPERNOVA(初回限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]

B004KOE09Y SUPERNOVA 通常盤

B004KOE0C6 GR-VW02 GRANRODEO VISUAL WORKS VOL.02 [DVD]

B005BTT3Z8 バンド・スコア GRANRODEO「SUPERNOVA」 [楽譜]

4401356160

▲ PAGETOP