ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース梶裕貴、中村悠一、茅野愛衣ら出演!TVアニメ「ギルティクラウン」プレミア試写会レポート

梶裕貴、中村悠一、茅野愛衣ら出演!TVアニメ「ギルティクラウン」プレミア試写会レポート 2011年10月27日 21:21


10月9日(日)、新宿ミラノ2で行われたTVアニメ「ギルティクラウン」のプレミア試写会の模様をお伝えする。出演は、桜満集(おうま しゅう)役の梶裕貴さん、恙神涯(つつがみ がい)役の中村悠一さん、𣜿(ゆずりは)いのり役の茅野愛衣さん、ツグミ役の竹達彩奈さん、校条祭(めんじょう はれ)役の嶋村侑さん、荒木哲郎監督。放送に先駆けて、第1話と第2話の上映と、監督やキャストによる作品の見どころ、意気込みが語られた。


上映の前に、梶さんと中村さんが登場。「クオリティの高さに感動した」という本作品の凄さを語り、第1話、第2話の上映へと移った。


上映が終わり、梶さん、中村さん、茅野さん、竹達さん、嶋村さんが登場。梶さんと茅野さんは演じるキャラクターが通う天王洲第一高校の制服を着ての登場となった。さらに茅野さんは、いのりの連れていたロボット・ふゅーねる君を抱えており、「目と尻尾が光って可愛いです。」と嬉しそうに語る。



第1話を無事完成させることが出来たことに、荒木監督は「喫茶店で始まった『ギルティクラウン』の企画が、今日のお披露目でようやくスタートに立てた気がします。あとは突っ走りたいと思います!」と意気込みを語り、“友達が武器”という作品のキーワードについて、人から武器を取り出すヴォイドという能力を用いることと、友情が武器になるという二面性があると話す。

今回、映画館での上映で、作品のクオリティの高さをより実感出来たというキャスト一同。茅野さんは、映像だけでなく音楽が素敵で聴きいってしまったという。司会からキャラクターとの共通点を聞かれると、「何考えてるか分からないってことはよく言われるので、そこが似ているかもしれません、でも、髪の毛をピンクにするのはさすがに無理です(笑)。」と笑う。

アフレコでは、茅野さん、花澤さんと並んで座るという竹達さんは、「茅野さんが健康についてアドバイスをくれる」と明かす。また、男性陣はゲームの話をよくすると中村さんが語った。

自分以外に気になるキャラクターについては、梶さんは内山昂輝さん演じるダリル・ヤンが気になるとコメント。握手の時に「この脂身が!」と怒鳴るシーンではびっくりしたという。嶋村さんは、第1話で一緒に登校する祭を邪見にする集が、どんな人物なのか気になったという。その話を受けて、荒木監督から「思春期ならではの恋愛の話も出て来ます。ガイにもあります!」と話すと、中村さんが「ガイだって恋したっていいじゃない!」と叫び、会場の笑いを誘った。また、設定が多いためアフレコのたびに新情報を知ることがあり、第3話を見てから第1話、第2話を見ると気付くこともあると語った。


作品の見どころについて、「魅力的なキャラクターや難しい単語、絵、音楽は見ていて飽きないと思います。」(梶)、「戦う格好良いおじさま!」(茅野)、「いのりの神秘的な歌声です。いのりの歌は何種類も聴けるみたいです。」(嶋村)、「ミサイルの断面図など細かく描かれたアクションシーンの格好良さが魅力です。」(竹達)とそれぞれの視点で語った。

「演じていて楽しいと思ったことは?」という質問には、「友達とのリアルな距離感が無理なく演じさせてもらえていて楽しい。」(嶋村)、「シリアスなシーンをぶち壊していくある意味ムードメーカーなところが演じていて楽しいです。」(竹達)、「(組織のリーダーである)自分が全部説明をするので長セリフが大変なんですが、それを成功させないといけないというプレッシャーが楽しくなってきました!」(中村)、「(ヴォイドを抜かれて)意識がないまま全部ことが終わってます(笑)。今後出て来るちょっとしたアクションシーンがあります。」(茅野)、「毎回2、3回叫ぶのですが、日常では叫ぶことがないので、作品で叫ぶことが出来てちょっと楽しいです。」(梶)と、自分の演じるキャラクターにそれぞれ楽しみを見い出していた。


ここで、10月14日(金)より毎週金曜日に隔週配信されている本作品のWebラジオ「GUILTY CROWN RADIO COUNCIL」の告知があった。アニメとは違った面を楽しむことが出来るこのラジオでは、梶さんと茅野さんが交互にパーソナリティーを務める。第1回目のゲストだった中村さんは「第1回目で何も固まってなくて困りました(笑)」と笑う。また、梶さんの名前が入った「梶の右手」や、「お願い……私を使って」というコーナータイトルには2人とも驚いたという。


最後に、出演者からファンへのメッセージが伝えられ、試写会は終了した。

梶:皆さんが期待してくれていた以上の出来だったと思います。第2話まではまださわりの部分ですが、2クールを通して皆さんを魅了できると思います。最後まで見てください。

茅野:第2話まで見てもらいましたが、皆さん、それぞれ好きな部分が出来たんじゃないでしょうか。人間関係や、伏線を毎回見つけて楽しんでもらえたらと思います。

中村:最近はあまり類のない2クールのオリジナル作品ですが、オリジナルゆえにどうなっていくか僕も分かりません。皆さんの期待を裏切らないだけでなく、それ以上のものを出せるんじゃないかと思っています。自分は演技の面でしか力を発揮出来ませんが、最後までよろしくお願いします。

竹達:心を込めてこれからも作品を作っていきます。たくさんの方に見てもらえたらなと思います。これからもよろしくお願いします。

嶋村:こんなにたくさんの方に見てもらえ、(作品が)期待されているんだなと思いました。私達も一丸となって頑張っていきますのでよろしくお願いします。

荒木監督:会場の皆さん、お忙しい中、この作品のために大切な時間を割いてくれて感謝しています。それに見合う真心の入った作品を作ろうと思いますので最後までお付き合いください。




©ギルティクラウン製作委員会


My Dearest(初回生産限定盤)(DVD付) [Single, CD+DVD, Limited Edition]

B005OCSSTE Departures~あなたにおくるアイの歌~ [Single, Maxi]

B005OCSSL2 ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray]

B005WO7WE6 ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [DVD]

B005WO7XZE ギルティクラウン オリジナルサウンドトラック

B005XD7ULG

▲ PAGETOP