ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース森久保祥太郎、蒼井翔太ら出演!『「うたの☆プリンスさまっ♪Debut」TALK LIVE EVENT』レポート

森久保祥太郎、蒼井翔太ら出演!『「うたの☆プリンスさまっ♪Debut」TALK LIVE EVENT』レポート 2011年10月21日 13:50


9月24日(土)にアニメイトガールズフェスティバル2011(AGF2011)内メインステージで行われた『「うたの☆プリンスさまっ♪Debut」TALK LIVE EVENT』ステージの模様をお伝えする。出演者は、寿嶺二役の森久保祥太郎さん、美風藍役の蒼井翔太さん、音楽プロデューサーのElements Garden上松範康さん。

2011年冬に発売予定の「うたの☆プリンスさまっ♪Debut」で登場する新キャラクター寿嶺二、美風藍の魅力や、今後発売されるユニット曲についてなどのトークが展開された。



――新キャラを演じるにあたり思ったことはありますか?

蒼井:まずキャラ絵を見せてもらって思ったのが、どのキャラクターも格好良いということでした。(僕が演じる)美風藍は他のキャラとは少し違って中性的な可愛らしさがあり、ずっとどういう声で演技をしようか考えていました。

森久保:初めて、蒼井さんに会った時、女性かと思いました(笑)。可愛いよね?(観客:可愛い!)


森久保:作品自体は以前から知ってはいました。とある収録スタジオに行ったら、「うた☆プリ」のポスターが貼ってあり、知っている人達が出演しているのを見て「いいな」と思っていたところに、お声がかかったので、「よし、きた!」と言っちゃいました。

上松:寿嶺二は森久保さんしかいないなと思ってたんです。

森久保:この役は僕しかいません!(笑)。あとで詳しく話しますが、実は、上松さんとはこの作品で10年ぶりくらいに会ったんです。

上松:業界入ったばかりの頃に、曲を作らせてもらいまして、「今日、呑みいくか?」って誘ってもらえたことがありました。役者さんに飲みに誘ってもらえるのはすごく光栄で、「酒ってこんなに酔っぱらうまで飲むんだ!」って思いました(笑)。



――ゲームの収録をやってみて、キャラクターにどういう印象を持ちましたか?

蒼井:プロフィールを見ると、藍くんはツンツンっぽいんですよ。

上松:ちょっと厳しめの意見を言う先輩キャラってことで、後輩達を愛ある厳しさで教えてますね。

蒼井:藍くんの厳しめなセリフには、ドキッとさせられるんです。僕自身が注意を受けているようで。勿論愛情あってだと思うんですが、実際の先輩だったらちょっと怖いかもしれません(苦笑)

上松:でもその初々しさが、逆になりきって演じてるように見えたけどね。

蒼井:厳しくて、どこかミステリアスな藍くん。皆さんに魅力を感じていただけるよう、がんばります!


森久保:資料を見たら、哀愁が漂っている昭和な男でした。イラストを見た時に、(昭和な感じが)新鮮で、ぐっときましたね。役柄も先輩アイドルとして後輩を指南していくことが多かったです。最初は、飄々としててたまに厳しいことを言う捉えどころがないキャラをイメージしていたんですが、ゲームのシナリオを読んだら、わりとアツいやつだなと思いました。

上松:大事なところで昭和的な威厳が出ています(笑)。

森久保:"芸事を教えていく先輩”って立場を担っているんだなと思いました。びっくりするような昭和ワードが出てきます(笑)。自分で言うのもなんですか、昭和の時代の空気を見事に再現しています!



――ユニットソング『Triangle Beat』について

蒼井:初めてのキャラクターソングということで、どうやって歌おうかと思っていたんですけど、下野紘さん演じる来栖翔と谷山紀章さん演じる四ノ宮那月の歌が既に入ってて、それに被せる感じでハイテンションに歌いました。

森久保:下野くん、谷山くんというメンツを見て、翔太くんが可哀想だなと思いました(笑)。癖のある奴らしかいないじゃないですか(笑)。

蒼井:2人とも元気はつらつでテンションが凄かったです(笑)。


――ユニットソング『ガムシャラROman☆Tic』について

森久保:一十木音也役の寺島拓篤くんと、一ノ瀬トキヤ役の宮野真守くんと3人で歌っています。自分は最後にレコーディングしたのですが、2人が上手くて、「やばいな!(先輩役としての)立場がないな」と思って緊張しました。曲を聴いた時、とんでもないアイドルソングに仕上がっていて、凄いなと。そんな曲を2人が面白く料理してて、良い曲に仕上がっています。朝仕事行く準備してると、つい歌っちゃうような曲になりました。

上松:Elements Gardenがモットーにしている“つい歌っちゃうような曲”を強く意識して作りました。すごいメンツによる曲なので、やみつきになる曲にしたいと思ってました。

森久保:王道アイドルのような曲で、曲の中に“決め”というか遊べるフレーズがあって、2人ともそこを上手く歌っていたので、自分も「思いきりやっちゃっていいんだな」って思って、歌いやすかったです。


ここで、蒼井さんも森久保さんも、完成したものは初めて聴くという、『Triangle Beat』と『ガムシャラROman☆Tic』が会場に流された。

――それぞれの曲の印象について

蒼井:藍くんが楽しそうに歌っていて、厳しいキャラクターなのに、どうしてこんなに楽しそうに歌っているのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、そこはゲームをプレイしてみてのお楽しみです。ゲームを終えてから聴くと、曲をより楽しめると思います。あとは3人のビートを心で感じて欲しいです。

森久保:よく、翔くんと那月の間に入っていったよね(笑)。

蒼井:翔くんの歌声も那月くんの歌声もすごく存在感があります。それに負けじと前に出ようと思って思いきって歌いました。


森久保:『ガムシャラROman☆Tic』というタイトルを聞いてイメージしてもらったものそのままの印象じゃないでしょうか(笑)。3人ともドラマティックにガムシャラに歌っています。掛け合いで歌っているのがすごく楽しくて、何かの機会で3人で歌えたらと思える楽しい曲です。


――2曲とも上松さんが作詞を担当していますがそれぞれの曲では何をイメージしましたか?

上松:『ガムシャラROman☆Tic』なんてタイトルを考えるのは俺しかいないと思いますよね(笑)。この曲は寿嶺二が、音也とトキヤの中に入り込んでいるので、寿嶺二らしさを出さなきゃなと思って作りました。寿嶺二にピッタリの森久保さんが歌うということで、言葉選びをしつつ、熱い情熱が伝わるよう歌詞を書きました。「ララバイ青春」とかね(笑)。
『Triangle Beat』については、美風藍のイメージと、翔くんと那月のイメージを混ぜていくと、「格好良い路線もありじゃないかな」と思って、3人がより絡みやすく、かつ、藍くんのキャラが出て来る言葉選びをして作りました。



――ファンへのメッセージと決めゼリフをお願いします。

森久保:短い時間ですが楽しんでいただけましたか?素敵な作品に参加出来て光栄に思っています。既にアニメもスタートしていて他の共演者に出遅れていますが、彼らに追いつけるよう僕もこの作品にいっぱい関わらせていただきたいと思っています。
「はい、ガールズ!僕の名前は寿嶺二、おとやんととっきーの先輩だよ。応援よろしく待っちょっちょ!」

蒼井:今日は蒼井翔太として初めてステージに立ちましたが、温かく見守っていただけて嬉しかったです。藍くんに「愛」を込めて頑張っていこうと思います。これからよろしくお願いします。
「初めまして、美風藍です。那月と翔を担当しているよ。ビシバシいくからみんな付いてきてよね!」

上松:僕も決めゼリフを(笑)。
「キスより凄い音楽ってほんとにあるんだよ!」
(キャラクターではないので)決めゼリフはないんですが言いたくなっちゃいました。こんな風に「うた☆プリ」が盛り上がってこれたのは皆さんのおかげだと思います。「うた☆プリ」はファンと一緒に歩いていく作品だと思うので応援をよろしくお願いします。もうすぐ「うたの☆プリンスさまっ♪Debut」や、「うたの☆プリンスさまっ♪Music」が発売になります。そちらの方もよろしくお願い致します。


最後に3人のサインの入ったポスターが手に入るジャンケン大会が実施され、勝ち抜いた幸運な人へポスターが受け渡され、イベントは終了した。



©早乙女学園 / Illustration.倉花千夏


うたの☆プリンスさまっ♪Debut (初回限定版 Dear Darling BOX) (ドラマCD&特典小冊子同梱) (今冬発売予定) 特典 ドラマCD「それゆけ☆楽屋ウォッチング」付き

B005FOJEUS うたの☆プリンスさまっ♪Debut (通常版) (今冬発売予定) 特典 ドラマCD「それゆけ☆楽屋ウォッチング」付き

B005FOJEFS うたの☆プリンスさまっ♪Music (初回限定 メロメロ BOX) 特典 差し替えビジュアルジャケット付き

B005FOJDX6 うたの☆プリンスさまっ♪Music (通常版) 特典 差し替えビジュアルジャケット付き

B005FOJDB8 うたの☆プリンスさまっ♪Debut ユニットドラマCD 藍&那月&翔

B005I065RE うたの☆プリンスさまっ♪Debut ユニットドラマCD カミュ&セシル

B005I065R4 うたの☆プリンスさまっ♪DebutユニットドラマCD 蘭丸&真斗&レン

B005OMBOL8

▲ PAGETOP