ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース全国で2万人以上が参加!『TIGER & BUNNY』最終回上映イベントレポート

全国で2万人以上が参加!『TIGER & BUNNY』最終回上映イベントレポート 2011年9月28日 10:50

9月17日(土)深夜、『「TIGER & BUNNY」最終回上映イベント ~ありがとう!そして、ありがとう!!~』が開催された。新宿バルト9を本会場として全国44館85スクリーンに合計23,000人を越えるファンが集結。最終回の上映やキャスト・スタッフによるトークショーなどを一緒に楽しんだ。

「TIGER & BUNNY」最終回アフレコ収録後のキャストインタビューはこちら


「TIGER & BUNNY」最終回上映イベント ~ありがとう!そして、ありがとう!!~


司会を務めた尾崎雅之エグゼクティブプロデューサーの呼び込みで、平田広明さん(ワイルドタイガー/鏑木・T・虎徹役)と遊佐浩二さん(ルナティック/ユーリ・ペトロフ役)が登壇。2人とも最終回を迎えた感想を「あっという間でした」と語る。印象に残ったエピソードを聞かれると、平田さんは誕生日の回 #05「Go for broke!(当たって砕けろ!)」、遊佐さんはルナティックの過去が描かれた回 #16「Truth lies at the bottom of a well.(真実は井戸の底にある)」を挙げた。

途中、森田成一さん(バーナビー・ブルックス Jr.役)からのビデオメッセージを紹介。さらに、シークレットゲストとして井上剛さん(スカイハイ/キース・グッドマン役)が登場する嬉しいサプライズが。井上さんが印象に残っているのは、スカイハイにスポットを当てた回 #15「The sky’s the limit...(限界は空高くに…)」とのこと。そして、アフレコでの思い出や出身地話などが披露された。

平田広明さん
▲平田広明さん
遊佐浩二さん
▲遊佐浩二さん
井上剛さん
▲井上剛さん

最後に、3人から「キャストみんながそれぞれのキャラクターに思い入れを持ってやらせていただきました。たくさんの方に盛り上げてもらい感謝しています」(井上)、「オリジナル作品ということで、先の展開を知らないまま夢中になって演じました。とても楽しい現場でした」(遊佐)、「あっという間に駆け抜けてきた感じがします。全国の皆さんと最終回を一緒に楽しめるのはとても興奮しています」(平田)とメッセージが送られ、キャストトークショーは終了した。

「TIGER & BUNNY」最終回上映イベント ~ありがとう!そして、ありがとう!!~ 「TIGER & BUNNY」最終回上映イベント ~ありがとう!そして、ありがとう!!~ 「TIGER & BUNNY」最終回上映イベント ~ありがとう!そして、ありがとう!!~


BS11の放送に合わせて、#24「Nothing ventured, nothing gained.(虎穴に入らずんば虎子を得ず)」を上映。休憩を挟みスタッフトークショーへ。

「TIGER & BUNNY」最終回上映イベント ~ありがとう!そして、ありがとう!!~

スタッフトークショーには、さとうけいいち氏(監督)、西田征史氏(シリーズ構成・脚本)、桂正和氏(キャラクター原案・ヒーローデザイン)、司会も務めた尾崎雅之氏(エグゼクティブプロデューサー)、田村一彦氏(プロデューサー)、松井千夏氏(プロデューサー)が登壇。「TIGER & BUNNY」が生まれた経緯や、キャラクター設定、Twitterで募集した質問への回答など、様々な話が飛び出した。生まれた経緯について田村氏は「CMの企画としてスタートした」と語る。また、桂氏は「何も決まっていない中でデザインしたので、四苦八苦した」とオファーを受けた当時を振り返った。

作品に込めたテーマやメッセージについて聞かれると、さとう監督は「絆や家族愛」と回答。主人公である虎徹に子供がいる設定は、さとう監督のこだわりから生まれたそうだ。さらに裏話として、実はもう一人“禅ビースト”というヒーローを考えていたが、折紙サイクロンと被るので却下したことや、虎徹は最初“バスティ(Busty)”という名前(壊し屋バスティ)だったが、“Busty”という単語には“巨乳”という意味があるので変更したことが明かされるなど、興味深い話が相次いだ。


尾崎雅之氏
▲尾崎雅之氏
さとうけいいち氏
▲さとうけいいち氏
西田征史氏
▲西田征史氏
桂正和氏
▲桂正和氏
田村一彦氏
▲田村一彦氏
松井千夏氏
▲松井千夏氏

そして、MBSの放送およびUSTREAMの配信時間に合わせて、遂に最終話#25「Eternal immortality.(永久不滅)」が上映され、全国のファンが一緒にラストシーンを堪能した。上映後には、“NEXT PROJECT”の始動が発表された。

休憩を挟み、セレクション上映として、#3「Many a true word is spoken in jest.(嘘から出た真実)」、#5「Go for broke!(当たって砕けろ!)」、#15「The sky’s the limit...(限界は空高くに…)」、#21「Heaven helps those who help themselves.(天は自ら助くる者を助く)」、さらにもう一度、#25「Eternal immortality.(永久不滅)」を上映。

最後に平田さん、森田さんによるメッセージ映像の上映があり、最終回上映イベントは終了した。本編は最終回を迎えたが、NEXT PROJECT第1弾のイベントをはじめ、今後のさらなる展開に注目していきたい。


「TIGER & BUNNY」最終回上映イベント ~ありがとう!そして、ありがとう!!~ 「TIGER & BUNNY」最終回上映イベント ~ありがとう!そして、ありがとう!!~

(取材・文:千葉研一)


■NEXT PROJECT 第1弾 「TIGER & BUNNY」 HERO AWARDS 2011

【開催日時】
2011年11月13日(日)
[DAY] 開場13:30/開演14:00 終演16:30(予定)
[NIGHT] 開場18:00/開演18:30/終演21:00(予定)

【会場】
神奈川県民ホール

【出演キャスト】(予定)
平田広明(ワイルドタイガー/鏑木・T・虎徹役)
森田成一(バーナビー・ブルックスJr.役)
寿美菜子(ブルーローズ/カリーナ・ライル役)
楠大典(ロックバイソン/アントニオ・ロペス役)
伊瀬茉莉也(ドラゴンキッド/ホァン・パオリン役)
井上剛(スカイハイ/キース・グッドマン役)
岡本信彦(折紙サイクロン/イワン・カレリン役)
遊佐浩二(ルナティック/ユーリ・ペトロフ役)

【出演アーティスト】(予定)
UNISON SQUARE GARDEN
藍坊主
NOVELS
珠妃

【チケット料金】
指定 6,800円(税抜)

【チケット販売】
◆特別先行受付
受付期間:2011年9月18日(日)12:00~9月25日(日)18:00
申込URL:イープラス http://eplus.jp/tigerandbunny1113/
※1名様につき2枚まで、1公演のみ申し込み可能。申込多数の場合は、抽選となります。

◆一般販売
発売開始:2011年10月8日(土)10:00~

【主催】
「TIGER & BUNNY」 HERO AWARDS 2011 実行委員会

【企画】
サンライズ、バンダイビジュアル

【制作】
バンダイナムコライブクリエイティブ

【公演に関するお問合せ】
キョードー横浜 045-671-9911(日・祭日を除く10:00~18:00)
→詳細は、公式サイト(http://www.tigerandbunny.net/)で御確認下さい。


©SUNRISE/T&B PARTNERS, MBS


TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 6 (初回限定版) [Blu-ray]

B004Y2SNGI TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 7 (初回限定版) [Blu-ray]

B004Y2SNT0 TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 8 (初回限定版) [Blu-ray]

B004Y2SNTA TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 9 (初回限定版) [Blu-ray]

B004Y2SOEY TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 1 [Blu-ray]

B004OR2C4W TIGER&BUNNY (タイガー&バニー) 2 (初回限定版) [Blu-ray]

B004OR2C60 TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 3 (初回限定版) [Blu-ray]

B004XYK3YW TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 4 (初回限定版) [Blu-ray]

B004Y2SN72 TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 5 (初回限定版) [Blu-ray]

B004Y2SN7C 正義の声が聞こえるかい

B0055NWVCC TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) ~桂正和原画&ラフ画集成~ (初回特典版)

408908153X ミッシングリンク

B0054TXTU0 マインドゲーム【初回限定盤】(CD+DVD)

B0058F5OGC GO NEXT!!

B004WQA7XS

▲ PAGETOP