ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース神谷浩史、浅川悠らキャストインタビューをお届け!TVアニメ「真剣で私に恋しなさい!!」

神谷浩史、浅川悠らキャストインタビューをお届け!TVアニメ「真剣で私に恋しなさい!!」 2011年9月16日 22:32

10月よりtvk・TOKYO MX他にて放送がスタートするTVアニメ「真剣(まじ)で私に恋しなさい!!」。放送に向けて収録が進むアフレコ現場にて、キャストの神谷浩史さん(直江大和役)、浅川悠さん(川神百代役)、友永朱音さん(川神一子役)、氷青さん(椎名京役)、伊藤静さん(クリス役)、後藤邑子さん(黛由紀江役)、小西克幸さん(風間翔一役)、草尾毅さん(島津岳人役)、鈴村健一さん(師岡卓也役)に、作品やキャラクターの魅力など様々なお話をうかがいました。

「真剣で私に恋しなさい!!」集合写真

――ご自身が演じるキャラクターの魅力や、演じる上で気をつけている点を教えてください。

神谷:魅力を気にして演じると、そこに特化していやらしく演じてしまいそうなので、あまり考えないようにしています。ですので、皆さんが魅力だと感じたところが魅力になっていればいいなと思います。主人公ということで、皆さんに感情移入してもらえるような嫌われない声にしたいと思っています。

浅川:百代の魅力は、強くてみんなのお姉さん的な役割を果たすところです。あとおっぱいが大きい(笑)。熱くなりすぎないように、普段は飄々とした感じで演じるように気をつけています。

友永:魅力は天真爛漫で明るく可愛いところだと思います。真剣になる時もあるんですが、深刻さを出しすぎないように気をつけています。とにかく元気に嫌味のないように演じています。

氷青:大和のことが大好きで一途なところが魅力です。毎回といっていいほど、公開羞恥プレイのようなシーンがあるので、これが快感にならないように気をつけようと思っています(笑)。いやらしい感じと、素の“ぽよっと”している部分の切り替えがぐだぐだにならないように頑張ります。

伊藤:クリスはまっすぐで可愛らしい、でもアホで空気の読めない子ですが、そこが一番の魅力です。その空気の読めない感じの中で、みんなに揉まれて生きているところを表現できたらなと思っています。

後藤:由紀江は、ちょっと残念な部分もありますが、真面目で思いやりがあり空気も読める優等生です。でも、二枚目で美しくまとまりすぎずに、やや“汚れ”の要素も足していけるように気をつけています。

小西:風間さんは自由で何事にもとらわれず、何でも楽しむ人です。(彼のように)僕も何でも楽しんでやっていきたいなと思っています(笑)。

草尾:岳人は、いつもエネルギッシュでパワフル、どんなときもポジティブというのが魅力です。ただ、あまり利発そうにならないように、いかに脳みそまで筋肉で出来ているかを大切にして演じています。

鈴村:卓也は、(登場キャラクターの中では珍しい)普通の人です。だから普通にやろうと心がけています。


――気になるキャラクターは誰ですか?(女性キャストは気になる男性キャラ、男性キャストは気になる女性キャラ)

浅川:大和。まっすぐなところが少年らしくて素敵だなと思います。“気に障る”キャラクターは綾小路麻呂です(笑)。

友永:私も大和のことが気になりますね。いいと思います。

氷青:大和としかあまり会話をしていないので、やはり大和ですね。それ以外だと、井上準が気になります。

伊藤:(男性か女性かわからないけど)ロボットのクッキーですかね(笑)。ポップコーンをいっぱい出すんですよ。今日の収録でもすごく気になりました。

後藤:クッキーです(笑)。ロボットだけどちゃんと会話ができますし、ロボット的な働きをするのかと思ったら普通にハサミ持って雑誌の切り抜きをしていたり、意外に人のような感じなんですよ。

神谷:クリスです。天然ボケというかアホっぽいところが、可愛いらしなと思います。

小西:まゆっち(黛由紀江)です。いいお尻をしているからです(笑)。

草尾:女性キャラ全部です。

鈴村:コギャルみたいな子(羽黒黒子)に興味があります。声が男みたいなんで(笑)。


――この作品の魅力はどんなところですか?

浅川:ドタバタ学園ものと思わせておいて、戦闘シーンは本格的ですし、ちょっとエッチなところや歴史風なテイストもあるのが魅力ですね。「ロリ」「ツンデレ」「お姉さん」など、いわゆるお約束の萌えキャラを取り揃えました、という感じではない所が個人的には面白くて、それがこの作品の大きな特徴だと思います。


――アフレコ現場の雰囲気はいかがですか?

友永:雰囲気良く和気藹々とやっています。収録に来るのが楽しみです。

小西:これぞ風間ファミリーという感じで楽しくやっています。まだ収録が始まったばかりなので、今後いろいろなキャラクターが出てきて、現場の雰囲気がどうなるかも楽しみですね。


――後藤さんは黛由紀江と松風(※)の二役を演じていますが、二人の掛け合いをやるのはどうでしたか?

後藤:風間ファミリーのみんなが一緒にいるシーンだと、意外にすっと演じ分けできるんですよ。でも、由紀江と松風が二人きりでいるときは本当に大変でした。別録りするのかと思っていたら、その苦しさも生々しくて良いということで、一気録りになりました。ぜひ私の限界を笑いながら楽しんでいただければと思います。

※松風は由紀江が持ち歩いている携帯ストラップ。腹話術による一人芝居で由紀江は松風と会話する。


――最後に、視聴者にメッセージをお願いします。

鈴村:卓也くんは、今のところレアキャラなんだと錯覚するくらい存在感を消してます(笑)。みなさん、是非探してください(笑)。

草尾:原作のゲームで完成された作品だと思うので、アニメ化されることでどんな風にアレンジされているか楽しみにしてください。

小西:絶対見てくれよな!

神谷: アフレコの段階ですでに色がついて動いていたので、完成形もきっと素晴らしいものになると思います。ぜひオンエアを楽しみにしてください。

後藤:ヒロインが最近の型にはまっていないのが見所だと思います。男の子も女の子も人数が多いので見ているだけで楽しいです。また、バトルシーンはびっくりするぐらい本格的に作られていて、現実ではありえない技を繰り出す超人たちがいっぱい出てくるので、往年の少年漫画が好きな人も楽しめると思います。

伊藤:本当に賑やかで、楽しくスピード感のある作品です。キャラクターそれぞれをじっくり掘り下げているので、アニメからこの作品に入る方も楽しめると思います。あと、エロいのが好きな人も見ればいいじゃない!(笑)。

氷青:風間ファミリー以外のキャラクターもすごく魅力的で面白いことになっているので、それも合わせて見てほしいです。小さい子やお父さんお母さんと一緒に見るときは気をつけてください(笑)。

友永:原作のゲームをプレイした人は、アニメは「え!ここから始まるの?」とびっくりすると思います。それぞれの話数で各ヒロインたちにスポットが当たっていて、いろいろサプライズ的なシーンもあるので楽しんでもらえると思います。

浅川:以上のことを踏まえた上で(笑)、「まじこい」を一緒に楽しんでいけたらいいなと思います。今後もきっとイベントなどたくさん展開していくと思いますので、いろいろと楽しんでください。よろしくお願いします。


「真剣で私に恋しなさい!!」集合写真

(取材・文:千葉研一)


■TVアニメ「真剣で私に恋しなさい!!」

【放送情報】
tvk:10月1日より毎週土曜日25:00~
TOKYO MX:10月3日より毎週月曜日26:30~
チバテレビ:10/4(火)10月4日より毎週火曜日25:30~
KBS京都:10月7日より毎週金曜日25:00~
サンテレビ:10月7日より毎週金曜日26:15~
AT-X:10月31日より毎週月曜日11:00~/23:00~、毎週木曜日17:00~/29:00~
※放送日時は変更になる可能性がございます

【スタッフ】
原作:みなとそふと
監督:元永慶太郎
シリーズ構成・脚本:高山カツヒコ
キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺真由美
音響監督:えびなやすのり
音響制作:ダックスプロダクション
アニメーション制作:ラルケ
プロデュース:ジェンコ

【キャスト】
直江大和:神谷浩史
川神百代:浅川悠
川神一子:友永朱音
椎名京:氷青
クリス:伊藤静
黛由紀江:後藤邑子
風間翔一:小西克幸
島津岳人:草尾毅
師岡卓也:鈴村健一
源忠勝:諏訪部順一
小笠原千花:芹園みや
甘粕真与:阪田佳代
福本育郎:山口勝平
大串スグル:飛田展男
羽黒黒子:藤田圭宣
綾小路麻呂:小野大輔
クッキー:緒方恵美

【音楽情報】
◆オープニングテーマ
『U-n-d-e-r--STANDING!』
歌:SV TRIBE(美郷あき+遠藤正明+きただにひろし)

◆エンディングテーマ
『君の真剣をちょうだい』
歌:川神百代(CV.浅川悠)、川神一子(CV.友永朱音)、椎名京(CV.氷青)、クリス(CV.伊藤静)、黛由紀江(CV.後藤邑子)


U-n-d-e-r--STANDING!

B005HWLMU8 君の真剣をちょうだい

B005HWLN4I 真剣で私に恋しなさい!!キャラクターソング 愛で切るなら痛くなーい!

B004OB4LI8 真剣で私に恋しなさい! ドラマCD Vol.1

B003A2J4IE 真剣で私に恋しなさい!after party!! 1 (電撃コミックス)

4048708384

▲ PAGETOP