ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースPSP「アルカナ・ファミリア」アフレコインタビューPart.2 ~ 杉田智和、中村悠一、小杉十郎太 編

PSP「アルカナ・ファミリア」アフレコインタビューPart.2 ~ 杉田智和、中村悠一、小杉十郎太 編 2011年8月24日 14:31

PSP「アルカナ・ファミリア」

地中海に浮かぶ小さな島・レガーロ島を舞台に繰り広げられる、タロットカードをテーマにしたイタリアンファンタジー&恋愛ストーリー「アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia-」が、PSP用ゲームとして10月27日(木)に発売予定。

本作は、“乙女ゲーム×少年マンガ”をコンセプトとしており、恋愛は勿論、アクションも楽しめる内容となっている。その収録を終えたメインキャストの皆さんへのインタビューが到着した。

今回は、
・陽気なムードメーカー・パーチェを演じる杉田智和さん
・ヒロインの従者・ルカを演じる中村悠一さん
・組織の幹部長・ダンテを演じる小杉十郎太さん
のインタビューを紹介する。



PSP「アルカナ・ファミリア」アフレコインタビューPart.1 ~ 福山潤、代永翼、吉野裕行 編
PSP「アルカナ・ファミリア」アフレコインタビューPart.3 ~ 遊佐浩二、立木文彦、井上喜久子 編



■杉田智和さん(パーチェ役)
杉田智和さん(パーチェ役)

――台本を読んでみての感想をお願いします。

ヒロインの台詞が選択肢内におけるリアクションしかないので、どのようにシーンを膨らませて芝居をするかということが若干困難だという印象を受けました。アドベンチャーゲームの仕様なので仕方ありませんが、何も反応がないのが寂しいです。そのような中で僕は、情報を細かく集めることに気を遣っています。
ファミリーは全員揃って、掛け合いで収録出来ればいいんですけど、そうもいかないので、だからこそ、与えられる少ない情報の中で何を伝えるか…でも、台本の台詞にパーチェとしての答えが記載されているので、後は演出をする音響監督さんと話し合って、そういったやりとりの中で、最終的にパーチェの台詞になるように収録に臨んでいます。
また、台本に込められている一つ一つの言葉が凄く重要だなと思っています。ですので、自分の台詞以外でも他のキャラクターの会話や、やりとりというものにも必ず目を通します。そこに込められている情報を、自分の台詞以外の所から吸収していくということをやっています。


――パーチェとヒロインの恋愛パート、というのはどのような内容でしたか?

パーチェがお嬢の傍にいる理由としては、あくまで「ファミリーの一員として守護する」という大きな目的が最初にあります。接し方においては、家族に近いイメージがあると思います。その中でパーチェ自身が背負ってきた生き方、ドラマが見えてきた時に、何かしらの変化があると思います。


――印象に残った場面はありますか?

ユーザーがゲームをプレイした時に「印象に残るシーンだ」というものになるように、台本に込められたものを誠実に演じます。オススメを絞ってしまうと、そこしかないように思われてしまうので…。「おはよう」という言葉一つでもユーザーによっては、印象に残るポイントになる可能性がある。だから僕がポイントを絞ってしまうのはあまりよくないかなと思います。


――杉田さんはどのようなヒロインをイメージして演じられたのですか?

何て可愛いんだ…と思いました。だからこそ、喋らないのがもったいないなと思います。
彼女は、生死と隣り合わせという特殊な環境の中で成長していく過程における迷いであったり、その時期にしかない美しさというものがうまいバランスで成り立っている魅力的な子だと思います。子どもなんですけど、大人のルールの社会で生きなければいけない、では彼女がとるべき未来はなんだろうか……。あと、ヒロインの衣装が短パンかな?と思ったらミニスカだと聞いたので…デザイナーさん、ありがとうございます!


――ファミリーのボスであるパーパ、マンマに対してはどのような印象がありますか?

これだけキャラクターが確立した状態で、ヒロインの両親が出てくるということが普通のゲームではあまりないので…死別しているとか、姿が出てこないというのはよくありますが、ここまで際立った個性のキャラクターとして出てくるというのは驚きました。ですから、ただの恋愛ゲームではなく、ドラマを見せる作品になるのかなと。ビジュアルは類い稀なる良いものです。


――最後にゲーム発売を楽しみにしているファンへのメッセージをお願いします。

近年、希薄になりつつある家族という認識、極限状態が隣り合わせだからこそ、その大切さに気付く瞬間というのがきっとあると思います。仲間であり、家族であり、そして……後は皆さんがゲームをプレイして確かめて下さい。



■中村悠一さん(ルカ役)
中村悠一さん(ルカ役)

――まずは収録を終えての感想をお願いします。

「アルカナ・ファミリア」はワード数が結構、多めな作品だなと思いました。あと、収録は1人でやったんですが、シリアスなシーンもありつつ、所々、他のメンバーとテンポよく会話をしている楽しげなシーンがあるので、そんなシーンを1人でやって、とても寂しい気持ちになりました(苦笑)。


――ドラマCDの収録を終えてからのゲームの収録ということで、印象が変わった点はありますか?

ドラマCDはキャラクターの横の繋がりや関係性含め、ゲームのストーリーと同時期若しくはゲームの後の設定だったので、改めてキャラクターについて考え直しました。ゲームのシナリオを頂いてから、どういう風にキャラクターを演じようかと考えたので、僕はドラマCDとゲームは別物という風に感じています。勿論、ドラマCDはドラマCDで楽しんで聞いて頂いていると思うんですが、ゲームをやって頂いてからドラマCDを聞いて頂くと、キャラクターや周りとの関係性も見えてきて、より楽しめると思います。僕のキャラクターでいうと、一番因縁があるのがジョーリィなんですが、どういう意味があって彼とこういうやりとりをしていたのか?というのがゲームで分かってきて、面白くなってきたと思います。ゲームをやらないで、ドラマCDを聞いただけで終わってしまうと、もったいないかもしれないなと思いました。


――収録中、難しいなと感じた場面はありましたか?

ヒロインは喋りませんし、ヒロインのテキスト(台詞)が選択肢以外存在していないので、僕が掛け合いのお芝居をしていても、選択肢と僕の掛け合いの芝居の雰囲気がかみあうようにやらなければならないというのが、難しいなと思いました。テキストが出ないということは、ユーザーの方がプレイしながらどう話しているのかと想像すると思うんですよ。その想像と、何を言って受け答えしているか?というのがこちら任せの掛け合いが、きちんとかみあうのか…なかなか難しいなと感じました。


――中村さんはどのようなヒロインをイメージして演じられたのですか?

ヒロインの取るリアクションを見ていると、大人しくはないなと思いました。気に入らないことがあると椅子を蹴飛ばしているらしいので、そういうのを見ていると、たくましい現代女性に似ているんじゃないかなと思いました(笑)。あれ?違うのかな?(笑)。今、女性は強い時代に突入していると思いますし、パワーを持っていると思いますから、そういう女性をイメージしながらやらせて頂きました。そういう意味もあって、コミカルなシーンではルカは情けない面を見せるという、落差をつけたお芝居をやらせて頂きました。ルカは草食系男子で、ヒロインは割と肉食系女子でした(笑)。


――ルカを演じるにあたって、心がけたことというのはありますか?

情けなくなりすぎないようにしたいなと思いながらやりました。でも、コミカルなシーンになるとそういうのが見えた方が面白いかなと思ったので、コミカルなシーンでは情けないような感じでやりました。勿論、真面目なシーンにおいては情けない面は見せないと思うんですけど、コミカルなシーンと真面目なシーンとの落差があった方が面白いかなと思って、そういう所を楽しみながらやらせて頂きました。


――気になったシーンや印象的な所などはありましたか?

ドラマCDの時に度々“みせしめ”というシーンがありまして、「“みせしめ”は大事なシーンなんです!」と口酸っぱく言われて、ドラマCDではやったんですよ。でも、ゲーム内にはそんなになかったというのが印象的でした(笑)。ドラマCDの方がやっているんじゃないかなぁと(苦笑)。楽しいシーンなので、もっと“みせしめ”したかったなと思いました。


――「アルカナ・ファミリア」の世界観や設定についてはどのように感じましたか?

全部のキャラクターがそうなのかは分からないのですが、イタリア語が時々、平気な感じで入ってくるんですよ(苦笑)。台詞を読みながら、イントネーションはこれであっているのかな?と不安になりました。きっちりとしたイタリア語発音でなくてもいいということだったんですけど、文節が分からないんですよ。この前置詞はどこにかかっているんだろうとか、文章の切れ目みたいなものが分からないので、正しく出来るかどうかな…と。でも、この世界観を表現するためには必要なものですし、出来ることなら我々も、それを流暢に会話の中に組み込めた方が設定としては自然な感じで、この世界観を表現出来ていいんじゃないのかなと思いました。あと、イタリアという現実にある国が舞台なので、皆さんがイメージしづらい世界観ではなくて、雰囲気が伝わりやすくていいんじゃないかなと思いました。


――個性豊かなキャラクターが登場しますが、中でも気になるキャラクターはいますか?

う~ん…スミレです。イタリアなのに着物にブーツ、しかもめっちゃ胸がはだけてますからね(笑)。和洋折衷ですけど、この時代だと浮いていると思います(苦笑)。彼女は日本というか、“ジャッポネ”から来ているという設定ですけど、ゲームシナリオだとキャラクターたちはまだ、日本を理解しきっていないという表現が多かったので、ジャッポネの人は凄く神秘的に見えているんだろうなと思ったので、その中でスミレみたいな格好の女性がいたら…ね。町に多分1人しかいないでしょうから、気になりますね(笑)。あとは、ヒロインと一緒にいるフクロウ…フクロータですね。僕のシナリオでは何故、フクロウがいるのかというのは追求されていなかったので、他のキャラクターのシナリオで出てくるのかもしれません。ルカの視点からすると謎があるキャラクターですね。このフクロウは、夜、人になったりしないんですか?(笑)

(スタッフ:他のキャラクターのシナリオでフクロータについて触れています。)

ということなので、フクロータの正体を知るには、僕は完成品を楽しみにする以外、手はないようです(苦笑)


――ルカはヒロインの従者ということで、始めからヒロインとは距離が近い立場ですが、恋愛面ではどのような展開になっていくのでしょうか?

ゲームをやると分かりますが、過去からの流れから見てひょっとしたらルカはヒロインに対して、勝手に運命を感じているかもしれません。ずっとヒロインを見ているので、最初から一途だと思いますよ。ルカの愛情が、いつ恋愛的な愛情に変わるのかはプレイして頂ければと思います。


――最後にゲーム発売を楽しみにしているファンの皆様へメッセージをお願いします。

僕1人の部分のテキストでも相当な量がありましたから、メインキャラクター7人とサブキャラクターたちも含めると、ボリュームは相当なものだと思います。本筋の恋愛シナリオも楽しんで頂きたいですが、それ以外にも、横並びのキャラクターたちのトークだったり、イベントだったりも面白くて、皆さんに楽しんでもらえるような遊びもいっぱいあります。そういった所を受け入れて楽しんでもらえたら、今後、ドラマCDがまたやれるかもしれません。是非、一度遊んで頂いて、キャラクターたちを深く知ってもらえるといいかなと思っておりますので、是非、プレイして下さい。



■小杉十郎太さん(ダンテ役)
小杉十郎太さん(ダンテ役)

――収録を終えての感想をお願い致します。

ストーリーが進むごとに状況も色々と変わっていくので、今日はとっても楽しい収録でした。


――ドラマCDの時と比べて、キャラクターの印象が変わったというような所はありますか?

ドラマCDの収録がかなり前だったので、ダンテというキャラクターを思い出すために最初はちょっと時間がかかりました。今回はゲームの収録でしたが、進んでいく方向によって色々と台詞も変わっていくので、改めて、ダンテってこんなに面白いやつだったっけ?という印象を受けました。内容的には全編コミカルというわけではないんですけど、シリアスな場面もあれば、ちょっとラブラブモードもあれば、レガーロ島の歴史…何故、ダンテが「アルカナ・ファミリア」の幹部長になったのかとか、そういういきさつ的なものも入っていますし、そういう意味ではバラエティーに富んだ内容だったなと。それに、プレイヤーの方が何を選択するかによって受け答えが変わっていきますしね。ダンテは強面で、しかも幹部長なので部下にものを言う時はビシッとしてますけど、意外と純情な所があったり、自分でダジャレを言って自分で笑っていたり、面白くていいヤツですよ!色々と背負っている人なんだろうけど、そういう部分だけではなくて、また違った一面も持ち合わせているキャラクターでしたね。


――「意外と純情な所がある」というこということですが、どんなところで感じましたか?

彼は好きな子の前ではすごく照れ屋さんなんですよ。僕よりは若いんだけど、設定的にはいい年なので、でもその割には恋愛に関しては結構奥手かなと。そういった部分が純情っていうのかな?さっきも言いましたけど、ダンテは幹部長だし、見た目は強面ですけど、そういうギャップがまたいいんじゃないですかね。


――ダンテを演じる中で、難しかったところはありましたか?

難しかったというわけではないんですが、プレイヤーの方が選択する言葉によって、感情的に台詞や表現が色々と変化するので、その微妙なさじ加減を気にかけてやりました。


――印象的なシーンなどはありましたか?

色々なシチュエーションがあって、色んなタイプのダンテが出てくるので、ここが一押し!というのではないですね。全体通して是非、プレイしてほしいですね。


――ダンテも攻略キャラクターですが、恋愛パートではダンテとヒロインはどんな感じになるのでしょうか?

それはもう、色々ですよ(笑)。あまり言えませんが、色々なシチュエーションが楽しめますね。小さい子たちに手こずらされたりとか、振り回されたりとか。ヒロインとも色んなことをしますから。色々な所に行ったりとかね~とにかくプレイして頂くのが一番ですね(笑)。


――ヒロインというのはどのような印象を受けて、演じられたのですか?

シチュエーションによって、ヒロインも変わっていきますからね。真面目だったり、お茶目だったり、時々、ちょっと手を焼かされる所があったり、好奇心旺盛だったり、責任感が強かったり…ただ、愛すべき人だなと思いました。何をしても憎めない、何をされても憎めない、愛されるべき何かをもったヒロインだと思います。他のキャラクターとの関係性は知りませんが、他のキャラクターからも愛されたり、心配されたりしていることは間違いないと思います。


――「アルカナ・ファミリア」の世界観や設定についてはどのように感じましたか?

個性豊かな、色々な人たちがいて、それぞれが何かを背負っていて、でもそこに希望もあるというのかな?みんなの様々な想いが織り交ざっていて、その芯にあるのは「アルカナ・ファミリア」という組織を全員が愛しているというのがいいなと思いました。


――「アルカナ・ファミリア」に登場するキャラクターは“アルカナ”という不思議な能力を持っています。小杉さんがそのような不思議な能力を持つことができるとしたら、どのような能力を手にしてみたいですか?

癒しの能力かな?こういう大変な時期ですから、色々な人を癒してあげられるような能力があったらいいなと思います。


――最後にゲーム発売を楽しみにしているファンの皆様へメッセージをお願いします。

皆さん、大変待たれていたと思いますが、遂にゲームが登場します。僕はカミカミだったんだけどイタリア語も出てきますし、とにかくすごく楽しめる、遊び心満載の作品だと思うので、是非プレイして、皆さんも元気になって頂きたいなと思います。大丈夫です、日本は強い国ですから!



■PSP「アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia-」

【メーカー】COMFORT
【ジャンル】運命の輪を廻すアドベンチャー
【プラットホーム】PSP
【発売日】2011年10月27日(木)予定
【価格】初回限定特別同梱版:8,190円/アニメイト限定版:9,765円/通常版:6,090円(すべて税込)
【原画】さらちよみ
【原作・開発】HuneX

【キャスト】
リベルタ:福山潤
ノヴァ:代永翼
デビト:吉野裕行
パーチェ:杉田智和
ルカ:中村悠一
ダンテ:小杉十郎太
ジョーリィ:遊佐浩二
モンド:立木文彦
スミレ:井上喜久子


【特典情報】
[初回限定特別同梱版特典]
◆オリジナルドラマCD「きまぐれプレチェット ~本日も晴天なり! その微笑みは誰が為か~」
出演:福山潤(リベルタ役)、代永翼(ノヴァ役)、吉野裕行(デビト役)、杉田智和(パーチェ役)、中村悠一(ルカ役)、小杉十郎太(ダンテ役)、遊佐浩二(ジョーリィ役)、立木文彦(モンド役)、井上喜久子(スミレ役)
◆特製携帯ゲームポーチ

[アニメイト限定盤]
◆初回限定特別同梱版の特典(オリジナルドラマCD、特製携帯ゲームポーチ)
◆特製小冊子

[予約キャンペーン]
◆予約特典ドラマCD「アルカナ・ファミリア・ラ・ボーチェ『投げっぱなしトルメント』」
キャンペーン期間中に協賛店舗にて「アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia-」を予約した人に、予約特典ドラマCDをプレゼント
出演:吉野裕行(デビト役)、杉田智和(パーチェ役)
キャンペーン期間:10月10日(月)まで

[店舗特典]
●ソフマップ
ドラマCD「アルカナ・ファミリア・ラ・ボーチェ『ダンティスタお悩み相談室』」
出演:福山潤(リベルタ役)、杉田智和(パーチェ役)、小杉十郎太(ダンテ役)

●ガールズゲームショップ☆ステラワース
ドラマCD「アルカナ・ファミリア・ラ・ボーチェ『ミレーディお取扱説明書』」
出演:吉野裕行(デビト役)、中村悠一(ルカ役)

●アニメイト
ドラマCD「アルカナ・ファミリア・ラ・ボーチェ『迷えるアルキミスタ』」
出演:中村悠一(ルカ役)、遊佐浩二(ジョーリィ役)

●中央書店コミコミスタジオ、アリスNET、フリルラレコード
ドラマCD「アルカナ・ファミリア・ラ・ボーチェ『迷えるアルキミスタ』」
出演:福山潤(リベルタ役)、代永翼(ノヴァ役)


©HuneX


アルカナ・ファミリア La storia della Arcana Famiglia 初回限定版

B0058M8Y3K アルカナ・ファミリア La storia della Arcana Famiglia (通常版)

B0058M8XPO アルカナ・ファミリアドラマCD Vol.1 ピアチェーレ! ラ・プリマヴェーラ

B004DY5ZUY アルカナ・ファミリアドラマCD Vol.2 インヴィート! ラ・プリマヴェーラ

B004KAFT98 アルカナ・ファミリアドラマCD Vol.3 ダンツァーレ!ラ・プリマヴェーラ

B004VRL8CC

▲ PAGETOP