ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース夏の風物詩!?『MINORI CHIHARA LIVE 2011 “SUMMER CAMP 3” 』レポート

夏の風物詩!?『MINORI CHIHARA LIVE 2011 “SUMMER CAMP 3” 』レポート 2011年8月19日 18:12


8月5日、6日、7日に河口湖・ステラシアターで開催された茅原実里さんの『MINORI CHIHARA LIVE 2011 “SUMMER CAMP 3” 』。茅原さんの『SUMMER CAMP』といえば、夏の風物詩となっており、今夏で3度目の開催となる。今回は8月7日(3日目)のライブの模様をお伝えする。


ステージに登場した茅原さんは、中央に組まれた矢倉へ昇り、「はっ!」という掛け声とともに太鼓を叩き出す。太鼓のリズムに合わせて、観客が手拍子を打っていく。再び「はっ」という声を上げると、今度は、乱れ打ちから、テンポ良く叩き、観客も手拍子を打って一緒に会場を盛り上げる。茅原さんが「『SUMMER CAMP 3』最終日、行くぜー!」と叫ぶと、爆竹が鳴り響いた。

1曲目は、新曲『Planet patrol』。敬礼の振り付けが“パトロール”を連想させた。観客は『SUMMER CAMP 3』と書かれた旗を振って盛り上がる。茅原さんは「『SUMMER CAMP』へようこそ!今日は最終日です。最後までよろしくね!」と話し、次の曲『愛とナイフ』へ。ステージのライトが赤くなり、観客もペンライトを赤に持ち変える。リズミカルなベースの低音が響きわたり、茅原さんの力強い歌声と交わる。続いて、『Perfect energy』では、拳を突き上げ、左右に手を振る茅原さんの振り付けに合わせ、観客も一糸乱れぬ踊りを見せた。歌い終えると、開演前から降っていたゲリラ豪雨も止み、晴れ間が見え始める。


「もしかしたら、私、嵐を呼ぶ女になってしまったかも(笑)。起きた時、晴れてたので今日は大丈夫かと思ってたのに。」と、雨が降ってしまったことを残念がる茅原さん。「晴れの日もあれば、雨の日もあるけど、私とみんながいれば、お天気なんて関係ないです。この夏一番の思い出を作りましょう!」と語り、次の曲へ。

マシンガンのようなベースから始まったのは『書きかけのDestiny』。観客も次第にヒートアップしていく。『純白サンクチュアリィ』のイントロが流れると、観客は一斉に白のペンライトに持ち替え、会場が“純白”に溢れる。定番の曲ということで、観客の声援にも自然と力が入る。ここで激しい曲は一段落し、続いては『そのとき僕は髪飾りを買う』へ。茅原さんの歌声とバイオリンの美しいハーモニーが会場を包み込んだ。ここで、茅原さんは一旦ステージを離れる。



CMB(茅原実里バンド)によるインストが始まり、リズムに合わせて観客も声援と手拍子で盛り上がる。会場が暖まりきったところで、矢倉の中から、はっぴ姿の茅原さんが登場し、リズミカルに太鼓を叩き始める。そのまま、CMBとのセッションに混ざり、ドラムと同じリズムを交互に叩き合った。最後は大きく1回叩いて、セッションを締めた。

今回のライブに向けて、内緒で太鼓の猛特訓を積んできたという茅原さん。本番では絶対上手くやろうと意気込んでいたのに、演奏中に失敗してしまったそうで、「悔しい!間違えたー!!」と悔しがる。しかし、普段は歌うことだけだったので、インストに参加出来て楽しかったとのこと。



続いてはリクエストコーナー。事前にHPで茅原さんに歌って欲しい夏の曲をリクエストしてもらい、上位に入った曲を歌う。1曲目は、Whiteberryの『夏祭り』。元気よく歌い始めるも、間違えてしまい、茅原さんが急遽演奏を止める。「もう1回」と叫び再チャレンジ。2曲目は、T.M.Revolutionの『HIGH PRESSURE』。「祭」と書かれた大きなうちわを振り回しながらパワフルに歌う。MCでは、T.M.Revolutionの曲をよくカラオケで歌っていたと明かした。3曲目は、石川優子とチャゲの『ふたりの愛ランド』。キーボードのケニーとのデュエットを披露すると、観客から歓声が上がった。

ここで、茅原さんも旗を手に持ち、『Lush march!』を歌う。茅原さんが上下左右に見事な旗捌きを見せると、観客もその動きに合わせて旗を振る。茅原さんは歌い終えると再びステージを離れた。


次の曲は『赤い棘のギルティ』。曲名に合わせた真っ赤なドレスに身を包んだ茅原さんがステージに登場すると、ステージの前に火が灯る。リズムに合わせて火柱が上がると、観客席まで熱気が届いた。マイクスタンドを使ってのセクシーな振り付けが、妖艶な雰囲気を醸し出していた。続く『Defection』では、観客のコールが響き渡る。続いて『Paradise Lost』のイントロが流れると、空気が一転し、赤とオレンジに染まった会場で、観客のテンションは最高潮に。サビでは定番のコールが叫ばれ、会場が震える。歌い終えた後もコールが響き続けていた。

「最後まで盛り上がっていくよー!」という掛け声から、『KEY FOR LIFE』へ。今度は会場がグリーンに染め上げられ、CMBのクラップに合わせて観客もクラップと声援で盛り上がる。歌い終えると、茅原さんはステージを降り、なんと客席へ移動。『Prism in the name of hope』を歌いながら、観客とハイタッチをする。時折、客席の真ん中で立ち止まり、観客のすぐ側で熱唱した。


ステージに戻り、次の曲は『Best mark smile』。「ほら!ほら!ほら!」という歌詞に合わせて、観客も叫ぶ。サビでは、茅原さんが再び見事な旗捌きを披露。何度も繰り返されるコール&レスポンスに観客の間に笑顔が広がっていく。


最後は『Freedom Dreamer』。茅原さんが「みんな、ラスト1曲いくよー!」と叫ぶと、ステージはスモークで白く包まれる。「いつでも」と茅原さんが歌うと、「君の笑顔」と観客が返し、ステージと客席が一体となる。歌い終わると、茅原さんは「今日はありがとうございました!」と叫び、ステージを去った。しかし、余韻も覚めやらぬうちに、アンコールを求める声が上がる。


<アンコール>

ライブTシャツを着たCMBがステージに登場すると、アンコールの声が、「みのり」コールに変わる。そして、Tシャツに着替えた茅原さんが登場し、『ステラステージ』を歌い上げた。歌う間に会場の天井が開き、歌詞にあるような星空ではないけれど、雨上がりの清々しい空が頭上に広がった。

去年は歌うことの出来なかった『ステラステージ』を、今年は絶対に歌いたかったと語る茅原さん。また、今回は、『Planet patrol』をリリースして初めてのライブということで、新曲の披露にドキドキしていたという。また『赤い棘のギルティ』では、踊りたいという強い思いから、ダンスを頑張ったと明かした。



次の『purest note〜あたたかい音』は、ここでPVを撮るということで、事前にみんなに歌詞を覚えてきて欲しいと呼びかけていた曲。「『SUMMER CAMP 3』の映像を詰め込んだ素晴らしいものになりそう」と嬉しそうに語った。また、今年はZeppツアー、東日本震災があり、この曲には歌を歌えることの幸せと、ファンのみんなと歌で繋がることの出来る幸せがこもっていると話した。茅原さんのクラップに合わせて、観客もクラップをしながら歌が始まり、最後は茅原さんと観客の大合唱となった。


「ありがとう、胸がいっぱいです!思い出のPV、私も楽しみにしています。みんなも楽しみにしていてね。嬉しいからもう1曲歌っちゃおうかな」と話し、茅原さんが歌ったのは『Contact 13th』。茅原さんが客席にマイクを向けると、それに応えて観客も歌った。

ここで、茅原さんからお知らせがあり、8月26日に「Minori Chihara Live Tour 2011 ~Key for Defection~ LIVE CD+PHOTOBOOK」の発売、10月19日にTVアニメ「境界線上のホライゾン」オープニング主題歌「TERMINATED」の発売、さらに2年ぶりにカウントダウンライブを開催することが発表された。そして、CMBからもお知らせがあり、2012年にCMBの単独ライブをやることが発表された。

茅原さんは「『SUMMER CAMP』は、この曲を歌わないと終われない」と話し、「みんな集合!」という掛け声で、CMBだけでなく、スタッフもステージに集合。全員一丸となり、茅原さんの歌う『SUMMER CARNIVAL〜みのりんサンバ〜』に合わせてリズミカルなダンスとフォーメーションを披露した。そして、「今日はどうもありがとうございました!」とお礼を言ってステージを去った。




<ダブルアンコール>

会場から、「もう1回」のコールが上がり、それに応えて、先ほどのTシャツ姿から、ピンクの浴衣に着替えた茅原さんと、はっぴ姿のCMBが登場。「『SUMMER CAMP』といえば、浴衣ですよ!」と話し、再びスタッフをステージに呼び込む。さらに、今回、茅原さんに太鼓を教えた師匠も登場し、全員で『みのりん音頭』を踊った。踊り終わると、茅原さんから最後の挨拶。

茅原:今日はありがとう!楽しかったよ!本当に楽しい3日間でした。みんなの歌声が聴けて幸せです。『SUMMER CAMP』大好きです!また来年もやりたいです。その時にはまた会いにきてください。今日はありがとうございました。


最後には茅原さんが、マイクを通さず「みんな今日はほんとにどうもありがとう、みんな大好き!」と叫ぶと、会場は歓声に包まれた。茅原さんはステージを左右に動いて、手を振りながらステージを去り、河口湖・ステラシアターでの3日間にも及ぶ公演は幕を閉じた。


◆セットリスト

M01:Planet patrol
<MC>
M02:愛とナイフ
M03:Perfect energy
<MC>
M04:書きかけのDestiny
M05:純白サンクチュアリィ
M06:そのとき僕は髪飾りを買う
M07:Inst&太鼓
<MC メンバー紹介>
M08:夏祭り
M09:HIGH PRESSURE
M10:ふたりの愛ランド
M11:Lush march!!
M12:赤い棘のギルティ
M13:Defection
M14:Paradise Lost
<MC>
M15:KEY FOR LIFE
M16:Prism in the name of hope
M17:Best mark smile
<一言>
M18:Freedom Dreamer

EN1:ステラステージ
<MC>
EN2:purest note〜あたたかい音
<MC>
EN3:Contact 13th
<MC>
EN4:SUMMER CARNIVAL〜みのりんサンバ〜

WEN:みのりん音頭

TERMINATED ( TVアニメ 境界線上のホライゾン オープニング主題歌)

B005E35K1W Planet patrol

B004X86PAY 茅原実里 SUMMER CAMP2 LIVE Blu-ray

B004GBLGHA

▲ PAGETOP