ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュースニャンコ先生にヒット祈願!『夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~』レポート

ニャンコ先生にヒット祈願!『夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~』レポート 2011年6月24日 21:50

7月4日から放送開始のTVアニメ第三期シリーズ『夏目友人帳 参』、そして9月17日から公開されるアニメ映画『蛍火の杜へ』。緑川ゆき先生のコミックを原作とする両作品の合同イベント『夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~』が、6月4日(土)、東京・日本青年館で開催された。

イベントには、『夏目友人帳 参』より、神谷浩史さん(夏目貴志役)、井上和彦さん(ニャンコ先生/斑役)、堀江一眞さん(田沼要役)、木村良平さん(西村悟役)、菅沼久義さん(北本篤史役)、諏訪部順一さん(的場静司役)、『蛍火の杜へ』より、内山昂輝さん(ギン役)、佐倉綾音さん(竹川蛍役)、そして両作品で監督を務める大森貴弘氏が出演。昼と夜の2回行われた公演のうち、今回は夜公演の模様をお伝えする。

イベント後のキャストコメントはこちら

夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~


最初の作品は『夏目友人帳 参』

夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~

プロモーション映像に続き、神谷浩史さんと井上和彦さんが登場。お二人が演じる夏目貴志とニャンコ先生による朗読劇が行われる。井上さんが演じるニャンコ先生の生の演技や発声に、観客から驚嘆の声が漏れる。朗読が終わると、『夏目友人帳 参』の出演者が全員ステージへ登場し、第三期への意気込みが語られた。

続いてのオープニングトークでは、神谷さんが、第三期の前に収録したドラマCDで音響監督から「神谷くん、大人っぽいです」とダメ出しを受けたエピソードを語った。自身が演じた夏目は、“意思のある少年像”だったと感じたそうだ。一方の井上さんも久しぶりにニャンコ先生を演じたとき、「似てた?」と周囲に聞いていたことが、木村さんから暴露された。

第三期から登場する的場静司を演じる諏訪部さんは、以前から原作が大好きで「夏目の子になれて良かった」と出演できたことに感慨深げな様子。他にも、キャスト同士の仲の良さについてやお酒の話などで盛り上がる。諏訪部さんの「ぜひパジャマパーティーをやりたい」との提案に、井上さんが「ネグリジェがいいな(笑)」と返す場面もあった。

トーク後半には、井上さんが「現場では神谷くん“だけ”が真面目なんですよ」と話し、 “神谷さん”と“他のメンバー”という対立構図を作ろうと企む。しかし、井上さんの発言の直後、堀江さんが「え?僕も真面目ですよ」と空気の読めない発言をしてしまい、他のキャストから総ツッコミを受けていた。実際のところ、神谷さんは台詞の量が膨大で、手を抜くことが出来ない性格もあり、仕事の合間などにすごく練習していたそうだ。

夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~


●夏目友人帳 参 勝手に大予想!!

神谷チームと井上チームに分かれ、第三期の展開を予想し合うコーナー。チーム分けはキャプテンによる指名で決定、神谷チームは、神谷さん、諏訪部さん、堀江さん、井上チームは井上さん、木村さん、菅沼さんとなった。

夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ お題:第三期は夏目とニャンコ先生が○○な事に!
井上チームの回答は「心がいれかわる」
実際にやってみては?ということで、井上さんはニャンコ先生の声色で夏目を演じ、大歓声を受ける。神谷さんも対抗しようとするも、単なる“ニャンコ先生のモノマネ”になってしまい、神谷さん本人も頭が大混乱。夏目の声でニャンコ先生を演じるのは、上手くいかないようだった。
神谷チームの回答は「新たなライバルと 出会ったりしたり することになったり な事に!」
回答の内容が分かりにくいので、神谷さんと諏訪部さんが必死に説明していると、堀江さんがぽつりとひとこと「(神谷チームは)分が悪い?」。思わぬアシスト発言に、井上チームは大盛り上がり。

お題:第三期は田沼、西村、北本が○○をする!
神谷チーム「合体(フュージョン)をする!」
井上チーム「妖怪退じをする!」(退治の“治”はド忘れしたらしい)
またしても神谷さん、諏訪部さんが一生懸命説明する中、堀江さんはぽかんと状況を眺めているばかり。その様子を見た諏訪部さんは「一番の敵(堀江さん)がここにいるとは!(笑)」と叫び、神谷さんは「3人で考えました!」とチームワークを強調していた。

夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ お題:第三期初登場の的場静司は実は◯◯だ!
神谷チーム「実は 全裸 だ!」
神谷さんがステージ中央へと駆け出し「こんな感じです」とポーズをとる。さらに諏訪部さんは「DVDだと(何かが)取れますから。しかも3D!」と話し、会場は歓声と笑いに包まれた。
井上チームの答えは、「実は ワキが 臭い(泣)」
回答を思いついたときはチーム内で大爆笑だったものの、先ほどの神谷チーム回答時の盛り上がりに押され、やや不発に終わる。


勝敗は観客の拍手により決定・・・しかし、何度やっても両チームへの拍手はほぼ同じ。そこで、「この方に決めていただきましょう」と大森監督をステージに呼び、監督判断で神谷チームの勝利となった!勝利の決め手となったのは3問目の「全裸」が良かったとのこと。 そのまま大森監督から第三期の見所や情報が語られる。テーマソングは今回も『夏目友人帳』の世界を表現したとても心に染み入る楽曲になっており、作品に花を添えてくれそうだ。

夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~
夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~


続いての作品は『蛍火の杜へ』

大森監督が引き続き作品の説明を行う。『蛍火の杜へ』は『夏目友人帳』と同じスタッフが制作しているため、意思疎通ができてやりやすいと語った。そして、実際の映像からギンと蛍が出会うシーンが初公開された。蛍の行動に笑いが起こる場面もありつつ、美しい世界感や空気感に観客は引き込まれていた。

上映後には、ギンを演じる内山昂輝さんと竹川蛍を演じる佐倉綾音さんがステージに登場。大森監督を交えてトークが行われた。大森監督は制作にあたり、光や風、音などの自然描写やキャラクターのしぐさに力を入れたと語る。演技について聞かれると、内山さんは「(ギンは)姿は人間だけど人間ではないので、その特殊な感触や台詞の響きが出せるように演じた」、佐倉さんは「天真爛漫な子で、6歳から18歳まで幅広い年齢(の蛍)を演じたのですが、18歳はまだ未体験なので(佐倉さんは現在17歳)想像してやりました」と語った。ちなみに、内山さんと佐倉さんは収録時が初対面。収録が進むにつれて二人の距離が縮まる様子はまさにギンと蛍のようで、そのリアルさも作品に反映されているそうだ。

さらに、『夏目友人帳』と『蛍火の杜へ』の共通点・相違点について聞かれると、大森監督は「自然描写や音の使い方が共通点。夏目は主人公を孤独にしようとした分、周囲の仲間がバラエティに富んでいますが、蛍火は(ギンと蛍)二人だけの小さい世界の中で大事な宝物を育てていきます。そこが一番の相違点」だと語った。

そして、おおたか静流さんが歌うエンディングテーマ曲『夏を見ていた』が紹介されると、「内容にぴったりだなと思います」(内山)、「どの年代の人が聴いてもいい曲だと思うし、映画を見た方は聴いただけで泣けちゃうんじゃないかな」(佐倉)と感想を述べた。最後に大森監督から、「なんとかぎりぎり夏(の終わり)に間に合いました。夏の物語をぜひ期待してください」と挨拶がありトークコーナーは終了した。なお、『蛍火の杜へ』は舞台挨拶も予定されているので、9月の公開を楽しみに待とう。

夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~


●お願い♥ ニャンコ先生

夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~

井上さんを除く両作品のキャストが登場し、Twitterで事前に募集したお願いを、ニャンコ先生が答えていくコーナー。お願いは「明日の晩御飯のおかずを考えて」「慣れない環境でストレスが溜まっています。癒しのひとことを」といったもの。それぞれのお願いをテーマに、各出演者のトークが展開された。

コーナーの締めは、キャスト全員からのお願いとして『夏目友人帳 参』と『蛍火の杜へ』のヒット祈願。金色に輝くニャンコ先生が奉納され、キャスト、観客全員によるヒット祈願の叫びが会場にこだました。

夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~


最後に出演者からひとことずつ挨拶があり、この夏を彩る2作品の合同イベントは幕を閉じた。

佐倉:初めて『蛍火の杜へ』の映像をご覧いただいて、反応が返ってきたことがすごく嬉しかったです。『夏目友人帳』ファンの方も劇場に足を運んでほしいなと思います。損はさせません!すごくクオリティの高い作品になっています。大きなスクリーンで見てほしい作品なので、ぜひ!本当にぜひ!劇場まで足を運んでください。

内山:皆さんの作品に対する期待の大きさが伝わってきました。『蛍火の杜へ』は、その期待感を越える仕上がりになっていると確信があります。9月の公開までもう少し待っていただきたいなと思います。夏の終わりに見るとまた格別の味わいがあると思いますので、ご期待ください。

菅沼:僕も緑川先生の作品が大好きですし、久しぶりに皆さんにお会いできたのが同窓会のようで嬉しかったです。楽しくてあっという間のイベントでした。一生懸命、精一杯収録していますので、楽しみにしていてください。そして『蛍火の杜へ』も期待していただければと思います。

木村:久しぶりに『夏目友人帳』が再開して、諏訪部さん演じる重要な新キャラクターも登場します。さらに『蛍火の杜へ』もあって、大好きな『夏目友人帳』の世界がどんどん膨らんでいきワクワクしています。第三期を収録してみて、大事なところは変わらずに広がっていくだけだと実感しました。『夏目友人帳 参』も『蛍火の杜へ』も一緒に楽しみましょう。

堀江:『夏目友人帳』第三期は皆さんの声援あっての実現だと思います。個人としてもチームとしても感謝の気持ちで一杯です。両作品とも大自然の緑が綺麗で、緑川先生はきっとそういう環境で育った方なんだろうなと勝手に想像してしまいました。キャスト、スタッフ一丸となって作品作りをしていますので、7月と9月を楽しみにしていてください。

諏訪部:実はアニメ化以前から『夏目友人帳』の愛読者なんです。思い入れのある作品は、アニメになったときに関われないと辛くて、その本を手放してしまうことがあるんです。だけど、夏目は手放せませんでした。そうしたら……願いは届くんですね。原作もアニメも優しく温かい心にあふれた作品です。みなさんに素敵な作品を届けられるよう、アンサンブルの一員として誠心誠意頑張ります。

井上:『蛍火の杜へ』は今日初めて見たのですが、「あぁ綺麗だなぁ。夏目とニャンコ先生が出てきてもおかしくないな」と、なんだかホッとする世界感でした。絶対劇場に見に行きたいと思います。『夏目友人帳』は第二期の打ち上げで、「すごく楽しかった。でも終わってしまうのがとても寂しい。またやりたい」という一同の思いがあったんです。願えば叶うものなんですね。そして今日イベントで皆さんと同じ空気を分け合えました。世の中大変なときですけど、こんなときだからこそ、とても心の温まる話をみんなで分かち合うことができるのは本当に素敵なことだと思います。

神谷:緑川先生の作品のファンは、とても優しくて柔らかい雰囲気を持っていると感じました。いつも温かい気持ちでイベントをやらせていただいて、本当に皆さんに感謝しています。緑川先生がこれから描きになるすべてのキャラクターがアニメーションで動いて、緑川先生が納得のいくラストシーンを描ききるその時まで、僕らの声でしゃべり続けてくれたらいいなと、心から強く願っています。そのために、第三期も一話一話、ひとことひとこと紡いでいくことが重要だと思いますので、今日いただいた皆さんのパワーを糧に頑張っていきます。『夏目友人帳』ならびに『蛍火の杜へ』をよろしくお願いします。

夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~
夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~ 夏目友人帳×蛍火の杜へ ~集い 夏神楽~

(取材・文:千葉研一)


夏目友人帳 Blu-ray Disc BOX

B004TEYXGU 夏目友人帳 参 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

B0056D6U28 蛍火の社へ オリジナル・サウンドトラック 季節の瞬き

B005470QAS 夏目友人帳 12 (花とゆめCOMICS)

4592193628 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)

4592178904

▲ PAGETOP