ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート

横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート 2011年6月 3日 18:00

横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート

「君が主で執事が俺で」(以下、きみある)や「真剣で私に恋しなさい!」(以下、まじこい)と、強気な女の子をヒロインにしたゲームで知られるブランド・みなとそふと。ブランド結成5周年と「まじこい」ドラマCD発売を記念したイベントが、5月8日横浜大さん橋ホールにて開催された。出演は、「まじこい」で“風間ファミリー”と呼ばれるメインキャラクターたちを演じるキャスト陣、浅川悠さん、友永朱音さん、氷青さん、伊藤静さん、後藤邑子さん、神谷浩史さん、小西克幸さん、草尾毅さんの面々と、ゲストのKOTOKOさん、きただにひろしさんを加えた10名。作中の“金曜集会”のごとく、和気あいあいかつボケ&ツッコミ通しの愉快なイベントの模様をレポートする。

 
横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート

「まじこい」キャラによるカウントダウン映像からイベントは開幕!MCを務める伊藤静さんと後藤邑子さんが、大きな声援を受けて登場する。「来ている男の子は9割方ドMだと思っていいんだよね?(笑)」(後藤)と、強気ヒロイン好きなファンの笑いをとりつつ、出演声優陣が次々と壇上に呼び出される。8人がそろい「金曜集会始めるぞー!」とイベント開始の掛け声が・・・かと思えば、スクリーンにゲストの姿が!?今回参加できなかった、「まじこい」キャストの鈴村健一さんからビデオメッセージが届いたのだ。キャスト陣は、鈴村さんのコメントに次々とツッコミを入れまくり。にぎやかなやりとりにより、会場の空気がすっかり温まったところで、改めてイベントのスタートが宣言された。
 

横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート 横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート

■風間ファミリーノリノリのトークショー&ドラマ上演

横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート

最初のコーナーは、【風間ファミリーのアブノーマルは誰だ?金曜集会究極の選択ゲーム】。これは、風間ファミリー8人に二者択一の質問をして、どちらの選択がよりアブノーマルかを決めるというもの。判定はあらかじめ観客から集めていたアンケートをもとに行われる。

 
横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート

今回出た質問は以下のとおり。
第1問「戻れるならどっち?小学生or中学生」
第2問「なれるとしたらどっち?総理大臣orマフィアのボス」
第3問「おしおきされるならどっち?百代の蹴りor由紀江の面」
第4問「後ろは火の海。今すぐ飛び込まなければいけないとしたらどっち?カエルがひしめき合ってる池orナマコたっぷりのプール」
第5問「生まれ変わるとしたらどっち?麻呂or羽黒」

  

「まじこい」キャラにちなんだ3問目では、「どっちにお仕置きされても死ぬ」という究極の選択に風間ファミリー一同が悩むことに。百代を選んだ側の意見は「どうせ痛い思いするなら(竹刀より)直接のほうが愛情が伝わるから」(浅川)、「武器はちょっと・・・」(神谷)といったもの。一方、由紀江側の意見は「キャラ人気っぽいから(自分が演じる由紀江に)肩入れしたい(笑)」(後藤)、「まゆまゆ(由紀江)のケツが好きだから」(小西)などが上がる。そしてアンケート結果は百代に蹴られたい人が多数。由紀江側がアブノーマルということになり、後藤さんはショックを受けていた。

横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート

この他、1問目で「中学生はちょうど性に目覚めるところだからやりなおしたい」(小西)、5問目で「小野くん(麻呂役の小野大輔さん)の声になるんだよ。仕事増えるじゃん」(小西)など、ユニークなコメントが数多く飛び出していた。そして全部の判定が終わった結果、もっともアブノーマルな回答をしたのは草尾さん。アブノーマル・キングの証として立派な王冠をプレゼントされた草尾さんは、「『まじこい』はもっともっとアブノーマルに。みなさんもアブノーマルでついてきてください」と嬉しそうにコメントしていた。

横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート
横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート

次のコーナーは【「まじこい」オリジナルドラマ『日曜だけど金曜集会!』】。ステージで生の演技を見られる、またとない機会に観客は盛り上がる。ストーリーは、「金曜集会で集まった風間ファミリーが、『願い事が3つかなうとしたら』というお題で、おバカなトークを繰り広げる」というもの。百代(CV:浅川)が、大和(CV:神谷)や京(CV:氷青)たちの願い事を、バッサバッサと切り捨てていくやりとりに、会場は笑いに包まれる。さらにクリスを演じる伊藤さんが酒好きなことに引っ掛けたネタトークや、由紀江と松風の一人二役を担当する後藤さんの名演技など、見どころ満載な内容に会場は大いに沸く。

 

なお、このドラマ中に後藤さんが自分の出番を忘れるというハプニングが!劇が終わったあと、後藤さんはそのことで、さんざんに弄られてしまうのだった。

  
 
横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート 横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート
横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート

■期待高まるアニメ「まじこい」の大発表!観客がアニメに出演も!?

ドラマで盛り上がったあとは、アニメ「まじこい」の最新情報が発表される。まずは、今回が初公開となるPVがスクリーンに映し出される。浅川さん、友永さん、氷青さん、伊藤さん、後藤さんの5人が歌う『だって真剣恋だもん!』をバックに、大迫力かつセクシーな映像が流れ観客の目は釘付けに!続いては、キャラクターの設定画を披露。こちらも、未公開のクリスのイラストを見ることができ、「まじこい」ファンにはうれしいサプライズとなった。ちなみに、PVでは男性キャラはほとんど出て来ない上に設定画の公開もなし。男性キャスト陣からは不満の声が上がっていた。

そしてアニメ情報に続くコーナー【お前らの声が必要なんだ 実録川神大戦】では、アニメの1シーンで使うガヤ(群集のざわめき)を、なんとこの場にいる観客に演じてもらい収録することに。自分たちの声がアニメで流れるとの知らせに、観客からは大歓声と拍手が起きる。収録されるのは、クラス対抗バトル・川神大戦に使われる音声で、敵陣に殴り混む時の「おーっ!」、劣勢に立たされた時の「わー!!」、勝利の掛け声の「うおーっ!!」、勝どきの声の「えいえいおー!」の4つだ。ステージから掛け声がかかると、観客の声がホールを振るわせ、その声にキャストたちもプロ顔負けとびっくり。文句なしの一発OKをもらっていた。

  

■きただにひろし&KOTOKOも登場!おなじみナンバー勢ぞろいのライブ

横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート 横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート 横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート

イベント後半戦はライブのコーナー。その前座として、みなとそふとのプロデューサーにして代表取締役、タカヒロ氏が挨拶を始める。まずは「未発表の2作品があり、外部の有名ライターを招へいして作っている」「自分は今後もシナリオを続けるが、他の媒体でもいろいろとやりたい」と発表。さらに、タカヒロ氏は「これから一生懸命働いて、今まで助けてくれたいろいろな人にご恩返しをしたい」と抱負を語る。思ったより真面目なコメントで驚いたと、MCの2人にからかわれたタカヒロ氏は、「お仕置きをされるとしたら、百代に蹴られたいか、由紀江に斬られたいか、田中理恵さんに縛られたいか」と質問され、「田中理恵さんに縛られたいです」と笑顔で回答。しっかりオチをつけて退場していった。

  

そしてこれからがライブの本番。ゲーム「まじこい」のEDテーマ『武士』のイントロとともに現われたのは、きただにひろしさん。きただにさんの熱いシャウトが会場を震わせると、客席からも熱のこもったコールが返ってくる。観客のボルテージは開始早々から、いきなり最高潮となった。そんな空気を2番手の氷青さんが、一転穏やかなものに変える。もう1つのEDテーマ『冬花火』が、切々と歌い上げられる。きただにさんの動から、氷青さんの静へ。感情を大きく揺さぶられた観客は、すっかりライブに心を奪われることとなった。


プレゼント抽選会を挟んでは、アニメ・ゲームソング界の歌姫、KOTOKOさんが登場!それとともにPS2版「きみある」のOPテーマ『常識!バトラー行進曲』のイントロが流れ出す。ステッキを手に軽快なステップを踏むKOTOKOさん。そのポップでキュートな歌声に、観客もノリノリとなった。次に流れたのはPS2版「きみある」のEDテーマ『ROOM』と、「まじこい」EDテーマ『茜空~それが僕らの世界だった』。どちらもしっとりとした曲調ながら、力のこもった歌声が響く。軽快さと重厚さを兼ね備えるボイスは、さすが歌姫といったところ。MCでは「私も何を隠そうけっこうなツンデレだと思います(笑)」と、意外な告白も。ここで歌われている曲は、すべてそんな自分の気持ちを参考にして歌詞を書いたとのことだ。

  

そして次なる曲は、みなとそふとの次回作「真剣で私に恋しなさい!S」のEDテーマ『未来自画像』。なんとまだ未発表のこの曲が、ここで初のお披露目となった!「つまづき悩みもあるけど、自分の思い描いた自画像にたどり着くために頑張っていこうよ」という想いをこめた曲とKOTOKOさんが語ったとおり、未来への道をまっすぐ突き進むかのように、サビに向かって盛り上がりを見せる。胸を打つ歌声に、一様に聞き惚れる観客。そしてフィニッシュを迎えた瞬間、会場は大歓声に包まれた。


■どこまでも熱く激しくフィナーレへ

KOTOKOさんのステージが終わり、ついに2時間にわたるイベントも終幕へ。最後は浅川さん、友永さん、氷青さん、伊藤さん、後藤さんの5人が壇上に躍り出て、『だって真剣恋だもん!』の生歌をお披露目!5人5色の歌声がホールを染め上げる。その熱唱に応えて、客席からは大きなコールが巻き起こり、ラストナンバーにふさわしい盛り上がりで、ライブは締めくくられた。エンディングは、出演者が壇上に勢ぞろい。1人ずつ挨拶をしてお別れとなる。名残惜しいけど楽しかったと、笑顔を浮かべる出演者たち。そんな中で草尾さんが、観客にはっぱをかける。

  

草尾「みんな『まじこい』が好きか?」
観客「おーっ!」
草尾「真剣で『まじこい』が好きか!?」
観客「おーーーっっ!!」
草尾「・・・だったら、『まじこい』真剣でいくから、真剣でついてこいや!!」
観客「おーーーーーっっっ!!」

  

今日一番の歓声がホールを震わせ、会場は1つとなる。最後までみなとそふとらしい熱気に包まれて、イベントは幕を下ろした。

横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート 横浜大さん橋ホールが熱気と爆笑に包まれる!みなとそふと5周年イベント『大みなと祭』レポート
 
『大みなと祭』

【日時】
2011年5月8日(日)
16:00開場 17:00開演
 
【場所】
大さん橋ホール(神奈川県横浜市)
 
【出演】
浅川悠(川神百代、南斗星役)
友永朱音(川神一子役)
氷青(椎名京、朱子役)
伊藤静(クリス、久遠寺森羅役)
後藤邑子(黛由紀江、久遠寺未有役)
神谷浩史(直江大和役)
小西克幸(風間翔一役)
草尾毅(島津岳人役)
 
ゲスト:KOTOKO、きただにひろし

 
真剣で私に恋しなさい! ドラマCD Vol.1

B003A2J4IE 真剣で私に恋しなさい! ドラマCD Vol.2

B003LO2GOU 真剣で私に恋しなさい! ドラマCD Vol.3

B003OQVM0O 真剣で私に恋しなさい! ドラマCD Vol.4

B003OQVM18 真剣で私に恋しなさい! ドラマCD Vol.5

B003OQVM1S

▲ PAGETOP