ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース作者の“文章”を表現しています。『朗読執事』より執事役・近藤隆さんインタビュー

作者の“文章”を表現しています。『朗読執事』より執事役・近藤隆さんインタビュー 2011年6月 2日 12:00

5月18日に配信開始した、iPhone/iPad向け読書エンターテイメントアプリケーション『朗読執事』。60万ダウンロードを記録した大ヒットアプリ『朗読少女』に続くシリーズ第2弾として、今回は“執事”がさまざまな作品を朗読している。

その執事役で朗読を行う近藤隆さんに、普段の演技と朗読との違いや、心掛けている点などをお聞きしました。



『朗読執事』近藤隆さんインタビュー

――『朗読執事』のお話が来たときは、どう思われましたか?

近藤隆さん(以下、近藤):『朗読少女』は知っていたので、あのような感じだろうと漠然と思っていたんですが、具体的にどういう形になるのかは、実際にやるまで分かりませんでした。本を朗読するというのは、結構エネルギーを使う仕事なので、(話が来た時は)これから力を蓄えておかなければいけないなと思いました。


――普段、声優として多彩なお仕事をしておられますが、その中で朗読というのはどのようなものだと考えていますか?

近藤:普段の声優の仕事は、僕らが思っていることや感情、思考を、言葉によって表現しているので、文章を読み聞かせる朗読とは少し違う作業なんです。普段は自分が考えたことやキャラクターの“言葉”を表現するのですが、朗読は作者が書いた“文章”を音にすることだと気をつけるようにしています。(文章中の)台詞も、いわゆる台詞として言ってはいけないと思います。もちろん、そのキャラクターらしさは出しますが、朗読の基本は「文章を聞かせる」ことなので、言葉が不明瞭にならないように、作者のイメージをアシストするように読んでいます。


――第一弾のラインナップ作品『羅生門』『眠る森のお姫さま』『まだらの紐』は、ご自身で以前に読まれたことはありますか?

近藤:全部読んだことがあります。特に『羅生門』は国語の教科書にも載っているので皆さんも馴染み深いでしょうし、『眠る森のお姫さま』はディズニー映画の元になった作品です。今まで文章を読むだけだったものを、朗読という形で音声にして聞くと受ける印象がかなり違うと思います。同じ『羅生門』を読んでいる『朗読少女』と『朗読執事』でも、読み手によって差異があるので、そこも聞きどころです。


――iPhone/iPadアプリという手軽に気軽に聞けるシステムについては、どのような印象ですか?

近藤:文章を落ち着いて読むというのは、普段の生活では意外と難しいですよね。なので、まだ一部の作品ではありますが、聞いて感じることが出来るのはいいと思います。


『朗読執事』近藤隆さんインタビュー

――今回は執事というキャラクターですが、何か役作りで心掛けたことなどはありますか?

近藤:今回販売されたタイトルは(ジャンルが)バラバラですし、今後もいろいろな作品を読んでいくので、執事の読み方に下手に色をつけてしまうのは違うんじゃないかと思いました。ですから、「ご主人様にお使えしている執事」というキャラクター性を保ちつつも、それ以外の個性は消すように心がけています。もちろん、一生懸命頑張って読もうという思いは常にあります。


――これからいろんなジャンルの作品を読んでいくとのことですが、ご自身が好きな物語や作品はありますか。

近藤:そうですね・・・(ジャンルに関わらず)どんな本でも読んで楽しいのが一番ですね。今後リリースされる作品もいくつか収録したんですけれども、いろいろな作家やジャンルの作品をやらせていただいています。そういう意味では、まだ出会っていない作家やジャンルにも挑戦していきたいなと思います。


――『朗読少女』では文学作品だけにとどまらず、ライトノベルやコミック(の朗読)もリリースされています。そのような文学作品とは別ジャンルの作品で挑戦してみたい朗読はありますか?

近藤:今のところは基本的に文学作品をやっていて、今日の収録でも太宰治の『ヴィヨンの妻』と、フランツ・カフカの『変身』を読みます。今後どういうラインナップになるのかは分からないんですが、ラノベやコミックのような作品があっても面白いかもしれませんね。でもやはり執事なので、執事がラノベを読むのかというと・・・。期待はしていただいて良いですが、どこまで僕が(期待に)応えられるか、まだわかりません。


――最後に、『朗読執事』を聞いてくださる方に一言お願いします。

近藤:今後も一生懸命読ませていただきたいと思います。非常に読みごたえのある、そして聞きごたえのある作品が今後のラインナップに上がっていきます。文学ファンも執事ファンも、またそうじゃなくても、出来るだけいろんな方に“ご主人様”になっていただいて、アプリを通じて文学作品に触れていただけると、読み手としては頑張った甲斐がありますので、ぜひよろしくお願いします。

『朗読執事』近藤隆さんインタビュー 『朗読執事』近藤隆さんインタビュー


iPhone/iPadアプリ『朗読執事』商品概要

「朗読執事」はiTunes内App Storeにて無料でダウンロード可能、追加作品はアプリ内Storeにて購入できます。

【朗読作品】
『羅生門』『まだらの紐(前・後)』『眠る森のお姫さま』『幸福の王子』『高瀬舟』『雪女』『アッシャー家の崩壊(前)』

【カテゴリ】
BOOK、ENTERTAINMENT

【対応機種】
iPhone3GS以上推奨


a little wonder

B001BPP9Q8 近藤隆のももんがあッCD 安元洋貴の件

B004P8KBSY TVアニメ 世界一初恋 キャラクターソング

B004TD53EW Scared Rider Xechs DRAMATIC CHARACTER CD Vol.2 ALL-BACK-ATTACK!!

B004O450DU 朗読少女 公式画集 [大型本]

B004VEKET8

▲ PAGETOP