ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース今井麻美インタビュー「新しい自分をたくさん見て欲しいです」

今井麻美インタビュー「新しい自分をたくさん見て欲しいです」 2011年5月26日 18:00

今井麻美さん

去る5月15日に2ndソロライブを開催し、5月25日には6枚目のシングル『遠雷』を発売した今井麻美さん。6月にはラジオCD『今井麻美のSinger Song Gamer Okinawa Stage』を発売、8月には7枚目のシングル『花の咲く場所』やライブDVD&Blu-rayの発売など活躍をみせている。そんな今井さんに、2ndソロライブの感想やニューシングル、さらにラジオCDの同梱DVDに収録される沖縄でのエピソードなど、さまざまなことを語っていただきました。



■2ndソロライブについて

――2ndソロライブの感想をお聞かせください。

O-EASTという大きなステージにひとりで立てる日がくるなんて予想していませんでした。田舎からうちの両親も見に来てくれて、終わったあと母が「夢のようだった」と語っていましたが、私も同じ気持ちです。去年12月の1stソロライブの時は、わけのわからないまま通り過ぎていったような感覚だったんですけど、今回はリハも含め最初から最後まで楽しみながらステージを終えることができました。これも支えてくださっているスタッフさんが、私が一番いい環境で歌えるようにと、いろんな準備をしてくださったおかげです。


――(ライブの時間は)2時間予定だったのが、約3時間になっちゃいましたね。

ライブを見にきてくださった方、特に(帰りの)新幹線がなくなってしまったという皆様にご迷惑をお掛けしたこと、この場を借りて謝らせてください。
気持ちよくアンコールも終わり、「ありがとう~!またね~!」とステージを降りていった直後に、プロデューサーに「長すぎだよー!」って言われたのが一生忘れられません(笑)。「えぇ!?ねぎらいの言葉じゃないの?」って。感動の余韻に浸っている瞬間の出来事だったので、一瞬何が起こったのかわからず、目をぱちくりさせてしまいました。原因はわかっているんです。1曲目、2曲目とアップテンポな可愛らしい元気系ソングを続けたんですけど、1曲目から調子を上げすぎてしまい、息切れしてしまったんですよね。それで2曲目と3曲目の間に休憩を兼ねてしゃべりすぎてしまい、そこからテンポがくるってしまいました(笑)。次回は延びても30分以内にとどめたいなと思います・・・。



■6thシングル『遠雷』について

『遠雷』

――ライブでは『遠雷』も披露しましたが、『遠雷』発売の心境を教えてください。

今までアップテンポやカッコいい系、おどろおどろしい系の曲が多かった中、いわゆる“癒し曲”なので、こういう感じの曲が受け入れられるかどうか、ちょっとしたチャレンジだと思っています。ライブでは、前半の元気な曲を集めていた中で一番優しい曲だったのが印象的みたいで、終わったあと『遠雷』がすごく好きだと言ってくれた人もいて嬉しかったです。


――聴いて欲しいポイントや、歌うときに気をつけたところはありますか。

この曲は、今まで私が出してきた曲と少し雰囲気が違う“優しい大人の女性”のような曲です。メロディラインと編曲の音楽の絡み合いが、本当に優しくて聴いていて穏やかになる音ばかりなんですよね。言葉も穏やかで優しいし。私の中の自愛をふんわりと乗せている空気感を聞いて欲しいと思います。

前回の「EVER17」(PSP版)の曲はアップテンポで力強く、もう1回やりたくなるような雰囲気でしたが、今回の「EVER17」(リメイク版)のエンディングテーマ『遠雷』は優しく迎え入れてくれるような曲なので、言葉ひとつひとつのエッジを柔らかく歌うようにしました。曲を聴きながらも作品世界に没頭できたらいいなと思い、(歌が)押し付けがましくならないように気をつけています。


――カップリング曲である「白衣性恋愛症候群」のオープニングテーマ『想いの羽根 ~Angelic White~』はどんな曲ですか。

この曲はレコーディングをしたときよりも、ライブで歌ったときの方が馴染みがよく、すごくライブ栄えする曲です。私の歌い方の特徴である高音(の伸び)を引き出してくれていて、ぎりぎりまで挑戦しようという意思が感じられますね。でも、曲はすごく難しくて、もらったときにちょっとくらっとしました。家で練習しているときには全く歌えなかったんですよ。中でも2番のサビに入る前のブレイクがめちゃめちゃ難しいんです。1番は普通にリズム通り入るんですが、2番はそこが“1小節と2拍4分の1”になっていて。TD(トラックダウン)の時にかっこよくしようとスタッフさんがやってくださった結果、ライブで歌うには超絶難しくなってしまい・・・。「ふおおおお」と思いながら、びっくりするぐらい練習してました(笑)


――ライブではうまくいきましたか?

いきました。最初の頃のリハではうまく出来なくて、しゅーんとしてたんですけど、回数重ねていってうまく出来たときがあったんです。そのときの私の顔があまりにも「どうだ!!」という顔をしてたらしくて、あとでみんなにしこたま笑われました(笑)


――『遠雷』のパッケージについての印象はどうですか。

希望通りの色合いになっていてめっちゃ嬉しいです。今回はごてごてしていたり、きらびやかなゴシック的ではなくて、シンプルな感じにしました。テーマカラーはエメラルドグリーンのような色で、お願いするときに「ジンオウガ(※)の色でお願いします」と注文したら、ちゃんと希望した色が出てきて「あ!ジンオウガだ!!」って思いました(笑)。属性的には雷かなと感じたので、ジンオウガ色にしてみました。(ジャケット写真で)胸に着けている色もジンオウガの色を探し歩いて見つけたものなんですよ。

※PSPゲーム「モンスターハンターポータブル3rd」に登場するモンスター。雷狼竜。



■ライブDVD&Blu-ray、7thシングル『花の咲く場所』について

――ライブDVD&Blu-rayが8月31日に発売となります。初めてライブがパッケージ化される気持ちをお聞かせください。

メモリアル的なライブが形に残るというのはありがたいことだと思います。将来、自分がこんな活動してきたんだという証拠にもなりますし。(今回のライブは)ステージに出る前からすごくリラックスしてて、最初から最後まで最高に楽しめて、細かいところはあんまり覚えてないんですよ。なので、(ライブDVDを)見たときに、「あれ?思ってたよりかっこ悪い」とか「思ってたより出来てない」と思いそうで怖いという気持ちもありますけどね(笑)


――すでに発表されている7枚目のシングル『花の咲く場所』は『シャングリラ』に続き「コープスパーティー」シリーズのオープニングとなりますが、こちらもライブで超先行披露しましたね。

そうなんです。今回は新曲がすごく多いライブになっちゃって。自分の中でもすごく大事に気合を入れて作った曲なので、それをCDより先に披露ということで、さすがにちょっと緊張しました。舞い上がる気持ちをぐっとこらえて、一歩後ろに引いて、少し気持ちを落ち着けてから歌い始めたりしました。


――シリーズ続編の曲ということでのプレッシャーはありましたか?

プレッシャーはありました。でも、私よりも作曲をされている濱田さんの方がプレッシャーは大きかったと思います。『シャングリラ』はライブで何度も歌いブラッシュアップされているので、それに続く曲となると、どうしても比べられると思いますし。(そんなプレッシャーの中で)メロディは同じ系譜を踏みつつも、新しいものを提示してくださったので、歌っていてとても気持ちがよかったです。

また、歌詞は私が一番尊敬していると言っても過言ではない森由里子さんにお願いすることができました。森さんの書かれる世界観が大好きなんです。曲もアレンジもかっこよくて、そして詞を見たら「完璧」と思っちゃった(笑)。レコーディングもすごく楽しく出来ました。


――連動特典として抽選で特製フォトブックがもらえるというのは初めての試みですね。

写真を撮られることは以前から多かったんですけど、歌を歌うお仕事をさせてもらうようになってさらに増えて、(写真での)いろんな表現がやっと楽しくなってきました。はじめの頃の表情も固く初々しい写真など、ビジュアル的にいろいろな面が見られると思います。



■ラジオCDについて

『今井麻美のSinger Song Gamer Okinawa Stage』

――『今井麻美のSSG』も3年目に突入し、今回のラジオCDに同梱されるDVDの収録で沖縄に行ったそうですね。

私がどうしたいという意見を汲み取ってくださることが多い中、(今回は)気がついたら決まっていた企画でしたね(笑)。冗談で「沖縄行こうぜ!」と言ってたら、知らないうちにスケジュールが決まってて。当日まで「ほんとに行くのかしら?」と思ってました。でも、びっくりするぐらい楽しかったです!(内容は)私が友達と沖縄に行ったらこんな感じでおしゃべりしながら、こんな感じで街を歩いて・・・というのが垣間見れるようになっています。着飾っていないので、一緒に旅行している気分になれるんじゃないかな。いい思い出もたくさん作れましたし、すごく充実した内容のDVDになったと思います。


――ラジオではよく「沖縄行きたいね」「海外行きたいね」と言うことありますが、ここまで形になっちゃうのは滅多にないですよね。

そうですね。でも一番びっくりしたのは、突然現地にいる人を召集したことですね。その節はみなさんどうもありがとうございました。私たちが沖縄にいることは誰も知らなかったんですが、沖縄のご飯を食べてみんな陽気になった頃に「沖縄の人たちを明日の収録に呼んじゃえ」とツイッターでつぶやいたら、総勢8名の方が現地に来てくださいました。しかも朝7時集合(笑)。まだ暗い中、みんなでこそこそ集まって、ひょっとしてあの人が(リスナー?)・・・みたいな感じで(笑)。こういうびっくり箱みたいなところが、すごくSSGっぽいなと改めて感じたし、企画に乗ってくれるリスナーがいるのはありがたいなと思います。


――他に印象に残っていることはありますか?

粘土でシーサー作りを体験しました。よく出来て自分天才かなと惚れ惚れしていたのに、みんなドン引きしたのがショックでした。お店のお兄さんまでちょっと苦笑していて、納得がいかなかったんですけど、最近久しぶりに(作ったシーサーと)ご対面したら、みんなの気持ちがわかりました。時がたって落ち着いて見てみたら、ちょっと怖い、呪われそうって思いましたね(笑)


――本編のCDはどんな感じですか?

撮り下ろしトークと新たに作った曲が入っています。今回もリスナーにテーマや曲を投票してもらったんですが、この企画の曲はみんなが私に求めているものが垣間見れるんですよ。今回は『海と空と君と』という琉球風音楽で、沖縄旅行で買った三線(さんしん)の音や、野外収録(場所)の海で濱田プロデューサーが録った波の音を使っています。

この曲は震災前日の3月10日に出来上がった曲なんです。書き始めるまでは全然違うテーマで作ろうと思ってたのに、書き始めたら歌詞が30分ぐらいで一気に書けちゃって、自分でも不思議な感じでした。震災後に出来上がった曲を聞いてみると、震災によって離れ離れになった人たちのことを歌っているようで、聴いて傷つく人がいたら嫌だなとナーバスにもなりました。でも、少し落ち着いてから聴いてみると、そういう境遇の人に、「離れ離れになってもいつかまた迎えに行く」と言っている希望の曲だと感じ、今では大事な曲です。



今井麻美さん

■メッセージ

――最後にメッセージをお願いします。

今年上半期はあっという間で、本当に充実した時間を過ごさせてもらっています。大きな震災があって、自分の中で音楽活動をしていく意味がすごく揺さぶられました。でも、今回ライブをやらせていただいて、誰かに歌を届けるのが私にとって大事な仕事のひとつだということを、改めて感じました。これまで「自分は歌が好きだけど、好きだと言ってくれる人がいたら聴いて欲しいな」という気持ちでしたが、(今は)このお仕事を誇りながら前向きに取り組む気持ちを強く持てたので、ここからが私の新しいスタートかなと思っています。自分のために歌うのではなくて、誰かのためだったり、この空間を楽しんでくれる人のためだったり、そういう気持ちが心の奥から沸き起こっています。ときどき弱音も吐いちゃいますけど、それを乗り越えられるのは、支えてくださるスタッフさんや聴いてくださる皆さんがいるからなので、新しい私をたくさん見て欲しいなと思います。




商品情報

『遠雷』

『遠雷』

発売日:2011年5月25日(発売中)
価格:1,260円(税込)
発売:5pb.
販売:メディアファクトリー

今井麻美オリジナルフォトジャケット!
初回店舗特典B2ポスター

【収録曲】
01. 遠雷
  作詞:濱田智之 作曲/編曲:酒井陽一
02. 想いの羽根 ~Angelic White~
  作詞:HIROMI 作曲:濱田智之 編曲:南 利一
03. 遠雷(off vocal)
04. 想いの羽根 ~Angelic White~(off vocal)



『今井麻美のSinger Song Gamer Okinawa Stage』

『今井麻美のSinger Song Gamer Okinawa Stage』

発売日:2011年6月15日
価格:3,990円(税込)
製品内容:CD+DVD
発売:エンターブレイン
販売:ポニーキャニオン

・リスナーとともに作り上げた琉球風音楽を収録。
・今井麻美が沖縄をもやもや、ぶらぶらした様子が収録されたDVDを同梱。
・初回生産分には、32ページブックレットを封入。



Xbox360 Ever17 EDテーマ「遠雷」

B004TUCWDU 今井麻美のSinger Song Gamer Okinawa Stage [CD+DVD]

B004UISVUE 今井麻美のSinger Song Gamer Super Bonus Stage

B0042ESY1M PSPソフト「コープスパーティー Book of Shadow」オープニングテーマ「花の咲く場所」【初回限定盤】

B0050LUR0M PSPソフト「コープスパーティー Book of Shadow」オープニングテーマ「花の咲く場所」【通常盤】

B0050LURES

▲ PAGETOP