ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース新年marble第一弾! 『FIZZY POP☆marble』初日ライブレポート

新年marble第一弾! 『FIZZY POP☆marble』初日ライブレポート 2011年2月12日 15:00

2011/01/22 新年marble第一弾! 『FIZZY POP☆marble』初日ライブレポート

アニメ『ひだまりスケッチ』シリーズほか、多数のアニメに彼らならではのオーガニック・ポップサウンドを提供してきた marble。

昨年9月22日に満を持して3rdアルバム『Lingering Fizz(リンガリングフィズ)』をリリースし、ニコニコ生放送でも番組を始めるなど、micco(Vo.&鉄琴)と菊池達也(Gt.&編曲)のほっこり癒しの世界観にファンを増やし続けている二人が、2011年第一弾となるワンマンLIVE『FIZZY POP☆marble』2daysを豪華なバンドメンバーと共に開催した。会場は鶯谷・東京キネマ倶楽部。大正時代のダンスホールを思い浮かばせるアンティークなライブハウスに、200人を超えるファンが集まった。ここではその初日の模様をお届けしよう。


■ LIVE START!

バンドの前奏に合わせ、ヴォーカルのmiccoが飛び込んでくる。一曲目は全英語歌詞の『to the end~永遠に輝く花~』で、ファンは一斉に総立ちとなった。miccoの「FIZZY POP☆marble、始まりました!」の声に大歓声が上がり、一気にオーディエンスがヒートアップしていくのを感じた。


爽やかなメロディラインが心地よい『奏功ドリーム』、前向きにポジティブにさせてくれる『優しい風、君の笑顔』と続き、次いで『宝石』でいったんクールダウン。総立ちだったファンは行儀良く着席してmiccoの美声に耳を傾ける。


■ MCでは爆笑を誘う

「こんばんmarble!」のmiccoの挨拶にオーディエンスも同じ言葉で応え、MC開始。「たまゆらイベント、水樹奈々さんのフルオーケストラライブがあるなか(観客爆笑)、来て下さって」とアニメファン達の笑いを誘った。

『ドゥラリ』、『ゆらり、ふわり、君となら』とmarbleらしい優しくたおやかな2曲の後の『そよ風のゴール』は背中を押されるような応援曲。miccoは舞台を右に左に歩き、上手下手のファンの顔を見て回る。


■ marble分裂!?

ここでバンドメンバーは一端下がって二人のコーナー。「今年になりまして、twitterも分離しまして(笑)*1、分離marbleということで」とmiccoが言えば、菊池達也は「分離した方が仲良くなれるかな」とフォロー。

『silent』は菊池達也のアコースティックギターによる伴奏、『smile』にはmiccoの鉄琴が加わるが、これがまさにオーガニック。miccoの澄み渡るヴォーカルにしばし癒される。


■ 再びバンドコーナーへ

『空中迷路』からバンドメンバー復帰。miccoも鉄琴でセッションに加わる。『芽生えドライブ』はmarbleのデビューシングルであり、「ひだまりスケッチ」のEDでもあることからファンの思い入れも強いのか、再び客席は熱気を帯びた。

『CLAP』では「みんなも参加して下さい〜」とのmiccoの願いに応え、オーディエンスが大きなハンドクラップで盛り上げる。『初恋limitd』はアニメ「初恋限定。」より。極上のポップチューンだ。


■ バンド紹介〜Last

『sweet soda in』大幅にアレンジが加えられ、曲中でバンド紹介が行われる構成となっている。メンバーとmiccoの掛け合いは見事。

miccoの「みんなで振り回しましょう!」の声に『青空loop』ではタオルを頭上で振り回すファン達。『brand new days』はHAPPYなフレーズがとにかくポジティブな気分にさせてくれる。『朝はやってくる、short filmのように。』も人生の応援曲。なんとも元気づけてくれるナンバーだ。次いで『さくらさくら咲く〜あの日君を待つ 空と同じで〜』では大いに盛り上がり、コブシを突き上げ熱唱するファンも見られ、最後の曲となる『Lingerring Fizz』で会場のボルテージは最高潮に達した。miccoは舞台から降り客席に飛び込むという嬉しいサプライズ。通路を縦横に巡り、この会場すべてのファンと触れあう距離まで近づき、マイクを向けられたファンは歌声で応えるという一体感溢れるパフォーマンスに客席は大いに酔いしれた。


■ Encore

このままでは終われない!興奮の坩堝と化した客席からは当然のごとくアンコールを求める声が上がる。その声に応え、marbleの二人とバンドメンバーがライブTシャツに着替えて再登場。アンコール一曲目は『Rainbow』。これはROUND TABLE featuring Ninoのカバーで、ニコニコ生放送でのリクエスト投票に応えたものだ。そしてこれが大トリ、『monopolize』は曲名そのままにこのハコを、集まったオーディエンスの心をmarbleが独占していることは疑う余地が無いほどだった。

歌い終えて最後、miccoの「明日も会いましょう!」の声に多くのファンが手を挙げたことで、二日目のライブの成功は約束されたと見て良いだろう。


【注釈】
*1 marbleの共用アカウント(@marble_livelife)から菊池達也(@marble_tatsuya)が独立し、旧来のものはmiccoが単独でツイートすることとなった。


【セットリスト】

01. to the end〜永遠に輝く花〜
02. 奏功ドリーム (PSP『マリッジロワイヤル〜プリズムストーリー〜』ホワイトルートEDテーマ)
03. 優しい風、君の笑顔
04. 宝石
05. ドゥラリ
06. ゆらり、ふわり、君となら (PSP『マリッジロワイヤル〜プリズムストーリー〜』ゴールドルートEDテーマ)
07. そよ風のゴール
08. silent
09. smile
10. 空中迷路 (TVアニメ『かみちゃまかりん』EDテーマ)
11. 芽生えドライブ (TVアニメ『ひだまりスケッチ』EDテーマ)
12. CLAP
13. 初恋limited (TVアニメ『初恋限定。』EDテーマ)
14. sweet soda in (TVアニメ『初恋限定。』Character File Vol.3セルフカバー曲)
15. 青空loop (TVアニメ『キミキス pure pure』OPテーマ)
16. brand new days
17. 朝はやってくる、short filmのように。
18. さくらさくら咲く〜あの日君を待つ 空と同じで〜 (TVアニメ『ひだまりスケッチ×☆☆☆』EDテーマ)
19. Lingerring Fizz

−EC−
20. Rainbow (ROUND TABLE featuring Ninoカバー曲)
21. monopolize





Lingering Fizz

B003X03CE0 ひだま~ぶる×☆☆☆

B0039QLDD0 さくらさくら咲く~あの日君を待つ 空と同じで~ [Single, Maxi]

B002YLVAXO 空想ジェット! [Original recording]

B002GRX0TS 虹色ハミング

B000ZZFZ50

▲ PAGETOP