ニュースを検索イベントを検索

こえぽた - 声優 ニュース イベント サイト声優ニュース下野紘、緑川光、井上和彦ら豪華声優陣の出演や新作ゲームの発表も!「ぽけっとB's-LOGまつり」レポート

下野紘、緑川光、井上和彦ら豪華声優陣の出演や新作ゲームの発表も!「ぽけっとB's-LOGまつり」レポート 2011年1月24日 17:54


年の瀬も押し迫る2010年12月26日に、各ゲームブランドが垣根を越えて大宮ソニックシティに結集し、「ぽけっとB's-LOGまつり」が行われた。そのイベントの模様(昼の部)をレポートする。


〜「ぽけっとB's-LOGまつり」スタート〜

総合司会とともに、ナビゲーターとしてぽけっとB's-LOGケータイナビキャラクターのアリス役:野島健児とカグヤ役:三浦祥朗が登場、3人の挨拶でイベントがスタートした。


~「キミとWonder★Kiss!」(TXBB/Rejet)~

ナビキャラクターによるかけ合いから「キミとWonder★Kiss!」(TXBB/Rejet)のコーナーがスタート。このコーナーのゲストである、平川大輔(倉敷悠馬役)、立花慎之介(持田怜治役)、杉山紀彰(木野悟志役)の3人が登場すると、会場は歓声に包まれた。各人の挨拶が終わると、作品、及びキャラクターの紹介へ。

それぞれが演じたキャラクターについての話題では、平川が「(最初にもらった資料で)"無意識なエロ。でも、さわやか。ただ、無口でクール"という、難しいキャラクターをなんとか咀嚼して演じた」と言うと、立花が「自分の資料にも"無意識なエロ"と書いてあった。(計算した?)ドジっ子」と発言。さらに杉山が「基本的にほんわか。おっとりして、やさしい感じ。でも、天然エロ」と追い討ちをかける。

これらの発言に、ステージ上では「エロがテーマにあるみたい」「こんなにエロがあって、このワールドは大丈夫なんでしょうか?」といった言葉が飛び交うと、会場が笑いに包まれた。

そして、トークコーナーの後は、ゲストの3人による朗読劇(クリスマスの遊園地「ドリーム・カムズ・トゥルー」にプレイヤーを招いて、3人がもてなすという設定)が演じられ、3人の芝居に会場中から感嘆のため息がもれた。

コーナー終了時の挨拶では、平川が「久しぶりに生で演じて、すごく緊張した」というと客席から「良かったよ」との声がかかる場面も。また、立花が「ゲームだけじゃなく、ドラマCDなどもあるので、興味があったら是非」と挨拶すると、杉山は「みんなが遊んでくれたら、次のメディア展開も...」と続き、客席の笑いを誘う場面もあった。




~「戦国華咲く恋の陣」「ラストソングを君に」(フリュー)~

続いて、「戦国華咲く恋の陣」「ラストソングを君に」(フリュー)のコーナーがスタート。まずは、「戦国華咲く恋の陣」から、森川智之(織田信長役)と下野紘(豊臣秀吉役)の2人が登場。

作品及びキャラクターの紹介が済むと、「ラストソングを君に」から緑川光(遠野理人役)がステージ上に。緑川は登場するやいなや、「待ち時間に眠くなってしまったので、眠気覚ましに」と、客席に「光」コールを要求。すると、ファンを差し置いて、まっ先にコールを入れたのは、なんと森川と下野。会場の笑いを誘うも、緑川は冷静に「いい声だから、ときめいてしまいそうだが、会場からのコールが欲しい」と、改めて会場のファンからのコールを要望。それに応えたファンからの「光」コールに「目が覚めたぜーっ」と返して、会場を盛り上げた。

続けて、緑川が、こちらの作品にも出演している森川(榊宗一郎役)と掛け合いをしながら「ラストソングを君に」の作品紹介を行った。キャラ紹介では、緑川がおもむろにノートの切れ端を取り出し、そこにメモした内容を読み始めると、会場を笑いの渦が。

そして、2作品の紹介が済むと、ゲームコーナーに。「こんなときあの彼は」ということで、あるシチュエーションに立ったとき、自分演じるキャラクターはどのような反応・対応をするか?という内容。

お題としては、「秀吉へのラブレター(秀吉がラブレターをもらったとき、信長・理人・秀吉がそれぞれどのようなコメントをするか?)」「告白のとき(どのような告白をするか)」といったものが出題され、森川が渋いながらもどこかコミカルに演じると、緑川はクールでありながら、ちょっとひねった感じで応じる。それらを受けて、下野がストレートに熱い演技を見せ、「結婚してくれ」という台詞まで飛び出し、コメントごとにファンの悲鳴ともつかない歓声があがる大興奮のコーナーとなった。




~「ラブ彼 ~恋愛偏差値上昇中!~」「王子様(笑)シリーズ」「ハロウィン+タウン」(フロンティアワークス)~

続いては「ラブ彼 ~恋愛偏差値上昇中!~」(フロンティアワークス)の紹介PV上映、寺島拓篤(間宮諒介役)からのボイスメッセージが流される。続けて、現在ドラマCDとして展開中の「王子様(笑)シリーズ」のゲーム化が発表。

シークレットゲストとして、ドラマCD「王子様(笑)シリーズ」で、すべての王子のお付きの者(従者)として出演している竹本英史が「すみません、王子様じゃありません」と謝りながら登場した。「この作品のゲーム化において、出演するかどうかもわからないのに、なぜここにいるんだろう?」と発言するなど、竹本自身このイベントへの出演が非常に不思議な様子で、その姿が会場中の笑いを誘った。

またドラマCDの内容についての話題では、同ドラマCDで共演する小野坂昌也に対し、「役ではなく、本人そのまま」と言及し、会場は笑いに包まれた。

また、竹本本人も出演予定の2011年から配信される新作携帯ゲーム「ハロウィン+タウン」の紹介、キャスト発表が行われた。キャストが発表されるたびに、会場から歓声があがるも、ひととおり発表されたキャラクターのキャストの中に竹本の名前がなく、会場からは不満の声が。それを受けて、満を持して(笑)、発表されたのが、マスコット(?)キャラクターの「カボチャ」。

このキャラクターを竹本が担当するとのことで、発表されるやいなや、会場からは「可愛い」と歓声が。その歓声を聞いて、竹本自身はほっとした様子だった。


~「君とナイショの・・・今日から彼氏」(ウインライト)~

続いては、「君とナイショの・・・今日から彼氏」(ウインライト)の紹介。三木眞一郎(綾瀬川彩人役)、杉田智和(須賀寛貴役)、浪川大輔(結城隆役)の3人からのボイスメッセージが紹介され、新シナリオや新しいドラマCD、そして中村悠一の担当する新キャラクターの話などが飛び出した。そして、ボイスメッセージの後は、新しく発売されるドラマCDの一部が先行で上演されると、会場からは歓声があがった。


~「天下一★戦国LOVERS」(エミック)~

続いて、「天下一★戦国LOVERS」(エミック)のコーナー。この作品からは、織田優成(上杉謙信役)、近藤隆(伊達政宗役)、井上和彦(武田信玄役)の3人が着物姿で登場。会場からは割れんばかりの歓声が。3人が着物姿ということもあり、「グっと大人な時間に...」と振られると、井上が「トイレに行けないんですよ」と言い出し、近藤も「非常に我々、難儀してるんですよ」と続けて、笑いを誘った。

作品、及び各キャラクターの紹介では、織田の「姫(プレイヤー)と武将が深い愛をする恋愛ゲーム」との説明に、「どんな感じに深いんですか?」と質問が。織田が「言えないですよ、ボク恥ずかしくて。みなさん、ご存知と思いますけど」と言い淀むと、「きっとみなさんが頭の中で、『もやもやっ』と感じたものがそれですね」とフォローが入り、会場からは笑いが起きた。

また「このゲームのおすすめポインツは?」との質問に、近藤が「ポインツ(複数形)ですか?一個だけ言おうと思ったのに」と困りながらも「みなさんご存知の戦国武将と激しい恋が出来るところじゃないでしょうか」と言うと、「どのくらい激しいんですか?」とまたもや質問が。それに対し、「いまここで言うと照れちゃうな、という感じ」と答えると、会場からは「きゃーっ」という悲鳴が。それを受けて、「いまの『きゃーっ』といった感じですね」と、先ほどと同様なフォローが入り、会場は笑いに包まれた。

トークのあとは、このイベントのために書き下ろされたシナリオ(合議中の3人が、途中で脱線し、姫(プレイヤー)への愛を競い合うといった内容)での朗読劇が行われ、3人が愛を競い合うシーンでは、会場から大きく歓声があがった。




~「ぽけっとB's-LOG スペシャルコラボコーナー」~

最後は、ゲスト総出演での「ぽけっとB's-LOG スペシャルコラボコーナー」。まずは、観客からのアンケート結果を元にしたコーナー。出演者に対する質問では、「戦国時代にタイムスリップ出来たらしたいですか?」「やっぱりその時代は大変ですか?」「自分のキャラクター以外で今日、気になるキャラクターはいますか?その理由を教えてください」といった内容のものが出題された。 これらの質問に「歴史上の史実が本当だったのか確かめてみたい」という真剣なものから、「(着物姿なので)トイレには行きづらいですね」といったコミカルなものまで、さまざまな回答が飛び出した。

また、キャラクターへのひとことのお願いでは、「就寝前にあま~いおやすみのひとこと」「奉公(バイト)が終わって、すぐに連絡をくれた気遣い+お迎え電話でのひとこと」「クリスマスの夜にひとこと」などのお願いが。こちらのコーナーでは、甘い言葉もさることながら、セリフの最後に「チュ」とキスが入れられ、そのたびに会場から悲鳴があがった。

続く、作品の垣根を越えたコラボ企画「ケータイdeトーク☆」では、事前に「もし、キャラクター同士が携帯で連絡を取り合うとしたら、どのキャラクターとどのキャラクターをみてみたい?」といったアンケートが行われており、その結果を元にしたキャラクター同士のトークが行われた。 最初の組み合わせは、アリス(野島)と木野悟志(杉山)。こちらは、一組目ということもあって、トラブルなどもなく、順調な結果に。

続く、織田信長(森川)と伊達政宗(近藤)では、アドリブ満載で笑いが絶えないものに。トリとなる倉敷悠馬(平川)と武田信玄(井上)の組み合わせでは、落ち着きがありながらも、愛嬌を失わない二人の名演が。どのトークも、そのままドラマCDに出来そうな内容で、会場は大いに盛り上がった。


イベントの最後では、各出演者が挨拶の折りに、会場に向けて投げキッスをするサービス。そのたびに、会場中から歓声があがるなど、最後まで大変な盛り上がりを見せたイベントとなった。こうして、約3時間にわたり、歓声と笑いに包まれたままイベントは幕を閉じた。

(文中敬称略)

キミとWonder★Kiss!ドラマCD ~ようこそ!愛と幻想のワンダーランドへ!~

B003GRMTQ2 ラブ彼~恋愛偏差値上昇中!~キャラクターソング&ドラマCD 永遠の誓い編

B004DY5ZV8 王子様(笑)シリーズ 読み語りCD~君に捧ぐ物語~ 第2集

B004DR0BZ0 王子様(笑)シリーズ ドラマCD第4弾 カエルの王子様(仮)

B004H4XMB4 「キミとナイショの・・・今日から彼氏」ドラマCD

B004A15ADW 天下一★戦国Lovers DS(限定版)(初回限定 未収録ボイスCD"姫に捧げる愛の囁き″ 設定資料集) 特典 家紋トランプ付き

B003YDYZZ6 天下一☆戦国LOVERS -甲斐の雪-

B003BNY216

▲ PAGETOP