1183円 King of the Tenors ミュージック ジャズ・フュージョン スウィングジャズ King of the 倉庫 Tenors 1183円 King of the Tenors ミュージック ジャズ・フュージョン スウィングジャズ ミュージック , ジャズ・フュージョン , スウィングジャズ,www.koepota.jp,of,Tenors,1183円,King,/luxus67926.html,the ミュージック , ジャズ・フュージョン , スウィングジャズ,www.koepota.jp,of,Tenors,1183円,King,/luxus67926.html,the King of the 倉庫 Tenors

大特価!! King of the 倉庫 Tenors

King of the Tenors

1183円

King of the Tenors

商品の説明

Amazonレビュー

It was the critic Leonard Feather who dubbed Ben Webster "the Clark Gable of the tenor saxophone, at once a brute and a hero". The opening two tracks of this 1953 vintage recording proves the point with a breathy, caressing "Tenderly" followed by an up-tempo "Jive At Six" with Webster sinking his teeth into the reed to produce an urgent, gutsy sound. The album couples the first two sessions Webster did for Verve producer Norman Granz, who made sure that the tenor saxophonist had colleagues of an equal stature. On all 11 tracks Webster is backed by the Oscar Peterson Trio plus a drummer and on five of them he is joined by Harry Edison and Benny Carter for some excellent mainstream jazz. The album contains the previously unissued minor key blues "Poutin'" and two takes each of "Bounce Blues" and a gorgeous ballad, "That's All". Webster was a unique player who had complete control of the tenor and was capable of bringing his sound down to a whisper and then allowing it to die away leaving just a vibrating column of air in the instrument. This album demonstrates the artistry of a true giant at peak form. --Steve Voce

King of the Tenors

2009年リリースの再発アナログ盤。オリジナルリリースは'54年。メンバーはBen Webster(ts)、Benny Carter(as)、Harry "Sweets" Edison(tp)、Oscar Peterson(p)、Herb Ellis(g)、Ray Brown(b)、Alvin Stoller(ds)etc. 曲目はSide A1. Tenderly2. Jive At Six3. Don't Get Around Much Anymore4. That's All5. Poutin'Side B1. Bounce Blues2. Pennies From Heaven3. Cotton Tail4. Danny Boy5. Bounce BluesA-5とB-5はオリジナルには収録されていないボーナストラック。以前同内容の高音質再発CDのレビューを書いたときに、そういえばアナログ盤を持っていなかったことに気付いた。VERVE系のオリジナルアナログ盤は値段が高い割にはコンディションの良いものに当たるのは稀なので、買うのはとっくの昔に諦めている。それで見つけたのが本LP。スペインの再発専門レーベル、JAZZ WAXの製作。このレーベルのものは他にも数枚所有しているが、実に良い仕事をしている。ヴィニールは180gの重量盤、輸入盤にありがちなチリプチも少なく、ジャケの再現精度もかなり高い、そして何よりも音質がとても良い。前出CDと聴き比べたが、我が家のオーディオシステムでは、なんと本LPのほうが音が良かった。すべての楽器の音が生々しい上に、レイ・ブラウンのベースのウネリが前面に張り出してくるのが快感。内容も最高である。ベンがVERVE系に残した大量のアルバムの中でベスト5に入る傑作であると思う。A-1,4 B-4のバラードはあくまでも繊細で優しく、A-2、B-3のようなアップテンポは、グロールを交えて、あくまでも荒々しくヴァイタルである。バックのサポートも完璧。その演奏は気力が充実し、自信が漲っていると言っても過言でない。ジャケ写真にもそれが良く出ている。ただし、テナーの代わりにピストルやマシンガンを持っていても違和感がない、ちょっとコワイ写真ですね(笑)。冗談はさておき、本LPはすでに生産は停止していると思われるので、お値段が手頃なうちに興味のあるかたはお早めにどうぞ。なお、このレビューは「KING OF THE TENORS(180GRAM)」 [12 inch Analog] B002H3ETUU に対してのみ書かれたものです。AMAZONの都合により、同じ内容のCD等に転用される可能性がありますが、それらには全く関係ありません。
枯れたバラード吹き?というイメージがあったけど・・・。いまならわかった!きがした。
他で聞いた時、テナーサックスの音にしびれました。演奏のうまさは秀逸です。価格の手ごろで買ってよかったです。
バップ以前の、古き良きサックスが堪能できます。洒脱で、セクシーで、見事に歌うベン・ウェブスターのテナー。非常に丁寧に楽器を鳴らしてるなぁ、と言うのがヒシヒシと伝わって来ます。歌心に懸けたフレージングは、シンプルで説得力がある。ただ、1曲、デジタル的な雑音が入るので(もちろん原盤の雑音でなく、多分CD製造の時のミスだろう)☆3つ。非常に残念。
  • リーラック機材株式会社
  • リーラック機材株式会社
山陽商事 東頂烏龍春茶 80g
ストックする製品アイテム数は4,000種以上。皆様のご要望に最適な製品をご用意しております。
ラックガードシステムをはじめ、環境の変化に対応した新製品の開発にもいち早く着手しています。
4,000種を超える製品展開を活かし、超高層から地下まで、あらゆる活用方法をご提案致します。