Best,/ironsided583645.html,of,www.koepota.jp,ミュージック , ブルース・カントリー , ジャンプミュージック,938円 Best 新作からSALEアイテム等お得な商品満載 of 938円 Best of ミュージック ブルース・カントリー ジャンプミュージック Best 新作からSALEアイテム等お得な商品満載 of 938円 Best of ミュージック ブルース・カントリー ジャンプミュージック Best,/ironsided583645.html,of,www.koepota.jp,ミュージック , ブルース・カントリー , ジャンプミュージック,938円

全商品オープニング価格 Best 新作からSALEアイテム等お得な商品満載 of

Best of

938円

Best of

Best of

モーズアリソン、もう御歳85才なんだそう。アメリカ、ミシシッピ生まれの白人ブルースピアニストというか…ジャズシンガーですね50年代半ばにデビューして以来息の長い活動を続けており知る人ぞ知るといった感じですが、これは…知らなかった自分を恥じるべきなのか、本当に出会えてよかった。素直にそう思えるアーティストに久しぶりに出会えました。このCDは60年代に活動していたアトランティックレーベルのベスト盤。実は50年代のベスト盤(この時期はプレスティッジレーベル)と聴き比べた結果こちらの盤のほうが私にはしっくりきました。とにかくイナタイ音、いかしたブルースジャズです。白人のジャズシンガーというと真っ先にチェットベイカーが思い浮かぶのですが、モーズアリソンの歌い方や声質はそれに近いといえば近いのですがチェットベイカーのような中性的な面が感じられない分、聴きやすくもあり押し付けなく和める空気感を作ってくれるのです。ぜひ耳にしてこの人の個性を感じ取ってみてください。ピアノスタイルは独特です。ピアノ音だけ聴いていると一瞬セロニアスモンクでは?と思ったんですが、やはりその影響下にあるそうで…変拍子が妙に心地良く音数を抑えた演奏もとてもクールです。騒がしい都会でものんびりした田舎でも、夏でも冬でも、夜でも朝でも、酒が入っていてもいなくても…どんなシチュエーションをも和ませてくれるジャズ、オレこんな音を欲していたんだよっ!!あのロックの大御所TheWhoのピートタウンゼントが若かりし頃にモーズアリソンを聴いて「ファッキンホワイトッ!!、マジヒップで激ヤバでクールでファンキーじゃないか!!」と叫んだそうで「YoungManBlues」(この曲はプレスティッジ時代です、ちなみに)をTheWhoでワイルドにカバーしたのは有名なエピソードだそうです…生粋のモッズ野郎をも舞い上がらせたモーズアリソン、いかしてるぜい