8308円 KAWAI WORKS(カワイ製作所) フロント ストラットバー スタンダードタイプ STD-Type SUZUKI エブリイ DA17V/W [SZ0770-FTS-00] 車&バイク カーパーツ 補強パーツ KAWAI WORKS カワイ製作所 人気急上昇 フロント ストラットバー スタンダードタイプ SZ0770-FTS-00 W SUZUKI DA17V STD-Type エブリイ [SZ0770-FTS-00],/ironsided539545.html,STD-Type,車&バイク , カーパーツ , 補強パーツ,8308円,DA17V/W,スタンダードタイプ,SUZUKI,エブリイ,WORKS(カワイ製作所),フロント,KAWAI,www.koepota.jp,ストラットバー KAWAI WORKS カワイ製作所 人気急上昇 フロント ストラットバー スタンダードタイプ SZ0770-FTS-00 W SUZUKI DA17V STD-Type エブリイ [SZ0770-FTS-00],/ironsided539545.html,STD-Type,車&バイク , カーパーツ , 補強パーツ,8308円,DA17V/W,スタンダードタイプ,SUZUKI,エブリイ,WORKS(カワイ製作所),フロント,KAWAI,www.koepota.jp,ストラットバー 8308円 KAWAI WORKS(カワイ製作所) フロント ストラットバー スタンダードタイプ STD-Type SUZUKI エブリイ DA17V/W [SZ0770-FTS-00] 車&バイク カーパーツ 補強パーツ

KAWAI WORKS カワイ製作所 人気急上昇 フロント ストラットバー スタンダードタイプ SZ0770-FTS-00 W SUZUKI DA17V STD-Type 日本限定 エブリイ

KAWAI WORKS(カワイ製作所) フロント ストラットバー スタンダードタイプ STD-Type SUZUKI エブリイ DA17V/W [SZ0770-FTS-00]

8308円

KAWAI WORKS(カワイ製作所) フロント ストラットバー スタンダードタイプ STD-Type SUZUKI エブリイ DA17V/W [SZ0770-FTS-00]

商品の説明

商品の説明

サスペンションのボディ側取り付け部の左右を連結することにより、ボディ剛性を向上させることができます。

サスペンションから大きな入力があった時やコーナーリング時などに生じるボディの捩れや撓みを防止し、サスペンション本来の性能を引き出します。また、アライメント変化も少なくなりますので操縦安定性が向上します。

車両に合わせて様々なタイプの設定と各種オプションパーツの設定をしております。用途に合わせてお選びください。

 

オーヴァルシャフトタイプ(OS-Type)

オーヴァル形状中空パイプを使用し、強剛性とファッショナブル性を両立させたアイテムです。

 

プログレッシヴタイプ(PG-Type)

オーヴァルリブ入特殊シャフトを使用、エンド部をテーパー仕上げによりF1マシンのアーム類によく似た形状に仕上げました。また、シャフト部はバフ仕上げしてあります。

 

スタンダードタイプ(STD-Type)

最も設定車種が多く、ポピュラーなタイプです。特殊合金パイプを使用しています。

 

トライアングルタイプ

ストラット取り付け部の左右を連結するとともに、バルクヘッド部にマウントを追加しトライアングルを形成するタイプです。捩れや撓みに対して大幅に剛性が向上します。

トライアングルタイプとして設定のある車種と、追加オプションパーツとして設定した車種があります。

※取り付けにはバルクヘッド部への穴開けが必要になります。



ご購入の際には下記メーカーホームページより適合する車種、エンジン型式、年式などをご確認ください。

http://www.kawaiworks.com/bodyparts

ご注意(免責)>必ずお読みください

この商品はメーカーより直送で1-3日後の発送になります。 但しメーカー欠品の場合、多少時間がかかる場合があります。(1ヶ月以上かかる場合もあります。) お急ぎの際は納期確認の上、ご購入をお願いします。

KAWAI WORKS(カワイ製作所) フロント ストラットバー スタンダードタイプ STD-Type SUZUKI エブリイ DA17V/W [SZ0770-FTS-00]

リヤと同時に着けたのですが、皆さんが言ってる通りカーブは勿論の事、段差の時とかも良くなりました‼️
⚫ エブリイワゴン DA17W  PZターボに取り付けしました。 この商品は、注文受注生産品  国産です。 取り付け後、製造会社に、色々、電話で質問しました。➀ STDタイプ フロントストラトタワーバー (トリム加工必須) →自分で、無理にトリム加工なさらず、信頼できる整備士さんに、お願いください。② リアモノコックバー  ➂ 室内リアモノコックバー (リアシートベルトのボルトでトモジメ固定します。)  ???? 全て3点取り付けの完了した感想。 (感じる程度の効果など)  ●ノーマルのソフト感は、消えた。レーシーで硬い。●フロントストラト取り付け後は、ハンドリングが、若干であるが、スポーティに機敏に反応。ボディ剛性が上がれば、一般的に、ロール性 (車体のふらつき) が抑えられる反面、一般に言うアンダーステアになり易い特性がありますが、普通に乗るには、気になる事はありません。●装着後、ノーマルサス時 フロント周り、特に、ダッシュボート周りからの細かい振動が、増えました。⚠️ボディ補強材取り付け→足回り(サスペンション)の見直しが必要な点。場合によっては、振動により、ボディ劣化が、進む可能性あり。 ⚫無理に、前部ストラットタワーバーを、2WD 4WDに限らず、入れる必要性は無いと思います。⚫まずは、段階を踏んで、後部下部だけ最初に、装着されても、損は無いと思います。⏺️残念ながら、乗用スポーツタイプのストラトタワーバーや、ロールバーとは違い、車体の剛性も、基(もと)から違いますし、補強した堅固なボディ剛性まで期待できません。 良い点として。 ◎ 軽自動車 商用車 ハコバンの特有の車体のグニャグニャ感は、間違いなく減少します。 制動  ブレーキ時のふらつきは、補強材の取り付けにより、緩和されます。????難点として。 室内モノコックバーの装着により、後部フロアシートの加工。車中泊や、荷物積載には、邪魔なり、少々、フラットにする工夫が必要な点です。????ボディ剛性(ごうせい)が上がれば、振動増える→車体の構造の欠陥。剛性の弱さ。足回りの貧弱性。 ●特に、この部品を、取り付ける事で、わかった点は、車重が、1トン近くもあるエブリイDA17 には、⚠️純正足回り部品の貧弱性が、露呈された点です。→足回り部品の見直し、足回りパーツ交換や矯正(チューニング)すべき点です。

新着マニュアルページ一覧