ホワイト,アウトドア,S2R,1150ルーメン,II,ハンディライト,キャンプ,Baton,屋内,/ironsided343745.html,フラッシュライト,5876円,OLIGHT(オーライト),www.koepota.jp,登山,IPX8防水,作業,防災,充電式,懐中電灯,懐中電灯,ホーム&キッチン , 家電 , 照明 5876円 OLIGHT(オーライト) S2R Baton II 懐中電灯 1150ルーメン 充電式 IPX8防水 ハンディライト 懐中電灯 フラッシュライト 防災 キャンプ 屋内 アウトドア 登山 作業 ホワイト ホーム&キッチン 家電 照明 5876円 OLIGHT(オーライト) S2R Baton II 懐中電灯 1150ルーメン 充電式 IPX8防水 ハンディライト 懐中電灯 フラッシュライト 防災 キャンプ 屋内 アウトドア 登山 作業 ホワイト ホーム&キッチン 家電 照明 OLIGHT オーライト S2R Baton II 懐中電灯 激安挑戦中 1150ルーメン 充電式 IPX8防水 ホワイト 屋内 登山 キャンプ アウトドア 作業 フラッシュライト ハンディライト 防災 OLIGHT オーライト S2R Baton II 懐中電灯 激安挑戦中 1150ルーメン 充電式 IPX8防水 ホワイト 屋内 登山 キャンプ アウトドア 作業 フラッシュライト ハンディライト 防災 ホワイト,アウトドア,S2R,1150ルーメン,II,ハンディライト,キャンプ,Baton,屋内,/ironsided343745.html,フラッシュライト,5876円,OLIGHT(オーライト),www.koepota.jp,登山,IPX8防水,作業,防災,充電式,懐中電灯,懐中電灯,ホーム&キッチン , 家電 , 照明

OLIGHT オーライト S2R Baton II 懐中電灯 激安挑戦中 1150ルーメン 充電式 IPX8防水 ホワイト 屋内 人気の定番 登山 キャンプ アウトドア 作業 フラッシュライト ハンディライト 防災

OLIGHT(オーライト) S2R Baton II 懐中電灯 1150ルーメン 充電式 IPX8防水 ハンディライト 懐中電灯 フラッシュライト 防災 キャンプ 屋内 アウトドア 登山 作業 ホワイト

5876円

OLIGHT(オーライト) S2R Baton II 懐中電灯 1150ルーメン 充電式 IPX8防水 ハンディライト 懐中電灯 フラッシュライト 防災 キャンプ 屋内 アウトドア 登山 作業 ホワイト


商品の説明

S2R Baton II ホワイト

S2R Ⅱ

  • TIRレンズ :TIRレンズと Luminus SST-40 LED の組み合わせこれまでのTIRレンズと比べて外観的にはほぼ同じですが、配光は全く違います。中心光は完全な丸い形となりました。
  • 優れた防水性と落下耐衝撃性!
  • ボディの構造:BATONシリーズはリアキャップを外して電池を出し入れしていましたが、S1R-Ⅱからヘッドユニットとグリップパーツを分割する形のようになっています。
  • スイッチ:スイッチの真ん中にあるインジケーターは緑→黄→赤の順で変化してきます。インジケーターの色によって、電池残量が簡単に分かります。

商品仕様

充電 MCC-1A充電器
レンズ TIR レンズ
素材 アルミニウム合金、(タイプIII)硬質 陽極酸化された
全長 約100mm
直径 約23mm
重量 約98.5g (電池込み)
電池 1 x 3200mAh 3.6V 18650充電池
光の照射強度 4600カンデラ
照射距離 約135 メートル
1

操作について

  • オフ/オン:スイッチを押すとオン/オフします。ライトが点く出力は前回使って記憶された明るさです。(High、Med、Low、Moonlightモードはオフするところで記憶されます。TurboモードをHighモードとして記憶されます。ストロボモードは記憶されません)
  • モードの切り替え:スイッチを押したままでMoon(或いはTurbo)→Low→Med→High→Lowの順で変わってきます。手を離すとモードが選択されます。
  • Moonモード:オフの状態でスイッチを1秒以上押すとMoonモードとなります。
  • Turboモード:素早く2回スイッチを押すとTurboモードとなります。
  • ストロボ:素早くスイッチを3回押すとストロボとなります。スイッチを押すとストロボをキャンセルします。
  • スマートオフ:オンの状態でスイッチを2回押したままで、1回点滅するのは短時間(3分間)タイマーです。2回点滅するのは長時間(9時間)タイマーオフです。タイマーの状態でスイッチを2回押したまますると、長短タイマーを切り替えます。
  • キーロックと解消:オフの状態で、Moonモードが終わるまでスイッチを2秒ぐらい押すと、キーロックとなります。Moonモードになるまでスイッチを1秒ぐらい押すと、キーロックを解消します。
1 1 2 3 4 5
S2R Baton II 白 S2R Baton II 黒 S1R Baton II Baton Pro Baton 3 Seeker 2 Pro
出力 1150ルーメン 1150ルーメン 1000ルーメン 2000ルーメン 1200ルーメン 3200ルーメン
ランタイム 60日 60日 8日 9日 20日 12日
照射距離 135メートル 135メートル 145メートル 132メートル 166メートル 250メートル
充電ケーブル MCC 1A MCC 1A MCC 1A MCC 1A 充電ケース/Type c/MCC1A/MCC3 MCC 1A
防水規格・保証期間 IPX8・5年 IPX8・5年 IPX8・5年 IPX8・5年 IPX8・5年 IPX8・5年
LEDカンデラ 5700 - 6500K 5700 - 6500K 5700 - 6500K 5700 - 6500K 6000 - 7000K 5700 - 6500K
サイズ 10 x 2.3 x 2.3cm 10 x 2.3 x 2.3cm 6.2 x 2.1 x 2.1cm 10.7 x 2.5 x 2.4cm 6.3x2.1x2.1cm 12.8 x 3.5 x 2.8cm
重さ 98.5g 98.5g 51g 107g 53g 198g

OLIGHT(オーライト) S2R Baton II 懐中電灯 1150ルーメン 充電式 IPX8防水 ハンディライト 懐中電灯 フラッシュライト 防災 キャンプ 屋内 アウトドア 登山 作業 ホワイト

S2R Baton II、箱出しの第一印象は18650バッテリー搭載にしてはコンパクト!全長100㎜でEDCや非常用に使いやすいサイズ感です。外観はブラックボディに大き目のローレット、ブルーのクリップでカッコいいですね~UIはOlght製品に共通のようで、お持ちの方はすぐに馴染めます。簡単に言えば、消灯から長押しでモード5、消灯からクリックで前回点灯モードからスタート(モード1は記憶無し、モード2は条件によりモード3に移行)そこから長押しでモードチェンジします、点灯から、もしくは消灯からダブルクリックでモード1に移行します(モード1で点灯→2分後にモード2に移行)点灯から、もしくは消灯からトリプルクリックでストロボモード、点灯に関しては上記を覚えれば良いでしょう!その他にロックアウト機構やタイマー機能がありますサイドスイッチも使いやすい場所にありますボディ底部のマグネットは強力で金属部に固定可能です。光量に関してはモード1はさすがの1150lmですが、発熱の関係もあり2分で減光します、近距離では眩しすぎるので遠距離か非常用と割り切れば良いと思います通常使用であればモード3もしくは4、明るさが欲しいときは2、ここぞの時に1ですかねモード1は電圧低下時は使えませんがw個人的にS2R Baton IIは18650バッテリー使用の小型ライトですのでメインで使用するような性能を狙ったライトでは無いと理解していますその意味では上のクラスに近い瞬間出力をもった小型モデルかと思います!ひとつ残念な所は、電池残量インジケーターの輝度が低く、日中などでの使用で少々見づらいので改善して欲しいです!パッケージの中にポーチ、充電器、ストラップ、スペアクリップと全て入ってますので即使用できますEDC、非常時用またバックアップに最適なモデルですね!
サイドボタンの位置が前部に移動したせいか、感覚的に扱いやすいです。MCCⅡチャージャーで3年前購入したS10RⅡに充電しようとしましたが、できませんでした。内蔵の磁石同士が反発してくっつきませんw逆に、S10RⅡの充電ドックは鉄板なのでポン置きで充電可能でした。純正電池をコンマ数ミリ越えてもアウトなサイズ感です…1/24追記後日もう1セット購入して合計2本で毎日常夜灯として使用中(約三カ月)toolAAは1本残して他家へ。夜の長い今頃だと、6日間で電池交換。結構ほったらかしできます。Olightのサポートはあてにしてないので、Trustfire3400mAhとXTAR3400mAhで廻してます。電池以外で壊れそうな気はしませんね。
サイドスイッチのライトは操作性が良いものが少ないのですがOLIGHTのサイドスイッチモデルはとても良く考えられており使いやすいので好きです。中でもS1R BATONⅡがとても気に入っているのでその18650版となるS2R BATONⅡを買いました。操作方法はS1R BATONⅡと同じでクリックでモードメモリ点灯→長押しで調光LOW(15lm)→MID(120lm)→HIGH(400lm)消灯状態から長押しでMOON(0.5lm)ダブルクリックでTURBO(1150lm)トリプルクリックでSTROBEなのでサイドスイッチオンリーでもとても使いやすいです。特に消灯状態からいきなりMOONとTURBOに飛べるのが良いですね。点灯中はサイドスイッチのインジケータでバッテリーの残量を確認できます。配光はS1R BATONⅡをそのままで広くフラットなスポットに幅広くカバーできる薄い周辺光があり至近距離から中距離までとても使いやすいです。18650になったことによりS1R BATONⅡよりもボディが太くなったためかベゼルが奥まった感じにおり面白いですね。ベゼルもクリップもOLIGHT特有の綺麗なブルーとなっておりカッコいいです。クリップがブルーじゃないほうが良い人のために予備クリップとしてブラックのクリップも入っていて親切です。クリップは相変わらず電池を取り出すときなどヘッドを外そうと回転させるとボディに干渉しますが、まず本体のまま充電できるため心配は要らないでしょう。初めはクリップを浮かせたままヘッドを回転させていましたが、面倒くさくなって自分はそのまま回すようになりました。でもボディのHA3がしっかりしているためかぜんぜん傷が付かないので気にしなくても良いと思います。何よりこのクリップのスタイルがカッコいいのでオッケーですね。
充電が楽なので夜間のウォーキングなどに利用しています。バッテリーが18650ですが、コンパクトで明るくとても使いやすいライトだと思います。試しにMode2(400 lumen)で夜の登山道を歩いてみましたが、なんの問題もなく歩けました。開封後、本体に落としてついたような目立つ傷がついていたのでショップに連絡を入れるとすぐに対応していただけたので良かったです。注意点として社外バッテリーを利用すると、磁石式コネクターが使えないのと、5年保証が使ったその時点で無くなる(問い合わせで確認済み)のでオーライト社以外のバッテリーは、よほどの緊急時以外は使わない方がいいです。

新着マニュアルページ一覧