2240円 雷神 RAIJIN [DVD] DVD 外国映画 アクション [DVD],www.koepota.jp,RAIJIN,雷神,2240円,/ironsided194345.html,DVD , 外国映画 , アクション 2240円 雷神 RAIJIN [DVD] DVD 外国映画 アクション [DVD],www.koepota.jp,RAIJIN,雷神,2240円,/ironsided194345.html,DVD , 外国映画 , アクション 雷神 RAIJIN 日本産 DVD 雷神 RAIJIN 日本産 DVD

雷神 RAIJIN 日本産 送料無料カード決済可能 DVD

雷神 RAIJIN [DVD]

2240円

雷神 RAIJIN [DVD]

商品の説明

内容紹介

正義の稲妻が、悪を切り裂く!セガール・アクション最新作! この衝撃、まさに、ライジング・セガール!
lt;ストーリーgt;メンフィス市警のジェイコブ・キング(スティーヴン・セガール)は、“ライトニング”lt;雷神gt;の異名をとる辣腕刑事。しかし10歳の時、双子の弟が殺害される現場を目撃したジェイコブは、今でも過去の悪夢から逃れることができずにいた・・・。
ジェイコブは、すでに5人もの犠牲者を出した“グリフター”(流れ者)と呼ばれる殺人鬼を追っていた。その犯行現場には、つねに占星術の記号/暗号を書いた紙が残されていた。捜査の監視役としてFBIから送り込まれた捜査官と共に検視官のもとを訪れたジェイコブは、新たな犠牲者にも星座を象徴する記号が刻印されていたことを知る。次の殺人が実行される前に暗号を解読しなければならない-。ジェイコブは手掛かりを求め、図書館に赴いた。そしてようやく解読した暗号が何かの詩であることに気づく。それを司書に聞かせたところ、その詩は「スレット」という地元のバンドが唄っている曲の歌詞に酷似しているというのだ。すぐさま「スレット」のライブ会場を訪れたジェイコブは、ヴォーカルのラザラスこそが“グリフター”であることを察知、追跡を開始した。 逃亡したラザラスを追い詰めるため、全市内に非常線が張りめぐらされる一方、暴力で自白を強要されたと訴え、釈放されたビリー・ジョーが、ジェイコブに復讐を誓っていた。ビリーの標的は、ジェイコブと同棲している女性巡査、セリーヌだった。ジェイコブは、“グリフター”の次なる殺人を食い止め、またビリーの魔の手からセリーヌを守ることが出来るのか―。
lt;映像特典gt;日本版劇場予告編
「スティーブン・セガール スペシャルフィルモグラフィーポスター」を抽選で限定100名様にプレゼント。同封の応募はがきに必要事項を記入の上、応募ください。*尚、機会限定購入者特典応募はがきに関しましては数量に限りがございますので、お早目のご購入をお願いいたします。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

人気アクションスター、スティーヴン・セガールが連続殺人鬼を追跡する刑事に扮したアクション。メンフィス市警の刑事・ジェイコブは、“グリフター”と呼ばれる殺人鬼の追跡を続けるが、犯人は彼を挑発するように謎の暗号を殺人現場に残し…。

雷神 RAIJIN [DVD]

セガール度(傍若無人、無敵、合気、おっぱい、相棒は簡単に死ぬ、他):★★☆☆☆(2点)傍若無人 → いつものセガールよりは気持ち大人しめ。無敵 → 弱い。雑魚相手に苦戦。銃は全然命中せず。こいつほんとにセガールか?合気 → あったようななかったような。おっぱい → カイデー女の着衣おっぱいや司書の女の下着姿はあるも、生乳はなし…なんて思っていたら。相棒は簡単に死ぬ → 相棒は主にデスクワークで現場にいない。死なない。残像やブレを使うアクションシーンのカメラワークが最悪。スタントがアクションしてることはバレバレなんだから、無駄に変な編集するな。ストーリーもわかりにくく(ながら観だからかも)、セガール映画としてはダメダメ。2014年1月27日の午後のロードショーを筋トレしながら視聴後のレビュー。
駄作ですそりゃあ相手は悪人だから往生際が悪けりゃやるしかないでしょうが、だからってこれただの虐待ですよ無駄に長い暴力シーン、ありがちなシナリオ、そして意味不明すぎるラスト、いったい撮影現場で何が起きたんでしょう?セガール降板?セガール怒こ?体調不良??いやでもそれも辻褄合いません、だって脚本総指揮だし。うーん、、わかりません。とりあえず、観たければそのうちテレビでやるの待ちましょ、買うことないです笑!!!ここからネタバレレビュー!!!何故ジェイコブ現場から帰った?なぜ置手紙?そのうちまた連絡するとか意味不。急に家族の元へ何もなかったように戻り夫婦の営みに発展させてエンディングとか納得できるわけないだろ!!笑笑
本作の鬼刑事セガールの乱暴狼藉ぶりは凄い。終盤、連続殺人のサイコキラーに鉄拳制裁を加えるのだが一通りボコボコにした挙句、さらにカナヅチを持ち出してヒザやアバラを容赦なくへし折るのだ。いっそマグナムでひと思いに撃ってくれる分、ダ○ティ○ハリ○が「親切おまわりさん」に見えてしまうレベルだ。
セガールの作品は沈黙シリーズのアクション映画が殆どですが、この映画は、それらとはちょっと趣を異にするアクション映画だと思いました。どちらかと言うと、悪者をとにかく違法性など度外視してやっつけてやるというダイハードをさらに過激にしたような映画でした。しかし、ストリーとしては、それだけでなく、一種のサイコパスによる残虐シーンの映画でもあり、私自身はその方面の趣味はないので、あまり見ていていい気持ちのものではありませんでした。さらに、セガール演じる主人公自信がサイコパスたちをやっつけるやり方が、彼ら以上に過激であり、いくら悪者でも、そこまでしなくてもいいのではなどと思ってしまいました。それと、何故二人もサイコパスがいたのかの必然性がよくわかりませんでした。まあ、全く偶然同時期の別々のサイコパスが二人存在し、それらが独立的に犯罪を繰り返すということがあってはいけないとは思いませんが、彼らに何らかの関係があるのでないと、どちらか一人は無くてもいいというか、どちらか一人が全ての犯行にかかわったとした方が自然ではないかと思いました。なおどうでもいいことかもしれませんが、主人公の持っているピストルはオートマチックのけん銃であると思います。そうであれば、10発も撃ったら、弾を補充しなければい行けないと思うのですが、まるでスターウォーズのレーザー銃のようにいくら売ってもたまげ出てくるようで、少し不自然に感じました。個人的には、セガールのアクション映画としては沈黙シリーズの方が、おもしろいと思いました。

新着マニュアルページ一覧