814円,www.koepota.jp,フォーレ:レクイエム(オリジナル版),ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,/inferrible57614.html フォーレ:レクイエム 賜物 オリジナル版 フォーレ:レクイエム 賜物 オリジナル版 814円,www.koepota.jp,フォーレ:レクイエム(オリジナル版),ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,/inferrible57614.html 814円 フォーレ:レクイエム(オリジナル版) ミュージック クラシック オペラ・声楽 814円 フォーレ:レクイエム(オリジナル版) ミュージック クラシック オペラ・声楽

未使用品 フォーレ:レクイエム 賜物 オリジナル版

フォーレ:レクイエム(オリジナル版)

814円

フォーレ:レクイエム(オリジナル版)

商品の説明

メディア掲載レビューほか

“クラシック銘盤ベスト1200”シリーズ。静謐感が全編を支配するフォーレのレクイエムは、詩情と気品に溢れたフランス宗教音楽の傑作としてあまりにも有名。本作の指揮者ジョン・エリオット・ガーディナーは現行のフル・オーケストラ版ではなくオリジナル版(第2版)を使用、自ら創設したピリオド楽器によるオーケストラとともに、作曲家が当初意図した個々の楽器の個性を生かした美しく清澄な響きを再現している。サン=サーンス、フォーレ、ドビュッシー、ラヴェルの合唱曲を併録。1992年録音。 (C)RS

フォーレ:レクイエム(オリジナル版)

フォーレのレクイエムの魅力は多くの方が認めるところですが、どの演奏を第1に挙げるかは結構難問です、好みの問題ですから。なかなかこれが決定盤だという演奏はないですね。ガーディナーが、手兵のモンテヴェルディ合唱団を使った1992年の演奏は評価しています。過去の名盤と比較して合唱の水準の高さをまず第1にあげられるでしょう。これは現在広く知られているフル・オーケストラ版ではなくネクトゥー/ドラージュによる校訂版(オリジナル第2版)を使用しています。Offertoireでの歌詞割りや、Libera meでのホルンのリズムの違いなど、この曲をよく知っていれば、フル・オケ版との違いは明瞭に理解できます。演奏のオルケストル・レヴォリュショネール・エ・ロマンティークも敬虔な雰囲気を全編にたたえ、主張すべき箇所での楽器の鳴りも良好です。また、フォーレ自身がボーイソプラノを望んでいたこともあって、混声合唱に加えてソルズベリー・カテドラル少年合唱団を用い、少し音色に変化をつけたのも成功でしょう。このアルバムの価値を高めているのは、カップリングの構成自体にあり、合唱音楽好きには貴重なアルバムです。ドビュッシーの「シャルル・ドルレアンによる3つの歌」、ラヴェルの「3つの歌」という名曲が国内盤で入手できるわけですから。輸入盤でも現在その入手が難しいのに、ガーディナー指揮のモンテヴェルディ合唱団の演奏を再び聴くことができるのですから、その価値は大変高いと思います。フォーレの「マドリガル」「魔神たち」、サン=サーンスの珍しい3曲など、盛り沢山な収録はとてもお得感があります。
古楽で有名なガーディナーの好演です。オーケストラの技量も高く、何よりモンテベルディ合唱団の完璧なコーラスが光ります。ソプラノのキャサリンボットはオペラ風の表情豊かな歌い方で好き嫌いがあるかも知れません。そして音が良い。音の粒立ちが良いだけでなくオルガンの重低音が腹に響きます。良い音でフォーレのレクイエムを聴きたい方に是非お薦め。
コルボ盤を長らく愛聴していますが、録音も古くそろそろ違う演奏家のCDが欲しいと思っていた中、エリオット・ガーディナー指揮のものを聴く機会があり、即購入しました。オリジナル版ということで、オケが心配だったのですがオリジナル版を用いた小編成のオケと独唱・合唱とも素晴らしいです。それと、聴く機会が無いドビュッシー・ラヴェル・サン=サーンスの小品もたくさん入っていてしっかりと我が家のライブラリーの一員になりました。
フォーレのレクイエムの中ではガーディナーのこの録音が一番好きです。コルボもクリュイタンスもすばらしいですが、この演奏が一番優しく奏でられているように感じます。とにかく心地いいの一言です!

タグ一覧

最新記事

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。