/inexpertness688923.html,1838円,ミュージック , ジャズ・フュージョン , モダンジャズ,www.koepota.jp,アガルタ 1838円 アガルタ ミュージック ジャズ・フュージョン モダンジャズ /inexpertness688923.html,1838円,ミュージック , ジャズ・フュージョン , モダンジャズ,www.koepota.jp,アガルタ 1838円 アガルタ ミュージック ジャズ・フュージョン モダンジャズ 期間限定特別価格 アガルタ 期間限定特別価格 アガルタ

期間限定特別価格 ついに再販開始 アガルタ

アガルタ

1838円

アガルタ

商品の説明

内容紹介

不滅の名盤・偉大なる音楽遺産を未来へ繋いでいく「レガシー・レコーディング・シリーズ」ジャズ編がスタート。 あなたの人生を変える1枚がここにあるかもしれない。 エレクトリック・マイルスの集大成というべき伝説の大阪コンサート、その午後の部を完全収録。ジャズ、ファンク、ロック、ソウル等全ての音楽エネルギーを凝縮させた、さながら曼陀羅絵図のような超強力アルバム。ピート・コージーとレジー・ルーカスの2ギターが火を噴き、マイルスのエレクトリック・トランペットが吼える。横尾忠則のジャケット・デザインとともに、いまなお様々なジャンルのアーティストを刺激する究極の2枚組!

Blu-spec CD2

Product Description

品番:Blu-specCD2

アガルタ

80年代の復帰後も含め、エレクトリック・マイルスの最高傑作は1975年2月1日大阪フェスティバルホールのコンサートを録音したアガルタと パンゲア の2作だと思う。CD2枚分の熱演を1日2回やるとは驚きだが、昼の部がこのアガルタだ。エレクトリック・マイルスを敬遠する人も是非アガルタとパンゲアに耳を傾ける機会を持って欲しいと思う。70年の ライヴ・イヴル はハイテンションの混沌だったが、アガルタとパンゲアに共通するのは、形容矛盾かもしれないが、整然と進行する集団即興演奏。これほどの高みに達した音楽集団が他にどれほどいるだろうか。メンバーはトランペット、オルガンのマイルス、サックスとフルートのソニー・フォーチュン、エレキ・ギターが2人でピート・コージーとレジー・ルーカス、ベース:マイケル・ヘンダーソン、ドラム:アル・フォスター、パーカッション:エムトゥーメの7人。キーボードなしでギター2人にしたのは正解だ。 アット・フィルモア やライヴ・イヴルのキース・ジャレットのオルガンもギターのような音を出していたのだから。ロックに接近し、それを吸収するためにはやはりエレキ・ギターが鍵。そのエレキ・ギターを使いこなして、音の数も整理して提示された70年代エレクトリック・マイルスの究極の到達点。緩急のメリハリ、そしてエネルギーと瞑想に誘うような美しさを両方兼ね備えた稀有の作品だ。楽器の一音一音をクリアに拾った録音も素晴らしい(2006年DSDマスタリング)。ここまで至ったマイルスが、体調のこともあってこの後引退状態になるのも納得できる。付言すると、横尾忠則氏のアート・ワークも神秘的で素晴らしい。
歴史的最高傑作と言われるビッチェズ・ブリュー、その前後のイン・ア・サイレント・ウェイ、ジャック・ジョンソンなどはいくつかの録音をつなぎ合わせてそれぞれの曲を完成させたと言われているのに対し、これは1975年2月1日の大阪の昼のセッションの一発勝負の録音。ジャズのインプロビゼーションという観点から、70年代マイルスの中ではこのアルバムは特別に優れていると思う。これより以前のダークメイガスやフィルモアイーストでのライブも傑作と言われるが、音楽の自由さ、ぶっ飛び具合が半端なく、ソニーの優れた録音スタッフの技術も手伝って大変な高音質ということもあり、このアガルタが一番だと思う。この録音のあと、同日マイルスの体調が夕方にかけて急に悪化し、椅子に座っていたためステージ上で同じオーラをメンバーに感じさせることができず、パンゲアも同じ水準のものにならなかったのは残念だ。
ライナーのインタビューにもあるが、当時のジャズ・クリティックは電化マイルスに極めて冷淡だった。というより、台頭しつつあったフュージョンの潮流(当時はクロスオーバー・サウンド)を白眼視するあまり、マイルスの先進性を見誤った感が強い。いやむしろ、ジャズの先駆者たるマイルスに「裏切られた」思いが強かったのか。これはボブディランがフォークファンから罵倒されつつ、アコースティックとエレクトリックサウンドとの融合を果たしていった図式にも重なる。今の我々の耳には、あまりに当然で、なぜこの素晴らしいグルーヴが無視されたか、理解に苦しむ。いやむしろ、ここに展開されるインプロヴィゼーションの嵐は、今の音楽ファンにこそふさわしい「鳥肌もの」なのだ。百読は一聴にしかず。特に「ビッチェズ・ブリュー」が好き、という人には是非聴いて欲しい。絶対損はさせない。この素晴らしい音源が、我が国の大阪フェスティヴァルホールで収録されたものだということも、日本のマイルスファンは誇るべきだ。
確かこれは日本側からのオーバーダビング等を施していないライブ盤を是非出したいという意向をMILES側が受け入れて発売されたものだが、聴いて観ると全体の音楽の印象がスカスカでやはりテオの大胆なコラージュ無しではエレクリックMILESの魔術的な味わいは相当薄れてしまうようだ。 編集が入れば大半がカットされるに違いないような延々と続くギターのソロは録音時点での単なる流行もので改めて聴くとスケール練習を聴かされているような平坦なものでしかない。これでは海外の一部でブート扱いされているのも仕方のない内容だ。さらにどう見ても裏面としか思えないジャケットも片手間にデザインされたような代物で実際米国版のものの方がアガルタという題名にふさわしく夢を感じさせるものとなっている。ただこの種のスカスカ音はある意味で聴きやすさに繋がるのでのMILESは意外ととっつき易いと感じて好きになるロックやファンクのファンの方もいるようで、そのような方にはGET UP WITH IT あたりに進んで欲しいと思うが。。

「ローソンプリント」はお近くのローソン店内に設置されたマルチコピー機で魅力的なコンテンツをプリントできるサービスです