4497円 G-Works バルブ型ホースライン(ポーチ含む)Valve Type Hose Line [並行輸入品] スポーツ&アウトドア アウトドア バーベキュー・クッキング用品 G-Works バルブ型ホースライン ポーチ含む Valve Type Hose Line 並行輸入品 日本最大級の品揃え 4497円 G-Works バルブ型ホースライン(ポーチ含む)Valve Type Hose Line [並行輸入品] スポーツ&アウトドア アウトドア バーベキュー・クッキング用品 G-Works,www.koepota.jp,スポーツ&アウトドア , アウトドア , バーベキュー・クッキング用品,4497円,バルブ型ホースライン(ポーチ含む)Valve,Type,/inexpertness101523.html,Hose,[並行輸入品],Line G-Works バルブ型ホースライン ポーチ含む Valve Type Hose Line 並行輸入品 日本最大級の品揃え G-Works,www.koepota.jp,スポーツ&アウトドア , アウトドア , バーベキュー・クッキング用品,4497円,バルブ型ホースライン(ポーチ含む)Valve,Type,/inexpertness101523.html,Hose,[並行輸入品],Line

G-Works バルブ型ホースライン ポーチ含む Valve Type Hose Line 並行輸入品 受注生産品 日本最大級の品揃え

G-Works バルブ型ホースライン(ポーチ含む)Valve Type Hose Line [並行輸入品]

4497円

G-Works バルブ型ホースライン(ポーチ含む)Valve Type Hose Line [並行輸入品]

商品の説明

使い方/注意事項

1.ガス容器の組み立てと使用時には、必ずバルブ開閉状態を確認して、容器を垂直に保持してください。
2.使用中のガス容器が垂直状態でない場合、液状ガスが供給され、不完全な燃焼に接続されて炎が発生することがありますので、注意してください。
3.火口と一定の距離を維持し、容器が高温にさらされないように注意してください。
4.ホースライン接続時には、外力が作用していない自然なたくましく状態でインストールしてください。
5.長期間安全に使用するために保管の際には、直射日光を避け、常温で保存してください。

*注意:本製品は、アウトドア用に屋内テント、車などの内部使用を避けてください。

G-Works バルブ型ホースライン(ポーチ含む)Valve Type Hose Line [並行輸入品]

大事な事なのでしっかり追記しておきましす。実はこのGWorksホースラインとアダプターを古いIwataniのカセットアウトドアストーブに接続して毎朝コーヒーを淹れるのにバラさず接続したままもう八ヶ月以上使い続けています。カセットボンベももう50本以上は交換していますが、何の問題も一切起きていませんね。相変わらずカセットボンベ交換時もOリングのしっかり感は最初の時から全然変わらず、ガス漏れの危険性など全く感じさせません。あまり勧められ無い、ホースも繋ぎっぱなしのままですし、元のボンベ側ホースラインのバルブは本当は閉めておいたほうがいいんですが、開けっ放しでも全くガスの透過はありません。正直なところ、ここまでちゃんとしっかり出来ていて、耐久性が有るとはアダプターレベルの製品で思ってもいませんでした。真面目に頭が下がります。某他メーカーなど数回使用しただけでガス漏れや壊れましたからマトモに比べるレベルにもなりませんでした。これだけ長時間使用して何の問題もなく安心して使えるので最初の僅かな値段差など全く関係無いですね。安全安心で圧倒的にこちらの方が数十倍コスパもいいですね。実際に毎日使い続けてここまで違うとは本当に驚きでした。これからも毎日使い続けていつまで持つかまた追記します。悪かったら悪いとはっきり書きますし書いてきました。自分で体験してみてGworksの回し者でも広告でもありませんがでも本当に良く出来てます。アダプターでも書きましたがこちらにも書いておきますね。知ってる人には釈迦に説法でしょうが一応書いておきます。OD缶やCB缶用途製品にフッ素ゴムホースを使用しているのは多分このGWorksくらいかなと思いますね。フッ素と言うのはフッ素樹脂(テフロン『商標の問題です』フライパンのやつですね)から連想してもらうと分かりやすと思いますが、耐熱性が高いので(フッ素ゴムでも200度は楽に超えます)バーナーやランタンなど火を使う物には当たり前ですが安全性が高いです。(普通の耐熱ゴムは限度を超えると油分が燃えて炭化してしまいぼろぼろになってしまいます)それと気体(ガス)の透過率も普通のゴムに比べるとGWorks使用の物は低いので、その部分でも安全性が高いです。普通ゴムホースには透過率と言うものがあり時間とともにホースからガスが透過(抜けて)してしまいます。(漏れではないですが結果的には同じですね)(風船も時間とともに萎むのも同じです)後一見丈夫そうに見える金属メッシュホース部分ですが、摩擦、摩耗や引っぱり強度にメリットはありますが、普通のゴムホースを使用しているメーカーの製品の場合は逆に熱を溜めるし、中のホースの状態が(熱などで硬化していても)(耐熱と言っても限界を超えると中の油分が燃えて炭化します)解り難いデメリットもあるので、それも考慮するとフッ素ホース使用のこの製品の安全性が高いのが解ります。見た目でも、使用していても、その違いは多分一切解らないし、感じられませんが(他社のホースも使用中)長く使い続ける時の安心感分コストもかかるのかなと思っています。単純なガス用ホースですが、見えない部分でこんな違いがあります。私がこれを使用する理由ですね。(当然ホース部分以外の開閉バルブや機器接続部分の剛性精度Oリングの品質なども含まれていますが、使用して見るとこれらもやはり優れた品質です。)まあ値段が普通(一見同じようにみえる)の製品の倍近くしますから優れていて当たり前ですけどね。危険な高圧ガスを扱うのでその分は、この製品を長い時間安全に使うための安心代と思う事にしてます。でも全く目には見えない部分なのでわかってもらえにくいとは思いますね。でも使用頻度が高いならかなりオススメです。反対に滅多に使用しないなら正直少し高いかな。ただホースの劣化を考えたりすれば、安心安全性の保険代を、高いと思うか妥当と思うかです。私は使用頻度が高い(お勧めしませんが、コーヒー用の湯沸かしで三ヶ月以上バーナーに付けっぱなしで使用中)ので、安心安全を取り、このホースを長さ違いで色々と4本使用中ですが今の所何も問題ありません。Oリングもしっかりしていてボンベを脱着しても劣化は今の所感じられません。まあゴムなので何時かは劣化するとは思いますがまだまだ新品時の時と変わらない感じですね。

「ローソンプリント」はお近くのローソン店内に設置されたマルチコピー機で魅力的なコンテンツをプリントできるサービスです