プライベート ライアン スペシャル 付与 エディション Blu-ray コレクターズ 2022円,www.koepota.jp,/hypothetics575697.html,DVD , 外国映画 , ドラマ,プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション,[Blu-ray] 2022円,www.koepota.jp,/hypothetics575697.html,DVD , 外国映画 , ドラマ,プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション,[Blu-ray] プライベート ライアン スペシャル 付与 エディション Blu-ray コレクターズ 2022円 プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray] DVD 外国映画 ドラマ 2022円 プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray] DVD 外国映画 ドラマ

プライベート ライアン スペシャル 付与 エディション Blu-ray いつでも送料無料 コレクターズ

プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

2022円

プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

商品の説明

内容紹介

パラマウントのブルーレイ人気タイトルが2,980円(税込)にリプライス! ※本リプライス商品は、既発売ブルーレイ商品と同じです。 ※ジャケット写真は予告なく変更となる場合がございますのでご了承ください。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スティーブン・スピルバーグ監督が、戦争の恐ろしさを疑似体験させるようなシーンをリアルに描いた衝撃の戦争ドラマ。戦地に取り残された二等兵・ライアンを戦場から救出するため、ジョン・ミラー大尉は小部隊を編成し、敵陣深く侵入するが…。

プライベート・ライアン スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

とにかくグロ描写がすごい。ストーリーも素晴らしい。というかこれを見たら他のどの戦争映画も生ぬるく感じてしまう。「たった一人のために、ありえないストーリー」というレビューは無視していい。監督がバカでこういうストーリーに仕上がったとでも思っているのだろうか。ちゃんと映画の中でも「俺たちにだって母親はいるのになんでコイツは特別なんだ」って言ってる兵士がいるだろうが。ドキュメンタリーじゃなくて「映画」なんだよ。
戦争とはなぜ起こるのか、兵士は何のために命を落とすのか。4兄弟のうち3人が戦死したライアン家の末っ子を救出するストーリーを軸に、その答えが政治であることを我々に突きつける名作だ。政治が戦争を生むならば、反対に戦局は政治をも左右してしまう。もし兄弟全員が命を落とし遺族が騒げば、世論は一気に反戦へと傾くだろう。そうなっては敗戦へと突き進むし、大統領の座は維持できない。ゆえに序盤に出てくる5人兄弟戦死の話は、大統領直々に手紙を書き遺族の許しを請い、政治的に事態を収めなければならないほどの大失態であったことを意味している。このシーンではタイプライターと格闘している陸軍司令室付き職員の全員が、膨大な戦死遺族への手紙を忙しく淡々と処理している事も心に留めて頂きたい。政治において人の命など紙切れ一枚で片付く軽さなのだ。それは1発の銃弾よりずっと軽い。そんな中ライアン家の問題が発生し、ジョンHミラー大尉に救出作戦が命じられる。たった1人の救出に1小隊が当てられ、助け出せればもちろんの事、全滅でも国民や遺族に伝えるプロパガンダ武勇伝を作るには十分なストーリーと隊員の数というワケだ。そして冒頭に戻ると一人の平凡な老人が映し出される。これがライアンだ。なんの薬も科学も発明せず田舎で歳を取り、ヨレたブルゾンジャケットを羽織り、仕立てておらず丈の合っていない既製品の安いチノパンを履いている。お世辞にも裕福とは言えない。このどこからどう見てもそこら辺の老人が、ミラー大尉の倍まできちんと歳を重ね、子や孫に恵まれ、大尉の眠るフランスへ表敬訪問を果たした。平凡こそが幸せであることを思い知らされ、殴りつけられたような思いになる。とにかく救出は成功し戦争も終結。ミラーを始め多くの隊員を失ったが、その方が政治的には箔が付いて万々歳、というごく少数の人にとってはハッピーエンドを迎えるのだ。そして、チェスの駒として政治のために戦った兵士は、ただ墓前に泣き崩れた。これだけでも十分に壮大なストーリーだが、そこに現実の戦争を織り交ぜて見事に描いている。上陸前に爆撃されているはずの88ミリ砲は無傷で砂浜に雷を落とす。自分の"部品"を探す者、一生懸命に死体の手当を試みる衛兵。その一方で身だしなみを整え、コーヒーを飲みパストラミサンドを食べる上級士官が登場し、政治屋とチェスの駒との違いをまざまざと見せつけられる。とうとうミラーが1杯のコーヒーも飲めないまま命を落とす終盤のシーンが際立つ仕掛けだ。衛生兵が狙われ、伝令がハチの巣にされ、捕虜と人間の尊厳との対峙が描かれ、隊員の規範であり続けたい高校教師のミラーがそこに葛藤し、精神的に参っていく。随所に見られる隊員同士の不謹慎なユーモアや下ネタも実にリアルで、そこで銃を構える誰もが20代や30代前半の若者である事を濃く印象付ける。国に恋人や婚約者がいる者、セックスも遊びもいくらしても足りない者、誰もが平凡な若者なのだ。カットされているシーンは序盤の地雷原やジープ戦くらいなもので、あとは一部の会話や細かいシーンを除きほぼ原作のままに仕上がっている。上下巻1,000ページを超える某ファンタジーが3時間に詰め込まれて映画化されているのに対し、こちらは300強のフィクションを3時間弱で精巧に仕上げている。異例の超大作と言えるだろう。それだけ原作が素晴らしく、スピルバーグ自身が伝えたかった事が詰め込まれているのだ。ライアン家の納屋の下りはラナ・ターナー似の美人だったと思ったが、一部に描写の改変があるのかもしれない。しかし記憶違いだったら申し訳ない。最後に、プライベート・ライアンとはライアン二等兵(正確には下級兵)という意味である。小学2年生の頃に初めて小説を読み、高校に入ってから映画を観て(小生は育ちがいいもんで親に禁止されていた)、それでもいろいろなシーンで意図がよくわからず、ただ凄惨に描かれた感動話程度に思っていたし、プライベートという言葉もライアン家に起こった悲劇から"私的事情"という意味に捉えていた。学生の頃は政治の話だなんて考えていなかったし、読み返す度に新しい発見のある深い作品だ。特に会話の一つ一つ、亡くなる隊員全てに理由がある点が深いと感じた。そして劣ることなく映画化された本作も素晴らしく深みのある作品に思える。
初めて観たときは中学生の時。友人と映画館で観たのを今でも鮮明に覚えております。あまりの衝撃に言葉を失いました。「映画ってこんなに衝撃を受けるものなのか…?」そう思い、子供ながら戦争の悲惨を痛感いたしました。 この映画を観てから私は、第二次世界大戦という歴史的な事件に興味を持ち、多くの文献や映画を観るようになりました。 多くの戦争映画を観てきましたが、未だにこの「プライベートライアン」を超える映画に出会えていません。スピルバーグがまだ元気があり、勢いのある頃の作品なので、脚本、カメラワーク、編集全てにおいて最高の戦争芸術作品であると言えるでしょう。 もう20年前の作品ですが、いまだに衰えることのない第一級品の映画です。          ちなみに、この映画をアクションのコーナーに陳列しているお店の店長は全然映画のことを理解していな人だな〜と勝手に思っています。
なぜか死ぬとき苦しむのはアメリカ兵ばかり。同じ人間なのにドイツ兵はコンピューターゲームのように無機質に殺されてゆく。ヒューマニズムが描かれているのもアメリカ兵ばかりで、ドイツ兵の人間性描写はアメリカ兵の心臓をナイフで奥まで突き刺して残忍に殺すときと、ヒトラーの悪口を言ってアメリカ兵に命乞いするときだけ。アメリカを礼賛し、ノルマンディー上陸作戦が歴史的に正しかったという偏向した作品。スピルバーグ監督はユダヤ人。

故事、ことわざ、慣用句などの意味や出典などを調べることができる辞書サイトです。
五十音、言葉に用いられている漢字などから言葉を探すことができます。

2021年11月時点の収録数は
7321」です。

検索

更新情報

検索メニュー

当サイトについて

当サイトは故事・ことわざ・慣用句の意味や出典、類語などを調べることができる辞典サイトです。
日常生活においても頻繁に使われる言葉や初めて目にするような難しい言葉まで数多くのことわざを収録しています。