715円 ムソルグスキー:展覧会の絵 ミュージック クラシック オペラ・声楽 715円 ムソルグスキー:展覧会の絵 ミュージック クラシック オペラ・声楽 ムソルグスキー:展覧会の絵 割引も実施中 715円,/geogeny58389.html,www.koepota.jp,ムソルグスキー:展覧会の絵,ミュージック , クラシック , オペラ・声楽 ムソルグスキー:展覧会の絵 割引も実施中 715円,/geogeny58389.html,www.koepota.jp,ムソルグスキー:展覧会の絵,ミュージック , クラシック , オペラ・声楽

定番から日本未入荷 ムソルグスキー:展覧会の絵 割引も実施中

ムソルグスキー:展覧会の絵

715円

ムソルグスキー:展覧会の絵

ムソルグスキー:展覧会の絵

クリストフ・フォン・ドホナーニ(Christoph von Dohnanyi 1929-)指揮、クリーヴランド管弦楽団の演奏により、以下の楽曲を収録。1) ムソルグスキー(Modest Mussorgsky 1839-1881)/ラヴェル(Maurice Ravel 1875-1937)編 組曲「展覧会の絵」2) ラヴェル ボレロ3) ラヴェル ラ・ヴァルス4) ラヴェル 道化師の朝の歌1)〜3)は1989年、4)は1991年の録音。この時代のドホナーニとクリーヴランド管弦楽団は、指揮者とオーケストラの個性が見事にマッチした、機能美で押し通したスタイリッシュな名演を数多く残した。しかし、それらの録音には、2013年現在では廃盤になっているものが多く、個人的にはたいへん残念に思っている。しかし、このアルバムの様に、再編集の上廉価発売されたものもあるので、他の名録音たちも、いずれまた次々と陽の目を見るように思う。というのは、そういった数々の録音の内容が素晴らしいからである。本アルバムに収録されている楽曲は、いずれもラヴェルの素晴らしいオーケストレーションを堪能できる。ラヴェルは、「展覧会の絵」の編曲にあたって、がらがら(Rattle)や鞭(Whip)も含めた多様な打楽器を投入した上で、これらを含めた様々な楽器間の音色を組み合わせ、無限とも言える音の彩を編み出した。また、例えばボレロでも、有名なホルン・ピッコロ・チェレスタの3つの楽器をそれぞれ倍音関係のユニゾンで鳴らして、まるでパイプオルガンのような響きを作るなど、微細な手法がとられている。こうしたラヴェルの精緻な仕事は、スコア上の無数とも言える音符が代弁しているわけでだが、これがデジタル時代に入って、いよいよ実際的な効果としてメディアに記録されるようになった。そういった点で、ドホナーニの演奏ほど分かり易いものはない。分離能の高い録音とあいまって、一つ一つの楽器の音色が克明に捉えられ、その距離感も含めて、受音点におえる理想的な音の階層を形作っている。それで、このディスクは、ラヴェルの魔術的なオーケストレーションを、いよいよ鮮明な効果として実感したい、という方には、まさにうってつけの内容となっている。展覧会の絵では、冒頭の金管によるプロムナート主題の提示から特徴が出ている。不必要な音の重なりをさけ、一音一音がいかにクリアに響くかを考慮し、そのために最適なテンポ、距離感を設定して、音楽をロジカルに進めていく。ドホナーニの音響設計に関する見識が、端的に示されている。ドホナーニは、音楽に迫力を求める時であっても、過剰な表情付けは行わない。インテンポで音の強弱の対比を行い、これにともなった論理的な加減速の効果の併用により、結果として導かれる「迫力」が設定される。さらには、輪郭線を緩やかにして情感を出そうともしない。これは美しい弱音の旋律が的確に流れていれば問題ない。そういったメカニカルなアプローチを積み上げた集積として、彫像のように立体的な音楽が立ちあがってくる。ボレロの繰り返しの中で、一変奏ごとに、差し込む光の角度や色が代わるようにくっきりと、ページをめくるように的確に音楽が進められる。だからこそ、明瞭な対比の興味がみたされ、聴き手は音楽に関する悦楽の一つを確かに感じ取ることができる。このボレロは凄い。ラ・ヴァルスと道化師の朝の歌でも、鮮烈にしてクリアの音色で、完璧な音響が構築されている。特に、ラ・ヴァルスの終結部の拡散と収縮の鮮明な勢いは、他では得られない線的な美を表出していて、デジタルならではの音像とあいまって多いに聴き手を感動させるに違いない。
セルの遺産のクリーヴランドはこのCDを聴く限り健在(?) ドホナーニはいつも無難な模範演奏をしますが 気迫がセルと比べると低いです
「展覧会の絵」はロシアっぽい泥臭さが微塵も感じられず、それを求める人には少し物足りないかもしれないが、その分ラヴェルのオーケストレーションの妙を楽しむには優れた作品だと思う。個人的には第4曲目と第12-13曲目が好きです。ラヴェルの曲では「ラ・ヴァルス」と「道化師の朝の歌」が特出していると思う。特に「道化師の朝の歌」はテンポ・キレのよい演奏で映画音楽を連想させる。CMにも使われそうな感じがしてオススメです。
私はクラシック音楽に関しては素人ながらボレロが好きで数十枚集めてきましたが、全体的な評価ではこの演奏が一番良いかもしれないです。良い意味でシンプル、且つ各パートとても広がりのある素晴らしい演奏なので、「ボレロを聴きたいけどどの演奏を買えばいいかわからない」という人にも是非オススメしたい演奏です。

番組