Evoluent バーティカルマウス Cシリーズ ワイヤレス 未使用品 右手用 ゴールド エルゴノミクスデザイン VMCRWG www.koepota.jp,VMCRWG,ワイヤレス,9341円,Cシリーズ,右手用,Evoluent,バーティカルマウス,/fungoidal1918319.html,パソコン・周辺機器 , キーボード・マウス・入力機器 , マウス,エルゴノミクスデザイン,ゴールド 9341円 Evoluent バーティカルマウス Cシリーズ ワイヤレス 右手用 エルゴノミクスデザイン ゴールド VMCRWG パソコン・周辺機器 キーボード・マウス・入力機器 マウス www.koepota.jp,VMCRWG,ワイヤレス,9341円,Cシリーズ,右手用,Evoluent,バーティカルマウス,/fungoidal1918319.html,パソコン・周辺機器 , キーボード・マウス・入力機器 , マウス,エルゴノミクスデザイン,ゴールド 9341円 Evoluent バーティカルマウス Cシリーズ ワイヤレス 右手用 エルゴノミクスデザイン ゴールド VMCRWG パソコン・周辺機器 キーボード・マウス・入力機器 マウス Evoluent バーティカルマウス Cシリーズ ワイヤレス 未使用品 右手用 ゴールド エルゴノミクスデザイン VMCRWG

Evoluent バーティカルマウス Cシリーズ ワイヤレス 未使用品 右手用 ゴールド 最安値 エルゴノミクスデザイン VMCRWG

Evoluent バーティカルマウス Cシリーズ ワイヤレス 右手用 エルゴノミクスデザイン ゴールド VMCRWG

9341円

Evoluent バーティカルマウス Cシリーズ ワイヤレス 右手用 エルゴノミクスデザイン ゴールド VMCRWG

商品の説明

カラー:ゴールド

【商品特性】
◎快適さと健康のために前腕のねじれを回避(手首に負担を掛けない理想的なシェイクハンドグリップ)
◎特許取得済みの形状で前腕のねじれを回避して負担の掛からない直立中立なポジションで手首を快適にサポート
◎医師、人間工学や理学療法士など、多くのユーザーでEvoluent VerticalMouseにより快適性や手首の痛みを緩和することが実感
◎マウス上でポインタースピード(DPI)の調整が可能(光学センサー)
◎マウスの長時間使用による腱鞘炎の予防にも最適
◎多機能 6ボタン (親指側 2ボタン・外側3ボタン・DPI調整 1ボタン)
◎専用ソフトで5ボタン(親指側2個 外側3個)のカスタマイズ可能
◎ミニレシーバー 小さな2.4 GHzの受信機
◎単三電池1個使用 平均利用3-5ヶ月

Evoluent バーティカルマウス Cシリーズ ワイヤレス 右手用 エルゴノミクスデザイン ゴールド VMCRWG

Logicoolのマウスを10年以上使ってきたけど、いい加減古臭い設計思想とか本当にやめてほしいし、特に最近は見た目格好良いものしか作ってないだし、そもそもドライバが年々ダメになっていくので本当に迷惑なメーカーになってしまった。仕方がなく別のメーカーをずっと探してるんだけど、今の所ろくなメーカーがない。Logicoolの猿真似だったり、いろいろ人間の手の構造をわかってないアホな設計が多い。半ばあきらめて、マウスという存在自体がほぼどうしようもないデバイスなんだと思いつつ、手首への負担も馬鹿にならない様になってきてるので、ここ数年はバーティカルマウスばっかり買い漁ってる。そんな中、このEvoluentを買ってみたけど、サイズは問題なし。ドライバは説明書(完全英語)見ても英語がわからんのではなく説明文がよくわからかったので、面倒くさいから公式サイトから落としてきてインストールしてみた。Windows再起動時にキーボードのEnterキーが何故か無反応になり、ログオンできなくなったが、マウスは動くのでクリックしたところ、PIN入力画面が表示され、無事にログオン出来た。SSDへのアクセスランプもいつも以上に激しかったし、このドライバはなんだか作りが怪しい(日本国内でもゆとり世代が台頭してきてるので、多くの企業でも同じことが言えるけど、自分らの環境で動けば問題なし!と思ってるんだろうな。想像力が著しく欠けていると言うか、Windows10もよくわからんアップデート繰り返してるので、ドライバ作る方も大変なんだろうけど、あんまりユーザをなめないでほしいと思う)。無事に再起動を済ませ、コントロールパネルからマウスの設定をみてみたけど該当するも無し。仕方がないのでスタートメニューから「Evoluent Mouse Manager」というアプリを起動。思いの外いろいろカスタマイズできるのが気に入った。特にこのマウスはウィールボタンがなく、専用に中央ボタンが設けられている(つまり左クリック、中央クリック、右クリックの昔ながらのUNIX風3ボタン)ので、古参の3DCG職人とかには向いてるかもしれない。でも最近のマウスに慣れ親しんだゆとりにはウィールボタンがないのは違和感かもしれない(何れにせよ慣れの問題だと思う)。個人的な設定として、左クリックはそのままで、中央ボタンを右クリックにしたかったので、そのとおり設定。中韓の粗悪品によくある設定(選択肢が何故か決め打ちになってて組み合わせパターンがほとんど無いという劣等思想)とは違ってて、人間が理解できるように作られているので助かった。一番右にある本来の右クリックボタンは、Logicool製マウスのような多数ボタンマウス使用時にいつも割り当ててる、Ctrl+Homeを割り当てた。割り当て方法は単純に選択肢の中から「KeyStroke Recording」を選び、表示されたダイアログに対して組み合わせたいキーを直接プッシュして登録するだけ。簡単。あとこれは知らなかったんだけど、これらの設定はプライマリ設定であり、別途セカンダリ設定ができるっぽい。セカンダリ設定と言ってもボタンの割当全部入れ替えて、仕事用、ゲーム用に切り替えられるというわけではなく、セカンダリボタンを押しながら数字キーを押した時の挙動を設定できるだけらしい。これを彼らはセカンダリ設定と呼んでいるわけだな。意味が伝わりにくい。セカンダリ設定用に、ただでさえ5個しか無いボタンを割り当てるのは忍びない。ブラウザでいう「戻る」、「進む」のどちらかを犠牲にしなければならない。なぜこういう設計なのかは生命体として理解に苦しむけど、コーカソイド系のシンプルすぎてむしろ方向性おかしくなってる思想に日本人が合わせられるわけでもないので、もう諦めるしか無い。というわけで、セカンダリは使わないことにした。単純に進むボタンに割り当てた。で、設定とは別に本体できになったところ。ちょっと理解出来ないんだけど、部分敵に鏡面反射処理が施してあるので、天井のライトが写り込んで眩しいわけよ。日本人の黒い瞳でも眩しいと思うんだから、青やグレーの瞳の人はもっと眩しいんじゃないの?とは思う。まぁ彼らは薄暗い部屋でマウス使ってるのはハリウッド映画とかではおなじみだけど、シアトルでの職場は日本と同じくらい明るかったんで、なんでだろ?と思う。本当になんでこんな反射する加工したのかは、日本に住む人間としては到底理解不能。それから本体自体が軽い。こんなに軽かったら思いの外多く移動させてしまう。マウスカーソルを繊細に動かせるように、もっと重くするべきだ。300gは欲しかった。空のペットボトルくらいしか重さがない。これはダメだ。それからどのバーティカルマウスもそうなんだけど、掴んで持ち上げられるような設計にはなっていないので、常に引きずって移動させることにある。作業中、何らかのはずみで一瞬持ち上げたりする人もたくさんいると思うんだけど、完全に山形状なので、つまんでもするりと落ちてしまう。タマヒュンっぽく落ちる。更に表面がサラサラ加工なので、本当につかめない。一番下の部分をつかめば持ち上げられるけど、ちょうどその反対側がボタンなのでクリックしてしまう。ウィールはなかなか良かった。グリグリ回すとカリカリ動く。Logicoolのウィールみたいに失敗作(ウィール止まってるのに勝手に余分にスクロールしたりするゆとりなクソ設計)ではなく、ぴったり止まる。ここは好感持てる。ただし、慣性ついた動きが好きな人は気に入らないかもしれない。ウィールでもう一つ気に入ってるのが、マウスボタンのデザイン似合わせてなく、人間の指に合わせて配置しているところだ。だからぱっと見ウィールが斜めってるようにみえるが、デザインに合わせるとむしろウィールを回転箚せにくくなるわけで、この点はちゃんと考えられてるんだなって思った。あと、2.4TGHz系のUSBレシーバー、デバイス買う毎に増えるのでUSBポートが足りなくなる。LogicoolのUnifyingみたいに1つのレシーバで5個のデバイスが登録できるような規格って必要だろと思う。USBハブ買ってもすぐに足りなくなる。結論としては、良いのか悪いのかよくわからんってこと。値段が高いので、買わなくても良かったとは思うし、でも手首痛くなるのは嫌だし、他のバーティカルマウスはしょぼすぎるし、よくわからんわ、本当に。しばらく使ってみる。■追記結局反射加工が目に与える影響が大きく、作業に師匠が出るため返品した。
形状的には手にフィットする(個人差あると思います)のですが、マウスホイールを回した時に、軋むような音がします。そのため、静音性を求める方にはおすすめできません。あと、このマウスホイールの出来でこの値段はちょっと高すぎると感じました。

介護について知る

目的別に介護サービスを探す