カイケン カベルネ ディスカウント ソーヴィニョン 赤ワイン アルゼンチン 750ml フルボディ 1516円 カイケン・カベルネ・ソーヴィニョン [ 赤ワイン フルボディ アルゼンチン 750ml ] 食品・飲料・お酒 お酒 ワイン カイケン・カベルネ・ソーヴィニョン,食品・飲料・お酒 , お酒 , ワイン,フルボディ,1516円,],/feminine504378.html,www.koepota.jp,750ml,赤ワイン,[,アルゼンチン カイケン・カベルネ・ソーヴィニョン,食品・飲料・お酒 , お酒 , ワイン,フルボディ,1516円,],/feminine504378.html,www.koepota.jp,750ml,赤ワイン,[,アルゼンチン カイケン カベルネ ディスカウント ソーヴィニョン 赤ワイン アルゼンチン 750ml フルボディ 1516円 カイケン・カベルネ・ソーヴィニョン [ 赤ワイン フルボディ アルゼンチン 750ml ] 食品・飲料・お酒 お酒 ワイン

カイケン カベルネ ディスカウント ソーヴィニョン 赤ワイン アルゼンチン 新品未使用正規品 750ml フルボディ

カイケン・カベルネ・ソーヴィニョン [ 赤ワイン フルボディ アルゼンチン 750ml ]

1516円

カイケン・カベルネ・ソーヴィニョン [ 赤ワイン フルボディ アルゼンチン 750ml ]

商品の説明

商品紹介

カイケンとはパタゴニア語で雁の意です。南米のブドウ栽培とワイン造りの技術は今かなり進んでいますが、それを象徴するようなクオリティの高さです。
熟したプラムの甘い香り、スパイシーさとブラックオリーヴのニュアンスがあります。 木の香りが調和していて、ビターチョコレートやバニラのような複雑な香りもあり、味わいは非常に円やか。余韻も長く続くバランスのとれた赤ワインです。
ブドウの種類:カベルネ・ソーヴィニヨン 96%、マルベック 4%


原材料・成分

ブドウ

カイケン・カベルネ・ソーヴィニョン [ 赤ワイン フルボディ アルゼンチン 750ml ]

このところエノテカのワインコーナーで必ず目立つところに置かれているモンテス。モンテスは赤の種類が豊富でそれぞれ特徴がハッキリしていて飲み応えのあるワインが多いです。価格帯も3千円から1万円超えまでと幅がありますがハズレはありません。このカイケンは、エノテカの店でも取扱いが少ないので、アマゾンで買えるのはラッキーだと思います。デイリーワインとしての位置づけで、栓もコルクではなくスクリューキャップ。これはこれで飲み残しを簡単にキャップできるところがデイリーワインとして便利です。味はコクと深みは上価格帯のモンテスには及びませんが、舌の上に残る酸味とかすかな苦みはカベソそのものですし、軽めに感じる分どの料理にも良く合うと思います。アルコール分は14%としっかりあるのでほろ酔い気分で2日間は楽しめます。この価格帯のワインもかなり良いものが出てきました。一つ上のモンテスと飲み比べてみるのも一興だと思います。
ボトルはスクリュータイプなのでデイリーにもちょうどいい。適温に冷やして飲んでいます。カベルネ・ソーヴィニョン種は基本的にハズレはないようです。最初にピリリとした酸味と苦みが感じられ、その後に微かな甘さとフルティーさが広がります。後味に苦みと渋さが残りますが雑味はなく、料理と一緒に飲むのにちょうどいい。飲み進め、温度も上がってくると苦みが消えより飲みやすくなります。喉の奥までフルーティさが広がっていくような余韻が残るようになる(飲み慣れが進む)やや辛口なワインですがそこまで苦みはないので、お肉のほか、チーズ、オードブル系の料理にも合いました。いつもはチリを好んで飲んでいますが、アルゼンチンワインもなかなか美味しいです。普通に飲んでもいいですが、重苦しいワインではないのでカクテル風に飲んでも美味しいです。ワイン+トニック、ワイン+ジンジャーエール(生姜の強くないものを使う)など
キャップはスクリュー。ニューワールドではこの値段帯でも増えていますが、ブショネの危険等々を考えれば、妥当だと思います。フルボディをうたうだけあって色合いもかなり濃い目。注いだ段階で期待できる色合いです。香りは枯れた木質系の香りが前に出ています。熟した香りです。味ははっきりとした濃潤。タンニンもたっぷり、果実味もしっかり、酸もしっかり。口に含むとまず清涼感にも近いスパイシーで引き締まるタンニンがやってきます。それを支えるだけの果実味が広がり、酸できりっと閉める。後口の余韻はタンニンが引いていく感じですが、心地よい渋みです。完全にミディアムボディのワインをミディアムフルボディと言ったりなど、ごまかしに近い表現が氾濫していますが、これははっきりとフルボディと言えるタイプです。フルボディの中では軽く仕上がっていますが、ボディは痩せていません。ものすごくコスパが良い大当たりとまではいきませんが、2000円としては十分飲めるワインと言えます。
毎日、晩酌でワイン飲んでいます。現在は低価格なチリワインです。個性的な味覚ですが、当たり外れが少ない産地ワインと思います。知名度の低いアルゼンチンワインをAmazonで知り、初回は<キルカ>ソーヴィニヨンブランの白を試飲、とても好印象だったので今回は<カイケン>アルゼンチンワインの赤に挑戦してみました。前回の白と今回の赤では、価格差も有り醸造所も違いますが、地理的条件は同じなのでアルゼンチンワインとしての個性は出ているのでは?との思いで試飲しました。この赤ワイン南半球産特有の、フルーティーで香り立ちが良いですね。口に含むと多少酸味を感じますが、渋みと苦みのバランスが良く口当たりは柔らかく僅かな甘み、飲み込んだ後も口の中に余韻が続きます。値段の差ですかね?香りの良さが余韻にも残り、雑味を感じませんでした。香り・余韻とも調和が取れ、価格帯ではチリワインに負けず劣らずの赤ワインでした。

音楽に関することを中心に、音楽理論や作詞・作曲・編曲・DTMのコツ、機材レビュー、楽器上達法などを紹介するブログサイトです。

  • 2021年11月18日

OneOdio『Monitor 60』コスパ良しのハイレゾ・モニターヘッドホン。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はモニターヘッドホン、OneOdioの『Monitor 60』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 装着感が気持ちいい! 特 徴 レコーディングスタジオ向きのモニターヘッドホン。 高解像度の高品質認証を取得。 50mm […]

  • 2021年11月12日
  • 2021年11月13日

エスコ 20x1.2mmx10mベルト・平織(PP製・黒) EA628PT-11

こんにちは。マサツムです。 今回はハモンド・オルガン・ソフト音源、IK Multimediaの『Hammond B-3X』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 音を出すたびにうれしくなる気持ち良さ! 特 徴 ソフト音源で「Hammond B-3」を完 […]

  • 2021年11月5日
  • 2021年11月5日

『Amplitube 5』音色がかなり良くなった!最高峰のアンプシミュレーター。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はアンプシミュレーター、IK Multimediaの『Amplitube 5』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 「Amplitube 4」が改良された、スーパーAmplitube! 特 徴 有名ブランド&アーティス […]

  • 2021年10月29日

DTM音楽用語辞典178「リニアフェイズEQ」とは?

こんにちは。マサツムです。 音を作る時に一番使われるエフェクターはイコライザーです。 キャラ作りやローカットなどのフィルターの代わりや微調整などなど、いろんな用途で使われます。 タイプがたくさんあるEQの特性を知ることは、すごくDTMのミックスに役立ちます。 その中でも今回は、使い方を知るとワンラン […]

  • 2021年10月14日
  • 2021年11月2日

T-RackS『Space Delay』名機のアナログ・テープ・エコーを完全モデリング。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はアナログ・テープ・エコー、IK MultimediaのT-RackS『Space Delay』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 アナログ・テープ・エコーといえば、を完璧に作ってくれた! 特 徴 テープ・エコーの名 […]

  • 2021年10月11日
  • 2021年11月2日

T-RackS『Tape Machine Collection』テープ・マシン・サウンドを知りたい人の必須アイテム。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はテープ・マシン・シミュレーター・バンドル、IK MultimediaのT-RackS 5『Tape Machine Collection』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 好みのビンテージサウンドが見つかる! 特 […]

  • 2021年10月6日
  • 2021年11月2日

『T-RackS Sunset Sound Studio Reverb』ワクワクするレコーディング・シミュレーション・ツール。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はコンボリューション・リバーブ、IK MultimediaのT-RackS 5『TR5 Sunset Sound Studio Reverb』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 名盤を作ってきたSunset Soun […]

  • 2021年9月30日
  • 2021年11月2日

T-RackS 5『TR5 Comprexxor』音がキレイに気持ちよくまとまる、万能コンプレッサー! 使ってみた・使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。 今回はコンプレッサー、IK MultimediaのT-RackS 5『TR5 Comprexxor』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 オールマイティに使えるアナログ・コンプ! 特 徴 ビンテージ・コンプの定番『EMPI […]

  • 2021年9月25日
  • 2021年11月2日

『SampleTank 4』DTMer必須のマルチ総合音源。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はマルチ総合音源ソフト、IK Multimediaの『SampleTank 4』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 一番よく使うマルチ総合音源! 特 徴 膨大な音源が収録されている人気のマルチ音源シリーズ。 ソフト内 […]

  • 2021年9月16日
  • 2021年11月2日

『Lurssen Mastering Console』これは感動もんです。最強のマスタリングツール。使ってみたレビュー。

こんにちは。マサツムです。 今回はマスタリング・ツール、IK Multimediaの『Lurssen Mastering Console』の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました! まずはひとこと。 早くも、これ無しではマスタリングが不安になる! 特 徴 簡単に最高の調整が […]