6993円,ミュージック , ハードロック・ヘヴィーメタル , ヘヴィーメタル,Down,in,Louisiana,www.koepota.jp,/faggery583159.html 6993円 Down in Louisiana ミュージック ハードロック・ヘヴィーメタル ヘヴィーメタル 6993円 Down in Louisiana ミュージック ハードロック・ヘヴィーメタル ヘヴィーメタル 6993円,ミュージック , ハードロック・ヘヴィーメタル , ヘヴィーメタル,Down,in,Louisiana,www.koepota.jp,/faggery583159.html 安売り Down in Louisiana 安売り Down in Louisiana

安売り Down in 初回限定 Louisiana

Down in Louisiana

6993円

Down in Louisiana

商品の説明

Product Description

Landreth is what would happen if you fused Gregg amp; Duane Allman into one person and reared him in a Cajun household. This album was released in the mid 1980s on the tiny Blues Unlimited label.

Down in Louisiana

good!
1987年、John Hiattのバンドメンバーになって世界中のミュージシャンとプロデューサーを振り返らせる少し前だ。Sonny Landreth / Vocals(2.5.7.10),GuitarMel Melton / Vocals(1.3.4.6.8.9), HarmonicasDave Ranson / BassMike Binet / Drums恩師Clifton Chenierのカバーが2曲、Sonny Boy Williamsonのカバーが1曲、Landreth3曲、Melton3曲、共作が1曲。ザディコやケイジャンのようなルイジアナ風味が効いているんだけれども、アコーディオンやフィドルの役目はMeltonのハープとLandrethのギターでやってしまうというのがこのバンドのおもしろいところ。Landrethというより発売当初のSonny Landreth&Bayou Rhythm名義の方がぴったりで、このバンドならではの楽しさがある。ランドレス奏法はもちろん出来上がっているしスライドも本当に素晴らしいのだが、意外にスライドを使わない演奏が多いのでそこが新鮮。ベンディングをあまりしない骨太なリードがかっこいい。あのスライド用の太い弦のままで弾くのかなあ。このアルバムを気に入ったJohn Mayallは『A Sense of Place(1990)』で2曲をカバー、Landrethはレコーディングにも呼ばれた。ちなみにMeltonの本職はシェフ。音楽も続けている。初めての歌詞・対訳付き(新井祟嗣)解説も新しくなりました(陶守正寛)ところでBlu-Spec CDとかいうものですが、聴き比べようとしたら「ほんといい曲だなあ」と思いつつ踊り出すだけという結果に。私には関係ないみたい。
世間的には、皆さん、彼の超絶テクニック(‘ビハインド・ザ・スライド’奏法)に注目、絶賛されているわけですが、彼の楽曲・奏法に対する感触やニーズには、リスナー側も個人差があるようです。長いキャリアからして、各アルバムの発表時期により、音楽性も異なりますので(他の長キャリア・アーティスト達と同様!)、ブっ太い音色&高度のテクニックでロッキンに弾きまくるものを求める方あれば、枯れた繊細な素朴な‘侘び’こそ、彼の音楽の深化であると感じる方 等々。個人的には、メジャー進出前の本作品は、彼のホーム・ミュージックであり、音楽性の礎となっているケージャン・ミュージックの雰囲気が濃厚で、かなり好きです。

『裏切られたので王妃付き侍女にジョブチェンジ!』、他8作品更新!

次回更新は

最近発売のコミックス書籍

前回までの更新

『異世界でも無難に生きたい症候群』、他14作品更新!

『迷宮ブラックカンパニー』、他13作品更新!

2021 12 月号 配信!

『めっちゃ召喚された件 THE COMIC』、他6作品更新!

『魔導の系譜』、他9作品更新!

『侯爵嫡男好色物語 ~異世界ハーレム英雄戦記~』、他11作品更新!