Beriosova,,Farron,,Grant,,Somes,,Ashton,,Sadler's,MacMillan,,www.koepota.jp,Park,,Fifield,,-,/,Fonteyn,,854円,DVD , ステージ , バレエ,Cinderella,Prokofiev,/enchair71142.html,Page, 854円 Prokofiev - Cinderella / Fonteyn, Somes, Ashton, MacMillan, Park, Grant, Farron, Fifield, Page, Beriosova, Sadler's DVD ステージ バレエ Prokofiev - Cinderella Fonteyn Somes Ashton 供え MacMillan Beriosova Farron Page Sadler's Park Grant Fifield Prokofiev - Cinderella Fonteyn Somes Ashton 供え MacMillan Beriosova Farron Page Sadler's Park Grant Fifield 854円 Prokofiev - Cinderella / Fonteyn, Somes, Ashton, MacMillan, Park, Grant, Farron, Fifield, Page, Beriosova, Sadler's DVD ステージ バレエ Beriosova,,Farron,,Grant,,Somes,,Ashton,,Sadler's,MacMillan,,www.koepota.jp,Park,,Fifield,,-,/,Fonteyn,,854円,DVD , ステージ , バレエ,Cinderella,Prokofiev,/enchair71142.html,Page,

Prokofiev - Cinderella Fonteyn Somes Ashton 供え SALE MacMillan Beriosova Farron Page Sadler's Park Grant Fifield

Prokofiev - Cinderella / Fonteyn, Somes, Ashton, MacMillan, Park, Grant, Farron, Fifield, Page, Beriosova, Sadler's

854円

Prokofiev - Cinderella / Fonteyn, Somes, Ashton, MacMillan, Park, Grant, Farron, Fifield, Page, Beriosova, Sadler's

Prokofiev - Cinderella / Fonteyn, Somes, Ashton, MacMillan, Park, Grant, Farron, Fifield, Page, Beriosova, Sadler's

斬新な演出で曲の入れ替えも多く、先入観にとらわれなければ面白いかもしれませんが、スタンダード好きな私には向かなかったです。
リージョンはオール(パッケージに記載有り)ですので、日本の通常のプレーヤーで再生出来ました。サドラーズ・ウェルズ・バレエ(現英国ロイヤル)のアシュトン振付のシンデレラです。最初のクレジットによると、元々はカラー放送だったのですが、白黒でしか保存されていない為に、このDVDも白黒だという事だそうです。その上、特にリマスタリングとかしてないようで、画質は悪いです(これで-☆×2)。昔の映画でも、とても美しくクリアな白黒作品を見てる眼で見ると、その差は大きいです。1957年のTV放送用の映像なので、ライブでは有りません。英語で各幕の最初にナレーションが入ります。本編78分。特殊効果を多用しているようですが、如何せん白黒なので、使用した事は解るのですが、実際どうなってるのか想像するしかないのが残念です。色とかも派手だったのでは?とか思うのですが。 チャプター加工は結構細かくされてます。ACTⅠが8コ、ACTⅡが10コ、ACTⅢが7コ。メニューの場面選択から選べます(画像は無し)。シンデレラはマーゴ・フォンティーン、意地悪シスターズはフレデリック・アシュトンとケネス・マクミラン、王子はマイケル・サムズ?(Michael Somes)。マクミランとアシュトンの継姉がサイコーに笑えます(これが見たくて買ったと言っても過言では無いです。アシュトンは1969年版でも同じ役をされてますね。マクミラン卿のの大きい方の姉は見物!)。衣装とかをカラーで見たかった!

PC向けウェブバージョンでラベル検索可能 リンクは最下部へ

9.26.2014

"定期"更新終了のお知らせ

いつも当ブログをご愛読頂きありがとうございます。本日付けでLos Santos Customs Airportの店長であるJonny Tanakaが、辞令によりロスサントス市内の3店舗を統括するエリアマネージャーに就任することになりました。今まで毎日当ブログの記事を更新してきましたが、配置転換により毎日更新が困難な状況になる為、"定期"更新を終了させて頂きます。明日以降完全に記事の更新を停止するという訳ではなく、今後は"随時"更新で対応をしていこうと考えています。

9.25.2014

customer’s:エレジーRH8

アメリカのスポーツモデルの筆頭は今も昔もコルベットだと思いますが、日本で同じようなポジションにあるモデルと言えばやはり日産・スカイライン/GT-Rでしょう。日本でチューニングカーのベース車両として恐らく最も人気があり、現行のGT-RはホンダのNSX以来久しぶりに日本車でスーパーカーと言えるような雰囲気のあるモデルです。そんなGT-Rに憧れてエレジーRH8を選ぶカーフリークはかなり多いのではないでしょうか。

9.24.2014

trivial matter:Lost仕様

モーターサイクルギャング・The Lost専用といえばまず思い浮かぶのはデーモン。厳密には専用モデルではないのかもしれませんが、サンアンドレアス州で見かけるデーモンはどれもサドルにLostのエンブレムが刻印されています。もう一つの専用モデルはブリート。彼らはドラッグの密売等イリーガルな仕事を請け負うこともある為、輸送などに専用に改造されたブリートを使用しています。

9.23.2014

customized:ジェスター

ディンカのシリアスハイブリットスポーツモデル・ジェスター。ディンカ社はホンダ系のイメージが強いことやジェスターのシルエットがNSXコンセプトモデルに似ていることなどから、それを参考にカスタムするケースが多いのではないでしょうか。アフターパーツにも日本のSuper GT・GT500クラスに参戦しているNSXコンセプトGTをイメージさせるものが多く用意されています。

9.22.2014

Genuine Color:フォード的なSUV

フォードのSUVで最大のモデル・エクスペディションの現行型('07-)のような雰囲気を持つダンドリアリー・ランドストーカー。サンアンドレアス州で展開するメーカーでフォード的なイメージのあるブランドと言えばヴァピッドが筆頭ですが、ダンドリアリーにはフォードがかつて運営していたサブブランド、マーキュリー的なイメージがあったりします。

9.21.2014

customer’s:フト

JDM系ドリフター仕様のフトを送ってくれたのはKZMさん。以前当店のスタッフ連中でそれぞれのカスタムフトを持ち寄って撮影したことがありました。フトのベースになっているAE86は頭文字Dの影響から世界的にもカスタムベースとして人気があるモデルなので、様々な方向性のカスタムに対応し、人によってかなり個性の出るベースモデルです。