ソプラニスタ 安い 激安 プチプラ 高品質 初回限定盤 ソプラニスタ 安い 激安 プチプラ 高品質 初回限定盤 /duke689953.html,ソプラニスタ(初回限定盤),www.koepota.jp,ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,7161円 /duke689953.html,ソプラニスタ(初回限定盤),www.koepota.jp,ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,7161円 7161円 ソプラニスタ(初回限定盤) ミュージック クラシック オペラ・声楽 7161円 ソプラニスタ(初回限定盤) ミュージック クラシック オペラ・声楽

ソプラニスタ 安い 激安 プチプラ 入手困難 高品質 初回限定盤

ソプラニスタ(初回限定盤)

7161円

ソプラニスタ(初回限定盤)

商品の説明

Amazonレビュー

   女性の声域で歌う男性歌手は、存在の本質がそうあらしめるのか、たいがい演劇的な音楽性を持っている。岡本知高もまた例にもれない。そして、彼の場合はその度合いがはなはだしいのである。映画の演技と舞台の演技では、後者の方が何事によらず誇張されたものになるというが、岡本は明らかに舞台俳優のタイプだ。メリハリがはっきりとし、節回しが大振りである。ここぞとなれば押しの一手だ。となれば、彼に合ったレパートリーというものが、ある程度見えてくる。

   この2枚組アルバムの1枚目にあたるクラシック編でいえば、ヘンデルの「私を泣かせてください」のように曲想が豊かなもの、カタラーニの「さようなら、ふるさとの家よ」のようにドラマチックなもの、そしてモーツァルトの「アレルヤ」のように躍動感のあるものが彼には似合う。岡本にはしみじみとなんて歌ってほしくないのである。2枚目のポピュラー編でも、岡本のテンションはまったく落ちない。「翼をください」は、猿之助の「スーパー歌舞伎」にならって「スーパー宝塚」とよびたいような派手派手しい歌いっぷり。音符のひとつひとつにラメが付いているんじゃないかと思うくらいにまぶしい声だ。

   最後に特筆しておきたいのは、黒人霊歌「アメイジング・グレイス」における堂々とした威厳と深い情感をもった名唱。あっさり歌っては間延びするし、こねくり回してはいやらしくなるという難曲を、岡本は自然体で、しかし味わい深く歌いきっている。日本人がこの歌をここまで歌えるというのは、かなりなことではないだろうか。(松本泰樹)

メディア掲載レビューほか

男性でありながら女声ソプラノの音域を持つ、ソプラニスタ(男性ソプラノ)、岡本知高の2枚組デビュー・アルバム。1枚はクラシック楽曲、もう1枚は「少年時代」「さくら」他のポピュラー楽曲を収録。初回分のみボーナス・トラックとして「ホワイト・クリスマス」「アメイジング・グレイス」を特別収録。 (C)RS

ソプラニスタ(初回限定盤)

テレビで見た感動は再現されませんでした
男性でありながら、ソプラノ歌手というその音域の高さにも驚かされますが、なによりも表現豊かな歌い方に感動してしまいました。CDはクラシックとJPOP歌謡曲の2枚組からなっています。クラシックももちろんすばらしい歌声です。特に「アヴェ・マリア」はうまく表現ができませんが、体がメロディを奏でているというイメージです。2枚目は、翼をくださいや少年時代、川の流れのようになど名曲がたくさん含まれていて、これだけでも贅沢な気がしますが、その歌唱力にまた曲が一層盛り上がってすばらしいできになっています。特に2003年のヒット曲「さくら」はソプラノで歌うとこんなにも美しいく、広々とした野原に咲く大木の桜のさわやかな風に揺れるイメージで聴くことができます。初回限定版にはボーナストラックに、ホワイトクリスマスとアメイジング・グレイスが含まれています。これももうすばらしいの一言です。今の季節にもぴったりですし。文句のないとても贅沢なアルバムです。これが岡本知高さんのデビューアルバムとは・・・。今後の活躍が期待できます。
何も知らずに聞いたら、絶対に女性が歌っていると思います。好きな人はものすごく好きになると思いますが、正直、好き嫌いが分かれるCDだと思います。1枚目は、所謂クラシックオペラ。2枚目は、歌謡曲のカバーです。2枚目から入るのが、手っ取り早いかも。僕は好きです。
テレビで特集されていて、いきなりファンになってしまいましたが、CD、、、と言うのは間違いだったかも。歌声はきれいでしたが、女性のようで。テレビで楽しそうに力一杯歌っている男性だったからこその魅力だったのかもしれません。

What's New

地球の歩き方 WEB

編集部や世界各国在住の特派員が、現地の今をお届け。

新刊情報

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について