LIVE,DVD , ミュージック , J-POP,FINAL~(通常盤)(Blu-ray),2019,3888円,/duke281353.html,東京ドーム,欅坂46,at,TOUR,www.koepota.jp,~ARENA LIVE,DVD , ミュージック , J-POP,FINAL~(通常盤)(Blu-ray),2019,3888円,/duke281353.html,東京ドーム,欅坂46,at,TOUR,www.koepota.jp,~ARENA 欅坂46 LIVE at 東京ドーム ~ARENA スピード対応 全国送料無料 FINAL~ TOUR 2019 通常盤 Blu-ray 欅坂46 LIVE at 東京ドーム ~ARENA スピード対応 全国送料無料 FINAL~ TOUR 2019 通常盤 Blu-ray 3888円 欅坂46 LIVE at 東京ドーム ~ARENA TOUR 2019 FINAL~(通常盤)(Blu-ray) DVD ミュージック J-POP 3888円 欅坂46 LIVE at 東京ドーム ~ARENA TOUR 2019 FINAL~(通常盤)(Blu-ray) DVD ミュージック J-POP

欅坂46 売れ筋ランキング LIVE at 東京ドーム ~ARENA スピード対応 全国送料無料 FINAL~ TOUR 2019 通常盤 Blu-ray

欅坂46 LIVE at 東京ドーム ~ARENA TOUR 2019 FINAL~(通常盤)(Blu-ray)

3888円

欅坂46 LIVE at 東京ドーム ~ARENA TOUR 2019 FINAL~(通常盤)(Blu-ray)

商品の説明

内容紹介


内容(「キネマ旬報社」データベースより)

欅坂46が2019年9月18日、19日に行った初の東京ドーム公演の模様を映像化。「ガラスを割れ!」「語るなら未来を…」「世界には愛しかない」「結局、じゃあねしか言えない」「サイレントマジョリティー」「太陽は見上げる人を選ばない」ほかを収録。

欅坂46 LIVE at 東京ドーム ~ARENA TOUR 2019 FINAL~(通常盤)(Blu-ray)

衝撃の発表から一週間も経たない内のリリース。様々な感情を抱いて観賞しました。ちなみに初日のみ参戦した者です。本編127分、中だるみなく、ぶっ通しで見届けました。そうさせたのは、一瞬の表情や仕草をも見逃すまい、という想いだけではありません。熟成を増す一期生の安定感、成長著しい二期生のフレッシュ感、作り込まれた舞台演出、五万人の観客が掲げるサイリウムの統一感。それらが重なり合い、観るものを飽きさせない作品になっています。結果、感じたのはとてつもない喪失感と、期待感のアンビバレンス。背景を知る由もありませんが、何故に運営は彼女を手放す事になってしまったのか。彼女無しのグループの世界観が想像出来ません。逆に言えば、新しい世界観を再構築出来るという事。その為のエッセンスとして二期生の存在感と成長は必要不可欠でしょう。出来れば、なるべく欅独特の世界観は保持して欲しい気持ちもありますが…映像作品としての評価は、今後の期待を込めて星5とします。この作品は墓標でなく道標となるべきもの。彼女達の行く末が明るいものであって欲しい。以下、オマケです。長くなるので興味ない方は無視してください。さとし・・・妙な色気が増している気がする(下ネタではなく)。この時既に留学を決めていたかは分かりませんが、大人としての自覚が増したからなのか。天ちゃん・・・もっと自分を解放していい。殼(ガラス)を割れ!彼女が覚醒すれば、てちをもブチ抜く存在になれると思っている人は多いハズ。そっと見守りたいと思います。いのりちゃん・・・なで肩。て事は置いといて、地味かと思っていたけど不思議な魅力を醸し出してきた。ポストゆいぽんになれそうな気がする。すずもん・・・ゆっかーと並ぶ推しメンの一人。どこにいても探してしまう。見過ごそうたって見過ごせない。てちの相棒感が半端ない。太陽は〜で見せた涙は、達成感の証であって欲しい。幸あらんことを祈ります。てち・・・不協和音で、見る人を石化させる程の眼光を飛ばしたかと思えば、角を曲がるのラストで見せる、憂いと慈愛に満ちた菩薩の様な眼差し。彼女が多くの人を魅了するのが良く解る。色々あったろうけど、とにかくたくさん寝て、食べて、笑って欲しい。お疲れ様でした。2/6追記自分は3年前までアイドルグループ(特に秋元康系)を心の何処かで忌避していました。しかし、ふとしたきっかけで欅を深く知る様になり、かくも見事に掌返しをさせられる羽目になりました。それは彼女達の楽曲への真摯な姿勢、魅力溢れる人間性を知ったからです。ここまで思えたのは欅だけです。欅の楽曲だけが自分に刺さりました。彼女達の不断の努力と表現力に感謝と敬意を表します。アイドルが苦手という方にこそ、是非この作品に触れて欲しいと思います。
LIVEに行ったことは1度も無く、欅坂のドーム公演を収録した今作品をとても楽しみにしていました。しかしながら、予約をして発売を待っている間、皆さんご存知「1.23卒業・脱退・休業発表」。織田奈那、佐藤詩織、鈴本美愉、平手友梨奈の4名は様々な事情で、欅坂を離れるということになりました。正直なところ、どんな気持ちで観ればいいのか、とても複雑な心境でした。そんな流れのまま、今回のLIVE本編+メイキングを鑑賞しました。色んな杞憂がありましたが、率直に感動しました。とても素晴らしい内容だったと感服しました。演出、テンポ、セットリスト、パフォーマンス、会場の熱気・・・いずれも欅坂の歴史の中でも、文句無くナンバー1のLIVEだったと思います。メンバーの皆さんも本当に成長しましたね。本当に感慨深いです。そして今まで特別意識したことは無かったのですが、2期生の方々がこんなにも頼もしいと感じるとは。先輩メンバーに追いつく為に、見えない所で相当な努力をしているのだなと伝わりました。欅坂の精神・魂・想い、それを受け継ごうとする真っ直ぐな気持ちが、観ていてとても清々しかった。1期生+2期生+スタッフ、様々な方々の努力・想いの結実が、今回の集大成的な作品になったのだなと感じました。グループの転換期を迎えている現在、節目として相応しい作品だったのではないかと思います。個人的には、表題曲の中ではそんなに聴く方では無かった「世界には愛しかない」が、一番印象に残りました。特大ビジョンの青空、歩道橋セット、雨傘の振り付けといった様々な演出が素晴らしかったです。そして「不協和音」は語る言葉が見つかりません。会場全体のボルテージ・一体感が凄まじかった。最高と思っていた2019年紅白と甲乙付け難い、気合の篭った最高のパフォーマンスでした。まだ購入を迷っている方、ぜひ買って観てあげてください。そしてメイキングディスク付きをお勧めします。メンバーの解説もあり、本編に劣らず見所が多くて驚きます。 
収録された9月19日のライブ、あの場で観ていましたアリーナツアーも2公演観に行きましたが、個人的な感想としては、やはり平手さんがいるのといないのとでは全然違いました。平手さんを表す言葉を、よくみなさんが使う言葉の中から借りるとするなら【圧倒的存在感】というところでしょうか。あとは何といってもパフォーマンスに【華】があります。ここ1~2年はテレビでは暗い表情が多く、【華】とは正反対に思われるかもしれませんが、パフォーマンスは表現力も存在感もグループの中でも群を抜いていると思います。ダブルアンコールの『角を曲がる』のあと、今までに見たことのない表情を見せつつ数秒間の沈黙がありました。あのとき平手さんの口から「卒業」の言葉が出ることを覚悟しました。あのときはその言葉は出なかったけれど、平手さんの心の中ではあのライブが最後のライブになることを決めていたのだろうと、ライブを観返すことで今は理解できます。鈴本さんもあのライブが最後になることを決めていたんだろうな…と思う表情を何度か見せていました。発売前は、再びあのライブを観れることがただただ楽しみでしたが、発売直前に状況が変わってしまい、全く違う気持ちで観ることになりました。それでも欅坂46の伝説のライブであったことは間違いないと思います。みなさんに観てほしいです。
今作の平手は暗すぎる。セカアイでの雰囲気が今までと違っていて、ショックを受けた。果たして平手亡きあと、どうなるのでしょうか。他の坂道Gと変わらなくなりそう。

What's New

地球の歩き方 WEB

編集部や世界各国在住の特派員が、現地の今をお届け。

新刊情報

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について