1547円 エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイヴ・スポット Vol.1+1 ミュージック ジャズ・フュージョン フリージャズ 贈呈 エリック ドルフィー アット ザ Vol.1+1 ファイヴ スポット 1547円 エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイヴ・スポット Vol.1+1 ミュージック ジャズ・フュージョン フリージャズ www.koepota.jp,1547円,エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイヴ・スポット,ミュージック , ジャズ・フュージョン , フリージャズ,Vol.1+1,/duke1936753.html 贈呈 エリック ドルフィー アット ザ Vol.1+1 ファイヴ スポット www.koepota.jp,1547円,エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイヴ・スポット,ミュージック , ジャズ・フュージョン , フリージャズ,Vol.1+1,/duke1936753.html

贈呈 エリック ドルフィー アット ザ Vol.1+1 ファイヴ スポット 直輸入品激安

エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイヴ・スポット Vol.1+1

1547円

エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイヴ・スポット Vol.1+1

商品の説明

内容紹介

Japanese Version featuring 20bit K2 Mastering and Limited Edition LP Style Slipcase for Initial Pressing Only.

Amazonレビュー

   エリック・ドルフィーはオーソドックスなビッグバンド出身ながら、後年独特の楽想をもったオリジナル曲を引っさげ、ジャズシーンに大きな衝撃を与えるアルトサックス奏者として注目を集めることとなる。その彼の数少ないリーダー作のうち、代表作といわれている名演がこのアルバムに収められている。
   ほんの短い期間しか存在しなかった、トランペットのプッカー・リトル。本作は彼との双頭バンドによる、クラブ「ファイブ・スポット」でのライヴ録音だ。演奏の枠組みはオーソドックスなハードバップスタイルだが、うねるような独特のフレーズで挑発するドルフィーがすばらしい。また、プッカー・リトル、サイドマンのマル・ウオルドロンも最上の演奏を行っており、夭逝の天才といわれたドルフィーの才能を知るに最適の作品だ。(後藤雅洋)


メーカーより

アット・ザ・ファイヴ・スポット Vol.1+1 アット・ザ・ファイヴ・スポット Vol.1(紙ジャケット仕様) アット・ザ・ファイヴ・スポット VOL.1+1 エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイヴ・スポット Vol.1+1
製品仕様 CD CD CD CD
発売日 2016/8/24 2016/5/25 2007/9/19 1999/2/3

エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイヴ・スポット Vol.1+1

先達の方々のレビュー通り、文句のつけようのないアルバムです。求道者ドルフィー畢生の名演です、筆舌に尽くしがたいです。演奏は勿論のことなのですが、異常なほどに録音がクリアであり、生生しいことにも驚かされます。
このアルバムには、2008年に発売されたRVG Remasters、つまりこれをレコーディングしたエンジニア本人によってリマスターされたヴァージョンが存在するが、入手困難だったため、今回この2016年発売の国内盤SHM-CDジャズ百貨店シリーズを購入した。SHM-CDははっきり言ってどうでも良かったが、RVG Remastersのクリアかつ重厚な音を期待して、届いたものを早速聴いてみたところ唖然。この薄っぺらい音はまさかの91年リマスターである。海外で発売された音源に、自称高音質CD、帯、紙ジャケ、不正確な対訳、解説などくだらない特典を付けただけの商品を、頭の悪いブランド志向の消費者に法外な値段で売りつけて儲けている国内メーカーでも、せめてその時の最新の音源で再発する程度の誠実さは持ち合わせていると思っていたが、その期待は日本ユニバーサルによって見事に裏切られた。この商品以外でも、ジャズ百貨店シリーズではRVG Remastersは一切採用されていないようなのでご注意を。(RVG Editionは使われてます)
ドルフィーもすごいが両者もコラボは恐ろしいほどの気迫です。マルのバッキングもお忘れなく。大名盤です。
エリックドルフィーのプレイには、いつも手に汗を握ります。一種破滅的とも言える演奏は、聞き手に緊張を要求しますが、それに値する充実感があるのも確かです。そんな彼のアルバムの中でもこの一枚はなかなかです。やっぱり彼のバスクラリネットは凄い。でも、冷静に彼の演奏を聴くと、実はどんな曲でもお構いなしなのが分かります。テクニックはすごいですが、結果としての表現は同じで、別にどんなメロディーやテーマを選ぼうが、さほど関係ないのです。でも、ニュージャズに踏み込む一歩手前のそのプレイの緊張感は、彼にしか出せないものだと思うので聴いてしまうわけです。本作ではドルフィーは勿論のことブッカー・リトルも奔放なプレイを披露しますが、そんな彼らに手綱をつけているのが、エド・ブラックウェルのドラムスでしょう。吹きまくるドルフィーの後ろで正確にリズムを刻み続ける彼が、私はとても好きです。マル・ウォルドロンのソロも印象的。もう少しでもドルフィーが曲想に配慮してくれていれば、★5つなんですが・・・。でも鬼気迫るライブは、確かに聴く価値十分だと思います。

What's New

地球の歩き方 WEB

編集部や世界各国在住の特派員が、現地の今をお届け。

新刊情報

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について