3858円 ホワッツ・ゴーイング・オン-テイスト ワイト島ライヴ 1970【通常盤Blu-ray/日本語字幕付】 DVD ミュージック ロック 3858円,ワイト島ライヴ,1970【通常盤Blu-ray/日本語字幕付】,ホワッツ・ゴーイング・オン-テイスト,DVD , ミュージック , ロック,www.koepota.jp,/disastrously295201.html ホワッツ [ギフト/プレゼント/ご褒美] ゴーイング オン-テイスト ワイト島ライヴ 通常盤Blu-ray 日本語字幕付 1970 ホワッツ [ギフト/プレゼント/ご褒美] ゴーイング オン-テイスト ワイト島ライヴ 通常盤Blu-ray 日本語字幕付 1970 3858円 ホワッツ・ゴーイング・オン-テイスト ワイト島ライヴ 1970【通常盤Blu-ray/日本語字幕付】 DVD ミュージック ロック 3858円,ワイト島ライヴ,1970【通常盤Blu-ray/日本語字幕付】,ホワッツ・ゴーイング・オン-テイスト,DVD , ミュージック , ロック,www.koepota.jp,/disastrously295201.html

ホワッツ ギフト プレゼント ご褒美 ゴーイング オン-テイスト ワイト島ライヴ 通常盤Blu-ray 最安値挑戦 日本語字幕付 1970

ホワッツ・ゴーイング・オン-テイスト ワイト島ライヴ 1970【通常盤Blu-ray/日本語字幕付】

3858円

ホワッツ・ゴーイング・オン-テイスト ワイト島ライヴ 1970【通常盤Blu-ray/日本語字幕付】

商品の説明

内容紹介

アイルランドが誇るギター・ヒーロー〜ロリー・ギャラガーが世界に羽ばたくきっかけとなった伝説のグループ、テイスト。“クリームの再来”と呼ばれた最強のロック・トリオが1970年8月28日、ワイト島フェスティバルで行ったライヴの全貌が、45年の月日を経て遂に明らかになる!

◉アイルランドが誇るギタリスト、ロリー・ギャラガーが参加していた伝説のグループ“テイスト”の貴重なライヴ映像がついにリリース!
◉ジミ・ヘンドリックス、ザ・フーなども出演し60万人の大観衆が集結した1970年伝説のロックフェス“ワイト島フェスティバル”の映像はロック史に残る歴史上非常に価値のある作品!
◉映像作品『ワイト島1970〜輝かしきロックの残像』では部分映像、ライヴ・アルバム『ワイト島のテイスト』では6曲収録だったが、本最新仕様は全55分、8曲入りの増強ヴァージョン!
◉78分のドキュメンタリーにはロリーを敬愛するミュージシャン、ブライアン・メイ(クイーン)、エッジ(U2)、ラリー・コリエル、ボブ・ゲルドフ、そして監督のマーレイ・ラーナーらの貴重な証言を収録!
◉ボーナス映像には、ドイツTV番組『ビート・クラブ』でのライヴや当時のミュージック・ビデオなど激レア映像を追加収録!
◉日本先行発売、日本語解説書封入、日本語字幕付き(ドキュメンタリー/ライヴMC部分)!

1970年8月26〜30日にイギリスのワイト島で行われたワイト島フェスティバルにはジミ・ヘンドリックス、ザ・フー、フリー、エマーソン・レイクamp;パーマーらが出演、60万人の大観衆が集まったが、そのハイライトのひとつがテイストのライヴだった。

北アイルランドで結成されたテイストは1968年、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われたクリーム解散コンサートのサポートを務めて一躍その名を知られるようになり、アルバム『テイスト』(1968)、『オン・ザ・ボード』(1969)によってイギリス進出を果たす。

ロリーとジョン・ウィルソン(ドラムス)、リチャード・マックラケン(ベース)の方向性の違いで短命に終わったテイストだが、ワイト島フェスティバルでのライヴは解散2ヶ月前の、まさに歴史的ドキュメントだ。

彼らのステージはマーレイ・ラーナー監督が16mmフィルムで撮影、映像作品『ワイト島1970〜輝かしきロックの残像』にその一部が収められている。またライヴ・アルバム『ワイト島のテイスト』には6曲が収録されているが、本作は全55分、8曲のロング・ヴァージョンだ。

バンド内の人間関係は良くなく、ライヴ直前まで口論をしていたが、ステージ上でも火花を散らすバトルが繰り広げられる。それが功を奏してか、「ホワッツ・ゴーイング・オン」から始まるショーはまさに一触即発のスリルを孕むものだ。もちろん、ライヴの主役はロリーのギター・プレイだ。彼のトレードマークである塗装がボロボロに剥げたストラトキャスターで弾きまくるハード・ブルース、白いテレキャスターで弾くスライドに、大観衆が固唾を呑むさまが伝わってくる。

本作の構成は、ライヴamp;ドキュメンタリーからなる本編78分、そのうちライヴ・パートのみを抽出した55分、そして2本のボーナス映像からなっている。ドキュメンタリーにはロリーを敬愛する関係者やミュージシャン達がインタビューに応じている。ロリーの弟でマネージャーだったドナル・ギャラガー、ブライアン・メイ(クイーン)、エッジ(U2)、ラリー・コリエル、ボブ・ゲルドフ、そして監督のマーレイ・ラーナーらの証言は貴重きわまりない。

ボーナス映像として、ドイツのTV番組『ビート・クラブ』でのライヴを収録(1970年2月28日初回放送)。当時放映された「イフ・ザ・デイ・ウォズ・エニィ・ロンガー」「ハプンド・ビフォアー・ハプン・アゲイン」に加えて、未放映だった「朝の太陽」が収録されている。さらにもう一つのボーナス映像として、「アイル・リメンバー」「ホワッツ・ゴーイング・オン」「死神のブルース」のコンセプチュアル・ビデオを収録。当時ならではのストレンジな美学でテイストの音楽を映像化したものだ。

本作の監修はロリーの甥(ドナルの息子)ダニエル・ギャラガーが行っており、自らがミュージシャンでもあるダニエルの愛情と敬意を込めた作品となっている。今年はロリーが亡くなって20周年となるが、本作によって彼の原点だったテイストの凄味が現代に伝えられることになるだろう。

【メンバー】
ロリー・ギャラガー(ギター)
リチャード・マックラケン(ベース)
ジョン・ウィルソン(ドラムス)

【Blu-ray収録内容】
『ザ・コンサート』
1.ホワッツ・ゴーイング・オン
2.シュガー・ママ
3.モーニング・サン
4.ギャンブリング・ブルース
5.シナー・ボーイ
6.セイム・オールド・ストーリー
7.キャットフィッシュ・ブルース
8.アイ・フィール・ソー・グッド
《1970年8月28日 イギリス/ワイト島フェスティバル収録》
収録時間:約55分
画面サイズ:4:3
音声仕様:リニアPCMステレオ

『ホワッツ・ゴーイング・オン』
ライヴ&ドキュメンタリー
収録時間:約77分
画面サイズ:16:9
音声仕様:リニアPCMステレオ/DTS HDマスターオーディオ

-ボーナス映像-
『ザ・ビート・クラブ・セッションズ』
1.イフ・ザ・デイ・ウォズ・エニィ・ロンガー
2.ハプンド・ビフォアー・ハプン・アゲイン
3.朝の太陽
収録時間:約16分
画面サイズ:4:3
音声仕様:モノラル

『ミュージック・ビデオ』
1.アイル・リメンバー
2.ホワッツ・ゴーイング・オン
3.死神のブルース
収録時間:約7分
画面サイズ:4:3
音声仕様:モノラル

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

アイルランドが誇るギタリスト、ロリー・ギャラガーが参加していた伝説のグループ“TASTE"のライブamp;ドキュメンタリーBD。1970年に行われ60万人が集結したロックフェスでのライブの全貌が45年の月日を経て明らかになる。日本語解説書を封入。

ホワッツ・ゴーイング・オン-テイスト ワイト島ライヴ 1970【通常盤Blu-ray/日本語字幕付】

最高????⤴⤴です❗ やはりこのバンドはライブがイイですね。今はもう見る事が出来ないロリーの姿がとても眩しいです。
素晴らしい内容でした。ライブパフォーマンスも素晴らしく、様々な方々のインタビュー内容も大変楽しめました。特に、ブライアン・メイ@クィーンがロリーにインスパイアされて彼の機材セッティング(VOX AC30+ブースター)に至ったのは発見でした。
若い頃、ローリー・ギャラガーのライヴ・アルバムに魅せられてテイストのアルバムまで遡って、中でも一番の愛聴盤が生で観れて甦る感動!あとは、FEEL SO GOODが観れればパーフェクトだったんだけどなぁ・・・。この曲だけ、うまく撮れて無かったのかね。でも、聴けなかったバージョンも追加されて、最高の編集ですね。永遠の存在。弟さんの、さらなる発掘リリース期待してます。
ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
地域差・ランキング
グルメ
実録!ご近所トラブル

新着記事

Jタウン研究所

地元の話題

Jタウンチャンネル

Sponsored contents 共同通信PRワイヤー

PAGETOP