1268円 BIG FUN ミュージック ジャズ・フュージョン モダンジャズ BIG,www.koepota.jp,ミュージック , ジャズ・フュージョン , モダンジャズ,/cordaitaceous677606.html,FUN,1268円 BIG,www.koepota.jp,ミュージック , ジャズ・フュージョン , モダンジャズ,/cordaitaceous677606.html,FUN,1268円 BIG 商店 FUN BIG 商店 FUN 1268円 BIG FUN ミュージック ジャズ・フュージョン モダンジャズ

5☆好評 BIG 商店 FUN

BIG FUN

1268円

BIG FUN

商品の説明

Amazonレビュー

These sessions, mostly recorded in 1969 and 1970, extend the jazz-rock experiment Miles Davis first brought to fruition in Bitches Brew in August 1969. Gone are the Broadway standards of the mid 50s, the modal jazz of the late 50s and the free-bop of the 60s, replaced by protracted vamps on slender themes and simple bass riffs. Looking for his slice of the rock cake, Davis had adopted the sounds of contemporary pop, adding sitar and exotic percussion to his line-up and putting increased emphasis on electric instruments. Temperamentally speaking, these long, moody pieces aren't that far from the melancholy haze of his 1960 Sketches Of Spain"span", but they develop mostly by small variations in texture and take a long while coming to the point. The 1969-70 band was still full of jazz talent though, and along the way there are good solos from Chick Corea and Steve Grossman. --Mark Gilbert

BIG FUN

"Great Expectations""Lonely Fire"が◎。リマスター→良好
一般的にジャズファンからは寄せ集めだの、一曲が長すぎるだのの評価しかないが、フラットに聴くとマイルス盤アンビエントあるいはチルアウトと言えるんじゃないでしょうか。とにかく気持ちいいんですよ、これ。特に若い人には素直に受け入れられるんじゃないでしょうか。オリジナルより4曲増えたのも聞き流すにはうってつけだし。マイルスのアルバムで聞き流せるのはそんなに無いので、そういう意味でも貴重な一枚。今こそ評価されるアルバムと思う。しかし、マイルスはなんでもしてるなぁ。。。
1980年代中頃に買って1回聴いてつまんないとほっといたアルバムを聴き直してみた。マイルスが1974年に出したアルバムだ。当時としては新譜のように扱われていたみたいだが現実は過去の音源の寄せ集め。1969、1970、1972年の作品が収められている。ちょうど「ビッチェズ・ブリュー」から「オン・ザ・コーナー」の時期だ。いやあ年月も経つと音楽がわかるようになったか、これは素晴らしいという感想です。今までにない新たな音楽の創造が聞こえてくるではないですか。今頃ですが今聴いても色あせないポップミュージックが詰まったアルバムだと思いました。
この時期のマイルスは、実験的で商業主義から離れていて、だから、ある意味マイルスの本質が出ているのかもしれない。聞き流せていて、解らない。「イナサイレントウェイ」くらいが、私の楽しめる領域かと。

注目スレッド

ページの先頭へ戻る