www.koepota.jp,1628円,DVD , 外国映画 , ドラマ,/columniform689237.html,[Blu-ray],皇帝ペンギン 皇帝ペンギン Blu-ray アウトレット 皇帝ペンギン Blu-ray アウトレット 1628円 皇帝ペンギン [Blu-ray] DVD 外国映画 ドラマ www.koepota.jp,1628円,DVD , 外国映画 , ドラマ,/columniform689237.html,[Blu-ray],皇帝ペンギン 1628円 皇帝ペンギン [Blu-ray] DVD 外国映画 ドラマ

買収 皇帝ペンギン Blu-ray アウトレット

皇帝ペンギン [Blu-ray]

1628円

皇帝ペンギン [Blu-ray]

商品の説明

内容紹介

3億5000年万年前の氷で覆われた南極大陸。マイナス40℃。
時速250kmのブリザードの中、120日間絶食して子供を育てる、皇帝ペンギンの物語。

16:9(ビスタサイズ)1080p High Difinition/カラー 本編:86分 2層ディスク
4)) 1.フランス語 ドルビーTrueHD(5.1ch)2.フランス語 リニアPCM(5.1ch)3.日本語吹替 リニアPCM(5.1ch)4.ミュージック リニアPCM(5.1ch)
2)) 1.日本語字幕2.日本語吹替用字幕

極寒の南極に生きる皇帝ペンギンの生態をドラマチックに捉えたドキュメンタリー。父親、母親、そして生まれてきた子供たちそれぞれの心の声をナレーションで挿入するなど、動物ドキュメンタリーとしては踏み込んだ演出を織り交ぜつつ、過酷な大自然の中で生存していくための驚くべき行動の数々、そしてふと見せるユーモラスな仕草やヒナたちの愛らしい姿などが感動的に綴られていく。
冬が訪れようとしている南極大陸。海で平穏に暮らしていた皇帝ペンギンたちは、彼らの生誕の地で営巣地でもあるオアモック(氷丘のオアシス)へ向け、100キロもの距離を行進のごとく歩み始めた。そしてカメラは、目的地に辿り着き無事産卵したペンギンの夫婦たちそれぞれのやりとりを、つぶさに映し出していく。やがて、産卵を終えた母ペンギンは卵を父ペンギンに託し、エサを求めて再び海へと旅立つ。一方、父ペンギンは仲間同士で寄り添って温め合い、マイナス40度の寒さと激しいブリザードに晒されながら120日間も絶食状態で卵を守り、エサを待ち続ける…。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

リュック・ジャケ監督が、極寒の南極で生きる皇帝ペンギンたちを追ったドキュメンタリー。愛らしい子ペンギンは無心で親を求め、親は無償の愛で子を慈しむ。過酷な自然環境の中で、彼らが困難を乗り越えながら親から子へと命を繋いでいく姿を描く。

皇帝ペンギン [Blu-ray]

久しぶりに再視聴しました、不思議な生物だと思います。極寒でも凍らず長期絶食に耐える体の組成。されど冬眠はしない。孵化率が低いのに生む卵が一個だけなら、歩ける状態まで母親の腹の中の方が合理的では?変化する氷山で地形も変わり、地磁気もあてにならない場所で道に迷わず、数百の仲間の中から自分の家族を見つけ出す。わざわざ陸地上に集まり産卵するのは、かつて南極は温暖だった名残りなのでは。
息をのむ映像が次から次へと。ある日申し合わせたようにペンギンたちが列を成して子育ての場所を目指す姿は、神秘そのものである。氷上ではヨチヨチとしか歩けない彼らも、水中では人(鳥?)が変わったように素早く有能なスイマーに。カップルになった二匹が愛を語り合う(ように見える?)シーン、少ないオスをメスが取り合うシーン、大切なたった一つの卵を大事に交代で持ち歩くシーン、仲間と寄り添って寒さをしのぐシーン、ヒナが親を追いかけるシーン。擬人化した視線に異論ある人もいるでしょうが、彼らのかわいらしさに身悶え、彼らの人生(鳥生?)に想いを馳せ、とても満足できる内容でした。さすがフランス、一歩先を行っているようです。
種を繋ぐ、ただそれだけのために生きる皇帝ペンギン。極寒の地、何ヶ月もかけて生まれ故郷オアモックを目指し、ペアを見つけ、そしてまた極限の寒さに耐えながら、オスは卵を温めヒナが孵るのを待ち、メスはヒナに与える食糧を目指して旅に出る…どうして移動しやすいように翼や足がもっと進化しなかったのか、とか、わざわざ海から離れた場所まで何ヶ月もかけて旅しなければならないのか、とか、色々考えたりもしましたが、そういうことの全てが自然の摂理なんだと思いました。太陽と月によって導かれ、列になって一途に歩くペンギンの大行列は壮観でした。そして極寒で生まれた、小さく美しい生命に、命の尊さを感じました。「生きる」という意味を改めて教えられたような、とても意義のある作品でした。子ども達にぜひ観せたいと思います。
コウテイペンギンの生態をうまくストーリーにできてて面白いです。あと、音楽も良いですね。可愛いだけじゃない、過酷な環境で生きる美しさと、たくましさが、映像に詰め込まれています。
中毒医療の発展と中毒事故・事件の防止に貢献することを目的としています

MENU

日本中毒学会TOP

第43回日本中毒学会総会・学術集会

会長:山崎 健太郎 (山形大学医学部 法医学講座)
会期:2021年10月15日(金)~16日(土)
会場:山形テルサ (アプローズ 大ホール) 
   現地での開催を断念し、誌上開催として実施することに決定いたしました。
   2021年10月31 (金) 17:00をもちまして、発表データの公開を終了いたしました。
   沢山の閲覧、ありがとうございました。
URL:第43回日本中毒学会総会・学術集会HP 

次期学術集会
第44回日本中毒学会総会・学術集会

会長:宮内 雅人(高知大学医学部 災害・救急医療学講座)
会期:2022年 (令和4年) 7月15日(金) ~ 16日(土) 予定
会場:高知県民文化ホール 予定

Copyright © 一般社団法人 日本中毒学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.