711円 The Avant ミュージック ジャズ・フュージョン ビバップ The,711円,www.koepota.jp,/brabble1940082.html,Avant,ミュージック , ジャズ・フュージョン , ビバップ The,711円,www.koepota.jp,/brabble1940082.html,Avant,ミュージック , ジャズ・フュージョン , ビバップ The Avant 今ダケ送料無料 711円 The Avant ミュージック ジャズ・フュージョン ビバップ The Avant 今ダケ送料無料

直輸入品激安 The Avant 今ダケ送料無料

The Avant

711円

The Avant

商品の説明

Amazonレビュー

Recorded in 1960, but released in 1966, this CD features tenor saxophonist John Coltrane performing with trumpeter Don Cherry, bassist Charlie Haden, and drummer Ed Blackwell--three-fourths of Ornette Coleman's trailblazing quartet. It's a historic musical fork in the road where Trane's "sheets of sound" improvisational style meets Coleman's angular, blues-based conception that he later called harmolodics. The band members perform like blood brothers on Cherry's frenetic "Cherryco." And on Coleman's snaky midtempo number, "The Blessing," Coltrane unveiled his distinct soprano sax for the first time on wax. On "Focus on Sanity," "The Invisible," and Thelonius Monk's witty blues "Bemsha Swing," Coltrane and Cherry are joined by Percy Heath of the Modern Jazz Quartet, who replaces Haden. The importance of this recording cannot be overstated, as it illuminates that the seemingly parallel tracks on which Coltrane and Coleman created music actually crossed paths fruitfully. --Eugene Holley Jr.

The Avant

1960年6月28日に1・3を録音、1960年7月8日に2・4・5を録音。このアルバムはコルトレーンが前衛ジャズに挑戦した最初の作品である。コルトレーンは1960年3月にマイルスのコンボとしてスウェーデンで演奏し、これを最後にコンボを退団する。退団してすぐに録音したのが本作である。つまりコルトレーンがマイルスと別れてでも始めたかったジャズが本作『アバンギャルド』なのだ。50年代の最後に表れたオーネット・コールマンとドン・チェリーのコンビの造り出すジャズにいかにコルトレーンがしびれていたかが分かる。この後、エリック・ドルフィーとの演奏を加えた中、64年にはアーチー・シェップ、65年にはファラオ・サンダースといったジャズ前衛派とセッションを試みて行くわけだが、全ての始まりはこのドン・チェリーとの60年のこのアルバムにあったのだ。時にブルース、時に身近な曲(『マイ・フェイバリット・シングス!は同じ60年10月である』)と自らの求める音を探すコルトレーンの求道のコレクティブ・インプロビゼーションは1967年7月17日のその死の日まで続く。考えてみると7年間という短い時間をコルトレーンは自らの命の炎を燃やしながら走り続けたのである。このアルバムはそういう意味でも命の炎に火がついた最初の作品なのである。
録音直後の発表は見送られて、6年後に陽の目を見た Don Cherry との共演。Ornette Coleman に範を置く企画です。後に Dolphy との共演で異なる方向の成果を示す足掛かりとなる試行。もし、再共演が実現出来たなら…どの様な演奏を繰り広げたのかを想像したくなる演奏です。
昔、このアルバムを「コルトレーンの失敗作」と書かれた本を読みました。なにやら、「コルトれーンは、ドン・チェリーに負けまくっている」からだそうです。その評論は、悪くない見方かと思います。でも、このアルバムは元々ドン・チェリーのリーダーアルバムなので、チェリーに分があるのは仕方ない。それよりも、このアルバムのコルトレーンは、シーツ・オブ・サウンドを忘れて、別のなにかに挑戦しているかのようです。酷評のため、これまで聞いていなかったアルバムですが、聞いてみて割と気に入っています。いつもと違うコルトレーンが面白く、こういうのもあるんですね。多分、名盤とは言われないアルバムかもしれませんが、一度は聞くと良いかもしれません。
このアナログ盤はやたらと音がいい。カーボンレスのピュアvinylの効果か、贅肉をすべて削ぎ落としたかのようにタイトなホーンの音色とドラムの弾力感、ベースの小低音の音程がはっきりわかるほどの静けさ、どの音をとっても超一級品。演奏はやや前衛的だが暴走する程ではなく、バンドとしての一体感が感じられる。優秀な録音なので大音量でも聴き疲れることはない。シリアルNo.493/500は盤の外周が欠けていてノイズを伴う大きな傷もあった。当然返却し、代わりに入手したシリアルNo.56/500はまったく異常がなかった。

コンクール
CONCOURS

各コンクールの結果&上位入賞者の動画を公開中

インタビュー
INTERVIEW

日本を代表するダンス業界人にインタビュー

ムービー
MOVIE

公演予告・教室案内などのダンス動画を掲載

ニュース & コラム
NEWS & COLUMN

最新のダンス情報、コラムはこちらから

SERVICE

株式会社ビデオ 事業紹介

株式会社ビデオは舞台撮影からパッケージ制作
までの全てを高い品質でお届けします。

舞台撮影から
パッケージ制作

おさらい会から発表会、公演、コンクールまで、内容・規模に関わらず撮影からパッケージ化まで承ります。撮影・編集内容等お客様のご要望に合わせた料金プランをご提案します。

プロモーション
ビデオ等の
映像制作

お客さまがお持ちの動画素材や撮影した映像を使い、プロモーション映像や公演予告など、様々な場面で使える良質な映像を制作します。

写真撮影
(オプションプラン)

舞台写真をはじめ、ポーズ写真、記念写真、プログラム用顔写真まで、幅広いシチュエーションの写真撮影に対応しております。

ホームページ
制作

撮影をご依頼されたお客様に限り低価格でホームページ制作を承ります。新しくホームページを持ちたい方やリニューアルを考えている方はご相談ください。