Anker PowerCore II 6700 6700mAh コンパクト モバイルバッテリー PowerIQ搭載 Wheel iPhone ホワイト Android対応 PSE認証済 LED 正規激安 1819円 Anker PowerCore II 6700 (6700mAh コンパクト モバイルバッテリー) 【PSE認証済 / PowerIQ搭載 / LED Wheel】iPhone Android対応 (ホワイト) 家電&カメラ 携帯電話・スマートフォン 携帯電話・スマートフォンアクセサリ Anker PowerCore II 6700 6700mAh コンパクト モバイルバッテリー PowerIQ搭載 Wheel iPhone ホワイト Android対応 PSE認証済 LED 正規激安 Anker,Android対応,www.koepota.jp,II,6700,/,LED,PowerCore,(ホワイト),モバイルバッテリー),家電&カメラ , 携帯電話・スマートフォン , 携帯電話・スマートフォンアクセサリ,/,PowerIQ搭載,コンパクト,/ametabolous248964.html,1819円,【PSE認証済,(6700mAh,Wheel】iPhone Anker,Android対応,www.koepota.jp,II,6700,/,LED,PowerCore,(ホワイト),モバイルバッテリー),家電&カメラ , 携帯電話・スマートフォン , 携帯電話・スマートフォンアクセサリ,/,PowerIQ搭載,コンパクト,/ametabolous248964.html,1819円,【PSE認証済,(6700mAh,Wheel】iPhone 1819円 Anker PowerCore II 6700 (6700mAh コンパクト モバイルバッテリー) 【PSE認証済 / PowerIQ搭載 / LED Wheel】iPhone Android対応 (ホワイト) 家電&カメラ 携帯電話・スマートフォン 携帯電話・スマートフォンアクセサリ

Anker PowerCore II 6700 6700mAh コンパクト モバイルバッテリー PowerIQ搭載 Wheel iPhone ホワイト Android対応 PSE認証済 LED まとめ買い特価 正規激安

Anker PowerCore II 6700 (6700mAh コンパクト モバイルバッテリー) 【PSE認証済 / PowerIQ搭載 / LED Wheel】iPhone Android対応 (ホワイト)

1819円

Anker PowerCore II 6700 (6700mAh コンパクト モバイルバッテリー) 【PSE認証済 / PowerIQ搭載 / LED Wheel】iPhone Android対応 (ホワイト)


商品の説明

コンパクトで大容量
iPhone 8 / 7を2回以上フル充電可能な大容量バッテリーを搭載しているにもかかわらず、単一電池よりも軽く、非常にコンパクト。どこへでも気軽に持ち運べます。

スマートな充電を
Anker独自技術であるPowerIQテクノロジーにより、接続された機器を自動的に検知し、フルスピード充電を可能にします。従来の充電速度の遅い充電器との違いを体験してください。

機能性を兼ね備えたデザイン
なめらかかつモダンなデザインはお使いのカバンやオフィスのデスクにマッチします。またLEDボタンを押せば、バッテリー残量を確認できます。

手のひらフィット
コンパクトなデザインで、ストライプメッシュ加工により滑りにくくなっております。


主な製品仕様
重量:約128g
サイズ:約96 x 43 x 23mm


ご注意:
本製品はQualcomm Quick ChargeやPower Delivery、PowerIQ2.0には対応しておりません。
製品を正常に充電するために5V/2A以上出力できる充電器をご用意ください。

Anker PowerCore II 6700 (6700mAh コンパクト モバイルバッテリー) 【PSE認証済 / PowerIQ搭載 / LED Wheel】iPhone Android対応 (ホワイト)

容量の大きいモバイルバッテリーを探していたのですが、とても大きく、重たいという事をレビューから知り、考えた末に普段使いにも使える小さめのモバイルバッテリーに行き着きました。以前は10400mAHを使っていたのですが、主に旅行用で使っていました。とても外出用には重たくて持てないので、今回は普段使い用に購入。今回、Ankerの製品で色々と揃えましたので、併せて購入しました。Ankerは信頼の出来るブランドですね。
非常用にカバンに入れて持ち歩いています。以前は10000mAhクラスのものを持ち歩いていましたが、ちょっとかさばるのでこれに取り替えています。価格と充電容量だけで見ると、10000mAh以上のクラスのものよりも割高ですが、個人的には重さやサイズ感的にもほぼ気にならないギリギリの大きさです。プラスチックの外装は半艶消しに見えますが、実際は細い筋が一面に入っています。ちょっと見ると無印っぽく、高級感こそありませんが、安っぽさもありません。手持ちのipadmini4、ExperiaXZともに充電も問題ありません。大きさ ★★★★重さ ★★★★★無印良品感 ★★★★
iphone8充電用に買いました。これまではAnker Power core fusion 5000を使ってましたが、少し重く、持ち歩くのが億劫でした。(そして意外とACアダプタ機能が生かせない生活環境でした。)その代用として買いましたが、非常にコンパクトで大当たりでした!fusion5000の2/3程度の重さ、大きさで毎日持ち歩いています。表面はメッシュ加工が施されており、サラサラで良い質感です。高級感も溢れます。このメッシュ加工が凄く、コンクリの地面に落としてもほとんど傷が付きませんでした。androidスマホは3000mah越えの容量持ちが多いですが、iphoneは2000mah程度が基本です。iphone用としては6700で必要十分と感じています。容量不足を感じた事はありません。Android用でも十分なんじゃないかな?出力容量は4000mAh程と思われます。iphoneはフルで2回、iphone plusや、Androidは1,5回程度のフル充電でしょうか。最高のモバイルバッテリーだと思います。2020/7/19追記購入から1年以上経過し、現在は手放してしまいました。私は生活環境の変化から使わなくなって手放してしまいましたが、製品としてはとても良いと思っています。モバイルバッテリー業界はAmazonでは、サクラレビューが多すぎます。無名メーカで上位に出てくる製品はすべてサクラレビューによるものです。モバイルバッテリーでサクラレビューが皆無なのは、AnkerとCheeroくらいです。かなり有名な部類のRavpowerですらサクラレビューまみれです。(そしてサクラレビューに紛れて、容量詐欺や重量詐欺が横行しすぎています。)モバイルバッテリーはAnker1択だと思っています。そもそも、本来大手メーカの製品というのは高いはずなのですが、モバイルバッテリー業界では最大手のAnkerがなぜかかなり安い部類の製品ばかりです。そのためAnker以外の選択肢はありません。私は今モバイルバッテリーを使わなくなってしまいましたが、買うのであればAnkerのもの以外は絶対に買いません。
このモバイルバッテリーを購入する前までは、同じAnkerの「Astro E4」を持ち歩いていました。自分の使用環境では、「Astro E4」の13000mAhの容量を持て余していたのと、もっとコンパクトなモバイルバッテリーが欲しいということで、同じAnkerの「PowerCore 5000」と迷った末に両方購入してみました。普段メインで使用している端末は、「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」の最大容量が100%の状態のiPhonne XS Maxです。iPhone XS Maxのバッテリー容量はAppleからは正式に公表はされていないようなのですが、「iFixit」の分解画像を見ると3174mAhのようです。※iPhone XS Maxのバッテリー(左)https://jp.ifixit.com/Guide/Image/meta/redirect/original/TGqfCxLN2sLc1T4Pこの容量のバッテリーを、自分の環境ではフル充電1回と、2回目の充電は最高で18%まで充電出来ました。計算してみると、「PowerCore Ⅱ 6700」で実際に使えた容量は「3745mAh」でした。何度か計測しましたが、2回目の充電に関しては16%~18%といったところです。誤差が大きくあまり参考にはなりませんが、簡易チェッカーでの計測では、「PowerCore Ⅱ 6700」で実際に使えた容量は「3951mAh」と出ました。iPhone XS Maxのバッテリーを使い切り、電源が落ちた状態から充電を開始して100%になるまでの充電時間は2時間16分でした。「PowerCore Ⅱ 6700」を使い切った状態からフル充電になるまでに掛かった時間は、自分の環境では3時間48分でした。自分の場合は、コンセントのある場所に24時間以上辿り着けないということはまずないので、自分の使い方であれば十分な性能で満足しています。同時期に購入した「PowerCore 5000」と比較すると、「PowerCore Ⅱ 6700」の方が端末との重ね持ちで充電する際の使い勝手がいいと思います。また「PowerCore 5000」だと、自分の環境ではiPhone XS Maxを1回フル充電することが出来ませんでした。最近の端末は3000mAh前後のバッテリーを搭載する機種が多くなり、機種によっては4000mAhのバッテリーを搭載するモデルもあるようなので、「PowerCore 5000」だと若干心許ない気がしました。自分の使っている端末のバッテリー容量、端末にどの程度充電出来る性能を求めるのか、外出時に端末と一緒に充電する際の使い勝手の良さを考えると、モバイルバッテリーの形状も選択する際に重要になってくると思います。そして最も重要なのが安全性だと思います。モバイルバッテリーがPSE法の規制対象になっても、通販では商品を手に取るまでは「PSEマーク」を確認出来ません。販売しているメーカーの所在地などの詳細がはっきりしていて、サポートが機能しているブランドを選ぶのは大切だと思います。最後になりましたが、以下が今回検証に使ったアクセサリーです。・AmazonBasics 二重編組ナイロン製Lightningケーブル10cmhttps://www.amazon.co.jp/gp/product/B0753QQWZH/ref=oh_aui_detailpage_o04_s00?ie=UTF8amp;psc=1・サンワサプライ 400-TST004 USB電圧amp;電流チェッカーhttps://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-TST004・Micro Solution 50W 6Port USB Smart Power Adapter Model:GP29B(「PowerCore Ⅱ 6700」の充電に使用した充電器)http://www.micro-solution.com/pd/power/sic500610wg.html・Anker PowerLine+ Micro USBケーブル (0.3m グレー)(「PowerCore Ⅱ 6700」の充電に使用したケーブル)https://www.amazon.co.jp/gp/product/B019PZPYK6/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o04__o00_s00?ie=UTF8amp;psc=1
ちょっとディープな生物の世界
やばい生き物
生物動画
もっと見る
もっと見る