2657円 Poeme De L'Extase / Piano Concerto / Promethee ミュージック クラシック 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 Poeme De 安値 L'Extase Piano Concerto Promethee /Mesembryanthemum57098.html,www.koepota.jp,ミュージック , クラシック , 交響曲・管弦楽曲・協奏曲,/,De,Poeme,Piano,Concerto,L'Extase,2657円,Promethee,/ 2657円 Poeme De L'Extase / Piano Concerto / Promethee ミュージック クラシック 交響曲・管弦楽曲・協奏曲 Poeme De 安値 L'Extase Piano Concerto Promethee /Mesembryanthemum57098.html,www.koepota.jp,ミュージック , クラシック , 交響曲・管弦楽曲・協奏曲,/,De,Poeme,Piano,Concerto,L'Extase,2657円,Promethee,/

営業 Poeme De 安値 L'Extase Piano Concerto Promethee

Poeme De L'Extase / Piano Concerto / Promethee

2657円

Poeme De L'Extase / Piano Concerto / Promethee

商品の説明

Amazonレビュー

If you want to hear music suited to the millennial frenzy, a prime place to start is with Russian maverick composer Alexander Scriabin. In the final years of his unfortunately brief life, he dreamed up transcendent musical projects that make Wagner seem like parlor entertainment. Among the relatively few orchestral works Scriabin did complete are some stunners that blaze a uniquely visionary, idiosyncratic path beyond the impasse of ripe fin-de-siècle romanticism. The three starkly contrasting pieces gathered here offer a splendid entrée into his music. Henry Miller once described the Poem of Ecstasy as "a bath of cocaine, ice, and rainbows." Boulez conjures oceanic heavings and flickering, perfumed washes of color from his players, leading to a mighty orgasm of sound. The composer was also a dynamic virtuoso pianist (a classmate of Rachmaninoff's), and his early concerto shows its debt to Chopin while pursuing an original and tightly integrated blend of soloist and orchestra. Pianist Anatol Ugorski's unflapping conviction reveals the piece for the gem it is--the slow movement's melody is particularly indelible--leaving you wondering why this concerto is programmed so rarely. The piano also adds an important color in Scriabin's 1910 symphonic poem Prometheus, where he ventures even beyond the Poem of Ecstasy into progressive musical territory. From this amalgam of occult mysticism and pioneering harmony, Boulez fashions a majestically textured, multidimensional account that sounds opulent but unclotted. If this whets your appetite for a truly unique composer, try the Scriabin twofer on Chandos that includes his bizarrely brilliant Divine Poem Symphony. --Thomas May

Poeme De L'Extase / Piano Concerto / Promethee

フランスの作曲家にして指揮者、ピエール・ブーレーズによる、アレクサンドル・スクリャービンの作品集。収録曲は、交響曲No.3《法悦の詩》、ピアノ協奏曲と交響曲No.4《プロメテウス》の3曲である。オーケストラはシカゴ交響楽団が起用され、ピアノ協奏曲と《プロメテウス》ではピアニストのアナトール・ウゴルスキが参加する。ブーレーズは、必要とあらばバロック音楽だろうがロマンティークの音楽だろうが指揮をするが、そういう必要のないときは、クロード・ドビュッシーあたりから後の時代の音楽を取り上げる。無論、自作を含めた同時代の作曲家の作品の演奏にもとても熱心だ。スクリャービンの音楽は、そんなブーレーズの興味の射程内の音楽である。ブーレーズの演奏は、ロシア系の指揮者がよくやったような響きの塊を聴き手にぶつけて圧倒するような手法はとらない。彼らが塊として聴き手にぶつけた響きを徹底的に分解・分析し、軽やかなものへと転生させていく。響きを飽和させず、ひたすら細部まで見渡せるように解きほぐして聴き手に提供する。《法悦の詩》におけるオーガズムへの到達の過程はひたすら客観化・美化されるが、官能性を否定しているわけではない。寧ろ、聴き手の圧倒を通して官能性を演出する手法を避けることによって、作品自体が内包する官能性を自然と発散できるようにしていると捉えたほうが良いだろうか。金管セクションに名手の多いシカゴ交響楽団の起用は、各セクションを均質に鳴らすうえで、金管セクションのバランスがそこらへんのオーケストラでは取りにくいと踏んだからであろうか。アドルフ・ハーセスのトランペットをはじめとする金管セクションは、ブーレーズの要求によく応えて、他を圧倒しない絶妙な距離感で他のセクションと溶け合いつつ、華やかな演奏を繰り広げている。耳をつんざくような喧しさのない、繊細で美しいスクリャービンの演奏である。《プロメテウス》においても、作品の神秘的な和音に圧倒されることなく、ひたすら冷静に作品の響きを分析していく。冒頭の混沌とした響きも、まるでアナトール・リャードフの《魔法にかけられた湖》のような静謐さを持つ。また、ピアノの響きにもブーレーズは注意深く耳を澄まし、オーケストラの音で塗りつぶすような愚行はしない。スクリャービンの楽譜に配置された音は、指揮者によっては不穏当でグロテスクなものになるが、ブーレーズの場合は、ドビュッシーの音楽に躍動性を与えた印象派風の音楽になり、カロル・シマノフスキの音楽に近づく。最後に出てくる合唱団も神秘さよりは清澄さを感じさせる。《法悦の詩》と《プロメテウス》の間に置かれたピアノ協奏曲は、スクリャービンの作曲家としての初期に当たる1896年頃の作品。作曲家としてのスクリャービンは、アントン・アレンスキーの下で学んでいたが、結局落第している。当時のスクリャービンが作りたいように作った作品だけあって、所々でフレデリック・ショパン風だったり、師のアレンスキーのような甘美さがあったりと、彼に影響を与えていた音楽が息づいている。オーケストレーションは、ニコライ・リムスキー=コルサコフが作り直そうと申し出たくらいにひっちゃかめっちゃかだが、第三楽章のクライマックスは、リヒャルト・ヴァーグナーへの憧れも垣間見える。ウゴルスキは、とりわけ柔らかなタッチで、この気難しそうなピアノ協奏曲のピアノ・パートを愛撫し、ブーレーズは揺すれば壊れそうなオーケストレーションを細心の注意をもって演奏している。二人の奏でる弱音は、一度聴いたら二度と忘れないほどの美しさがある。《法悦の詩》や《プロメテウス》がそもそも嫌いな人も、このピアノ協奏曲のためにこのCDを手にとっても決して損はしない、と私は思う。
 なんかブ-レーズ先生が謎めいてきました(笑)。スクリャービンとブーレーズ先生ってちょっと前まで考えられない組み合わせですが、聞いてみると「知的な陶酔」とでもいう一風変わった音楽世界が繰り広げられてます。 ちょっと聴くのが恥ずかしいぐらいセンチメンタルなピアノ協奏曲とプロメテウスの独奏ピアノはウゴルスキが担当しています。法悦の詩はロシアの巨匠とは解釈が多少違いますが、これはこれで面白い演奏です。先生もまだまだ元気なうちに、ロシアものをもっと振って欲しいのですが・・・。
ブーレーズ(Pierre Boulez 1925-2015)指揮、シカゴ交響楽団の演奏によるスクリャービン(Alexandre Scriabine 1872-1915)の以下の楽曲を収録したアルバム。1) 交響曲 第4番 op.54 「法悦の詩」2) ピアノ協奏曲 嬰ヘ短調 op.203) 交響曲 第5番 op.60 「プロメテウス」2,3)のピアノ独奏はアナトール・ウゴルスキ(Anatol Ugorski 1942-)、3)の合唱はシカゴ交響合唱団。交響曲第4番は1995年、他の2曲は1996年の録音。非常にテクスチュアのスッキリしたスクリャービンである。非常にクールに、中心線的なものと装飾的なものを、意味別に分類し、正確に配置した音響といって良い。ブーレーズならでは情報処理能力と、シカゴ交響楽団ならではの機能性の高さがマッチした演奏だ。私は、この演奏を聴くと、そのスッキリした「分かりやすさ」に接し、驚嘆すると同時に、従来からスクリャービンの音楽に不可避と私が考えているエネルギー的な膨張・収縮の過程が、実に簡素化されていることにも驚かされる。そうして響く最終的な音楽は、決して「悪くない」。なるほど、こういう方法でスクリャービンを表現する方法があったのか、と考えさせられる。収録曲中では、この交響曲第4番が、いちばん良いと思う。ピアノ協奏曲もスタイルとしては同じだ。この曲は、スクリャービン初期のロマンティシズムが息づく傑作であるが、当演奏は非常に透明な感覚で表現されている。ウゴルスキのピアノは、そんなブーレーズの解釈にある意味相応しい。丁寧なタッチで、真摯に音をトレースしている。その効果が高いのは第2楽章で、黒と青を中心に描いた夜の静物画といった雰囲気で、そこに星々がまっすぐに光を注ぐようなウゴルスキのタッチも印象的。ただ、私はこのウゴルスキのピアノでは、両端楽章の色彩が淡すぎて、物足りなさを感じてしまう。試しにこの演奏の海外評をいくつか見てみたが、おおむね絶賛されていて、なかには「(歴史的名盤としてしられる)アシュケナージ盤よりはるかに優れている」と書いてあるものもあったのだが、私はこれにはまったく同意できない。そもそも、エネルギー的な収縮と弛緩を巧妙なテンポで描きあげたアシュケナージとマゼールの名盤(ASIN: B000PDZNJK)は、当演奏とまったく方向性が違うし、私には、はっきり言って、ウゴルスキのスクリャービンは、かなり「物足りない」(これはウゴルスキが録音したスクリャービンのソナタ集でも感じたこと)。きれいにまとまっていて、響きも美しいが、聴き手の心を惑わせたり、かき乱したりする要素がほとんどなく、毒気が無さすぎる。ピアノと合唱を伴う「プロメテウス」も同傾向で、とても透き通った音色で、聴き易く、分かりやすいが、それでは、スクリャービンの音楽が持つ、他の西洋音楽と違う「イデー」が何なのかということについて、探求する部分が感じ取れず、淡泊で物足りない。悪くはないのだが、少なくとも私には心の奥にズジンと来るものを感じ取りにくい。
ブーレーズが指揮して、シカゴ交響楽団が演奏するとなれば、それはさぞかし官能性のかけらもないクールな演奏、と思うのが普通でしょう。ところがこれがかつてないほど、「甘い」演奏なのです。特に秀逸なのが《法悦の詩》です。ブーレーズは《法悦の詩》に21:35もかけます。ゆったりしたテンポで、各楽器がよく聞こえてくるのはいつものことなのですが、それだけではなくてうっとりするほど歌っています。特に官能的な弦楽器ソロは聞きものです。トランペット・ソロはもちろん上手いですが、トランペットだけが突出することなく、うまくまわりとブレンドしています。正直この演奏を聞くまで、《法悦の詩》というのは理解不能な音楽でしたが、ブーレーズのおかげで《法悦の詩》のどこが新しくて、どこを過去から継承しているのかよく分かりました。

国家公務員試験、地方公務員試験や準公務員試験のおもな日程を募集期間の短い順に一覧表示しています。
各組織名(官公庁名/外郭団体名)のリンク先では、それぞれの職員採用試験・求人情報をまとめています。

随時募集の正職員求人や募集頻度の低い組織の採用試験については、KoumuWIN!のSNSアカウントにて情報配信中です。

組織名区分募集職種応募締切日1次試験日
串本町和歌山県看護師、介護支援専門員(ケアマネ)2021年11月22日-
社会福祉協議会その他の外郭団体事務職員[宮若市社会福祉協議会]2021年11月22日2021年12月5日
山ノ内町長野県保健師2021年11月22日2021年12月5日
町田市東京都一般事務(経験者)、一般事務(障害者)2021年11月22日2021年11月26日~29日
千歳市北海道臨床検査技師2021年11月22日2021年11月27日
岐阜県総合医療センター地方独立行政法人医療職(作業療法士、作業療法士(経験者))、医療職(歯科衛生士)(経験者も含む)2021年11月22日2021年12月3日
2021年12月6日
美瑛町北海道土木職、子育て支援指導員2021年11月22日2021年12月9日
農業共済組合その他の外郭団体総合職[兵庫県農業共済組合]2021年11月22日
宇多津町香川県保育士2021年11月22日2021年12月5日
備前市岡山県事務職(障害者)、電気技術職、保育士・保育教諭、学芸員(経験者)2021年11月22日2021年12月5日
彦根市滋賀県建築技術、保健師、学芸員(歴史学)2021年11月22日2021年12月5日
豊橋市コーワ 徳用万能刷毛 50mm技術職(土木・電気・機械・化学)、保健師、薬剤師、獣医師、保育士、学芸員(考古学)(経験者)、臨床心理士・公認心理師、教員(経験者)2021年11月22日2021年12月4日・5日
山口県Merrell メンズ アジリティシンセシス2 スニーカー児童福祉司(経験者)2021年11月22日2021年11月28日
山口県Etekcity ガン非接触 -58°F ~1022°F (-50°C ~ 550°C) 肉冷蔵庫プールオーブン用の調節可能な放射率と最大測定値、ブルースクールソーシャルワーカー(SSW)(経験者)2021年11月22日-
大和市神奈川県事務(障害者)、土木、建築2021年11月22日2021年12月5日
九度山町和歌山県一般事務職2021年11月22日2021年12月5日
京田辺市京都府保健師2021年11月22日2021年12月5日
福島市福島県労務職、労務職(障害者)2021年11月22日2021年12月5日
大井町神奈川県保健師、社会福祉士、幼稚園教諭・保育士2021年11月22日2021年12月14日
足立区東京都福祉(保育士)2021年11月22日2021年12月5日
岩沼市宮城県技術(土木・建築・電気・機械)2021年11月22日2021年12月5日
野田村岩手県一般事務2021年11月22日2021年12月12日
大月町高知県一般行政職、技術職(土木)、保健師2021年11月22日2021年12月5日
金ケ崎町岩手県一般行政(障害者)、土木技師、保健師、薬剤師2021年11月22日2021年12月5日・12日
新潟東港地域水道用水供給企業団新潟県事務、水道技術(経験者も含む)2021年11月22日2021年12月5日
国立精神・神経医療研究センター独立行政法人看護職員2021年11月22日2021年12月2日
国立市東京都一般事務職、一般事務職(経験者)、一般事務職(障害者)、土木技術職(一般事務職)(経験者)2021年11月22日2021年11月26日~12月6日・3日~7日
2021年12月4日
南丹病院組合京都府診療放射線技師2021年11月22日2021年11月29日
赤磐市岡山県一般事務職2021年11月22日2021年11月1日~22日・12月12日
下諏訪町長野県一般職(事務)、一般職(事務)(経験者)、一般職(建設技術職)(経験者)2021年11月22日2021年12月12日