DVD , 日本映画 , ミステリー・サスペンス,2634円,ユリゴコロ,DVDスタンダード・エディション,www.koepota.jp,/Egyptologer565736.html ユリゴコロ DVDスタンダード 爆買い送料無料 エディション 2634円 ユリゴコロ DVDスタンダード・エディション DVD 日本映画 ミステリー・サスペンス DVD , 日本映画 , ミステリー・サスペンス,2634円,ユリゴコロ,DVDスタンダード・エディション,www.koepota.jp,/Egyptologer565736.html 2634円 ユリゴコロ DVDスタンダード・エディション DVD 日本映画 ミステリー・サスペンス ユリゴコロ DVDスタンダード 爆買い送料無料 エディション

ユリゴコロ DVDスタンダード 爆買い送料無料 エディション 5%OFF

ユリゴコロ DVDスタンダード・エディション

2634円

ユリゴコロ DVDスタンダード・エディション

商品の説明

内容紹介

人殺しの私を、愛してくれる人がいた。
一冊のノートに記された殺人者の記憶。それは運命を狂わす、禁断の真実―。
沼田まほかるの大ヒット小説を、吉高由里子×松坂桃李×松山ケンイチら豪華キャスト共演、熊澤尚
人監督により映画化!

●原作は2011年に発売され、第14回大藪春彦賞受賞、「このミステリーがすごい! 」5位など数々の
国内ミステリーランキングを賑わせた沼田まほかるの同名小説。凄惨なミステリーを入口に、過去か
ら現代へと続く悲しみの連鎖の中で愛と宿命の渦に巻き込まれる男女の姿を描きながら、決して消え
ることのない生きることの尊さと美しさを刻みつけている。
●数奇な人生をたどるヒロインの美紗子を演じたのは、本作が5年ぶりの映画主演となった吉高由里
子。美紗子の生き方に大きな光をもたらす相手の洋介には松山ケンイチ、ノートを発見したことで知
られざる運命へと身を投じていく亮介には松坂桃李が扮する。その他、佐津川愛美、清原果耶、清野
菜名、木村多江らが名を連ね、見えない糸でつながった壮絶なドラマを紡ぎ出す。
●監督をつとめたのは『近キョリ恋愛』(14)、『心が叫びたがってるんだ。』(17)などの熊澤尚人。
これまでのフィルモグラフィーのイメージを覆す題材にトライし、ショッキングな世界観を幻想的な
映像美学で撮り上げ、繊細かつ、切なくも美しい愛の物語を作り出した。

【ストーリー】
カフェを営む亮介(松坂桃李)の日常はある日突然崩れ去った。男手ひとつで育ててくれた父親が余
命わずかと診断され、結婚を控えていた千絵(清野菜名)はこつ然と姿を消してしまったのだ。新し
い家族を作ろうとしていた矢先の出来事を受けとめきれない亮介は、実家の押し入れで一冊のノート
と巡り会う。「ユリゴコロ」と書かれたそのノートに書かれていたのは、美紗子と名乗る女(吉高由
里子)の手記。人を殺めることでしか自分の生きる世界と繋がることができない女性の衝撃的な告白
だった。
そんな美紗子もやがて洋介(松山ケンイチ)と運命的な出会いをし、「愛」というこれまで知る由も
なかった感情に触れることとなる。しかしそれはさらなる悲劇の幕開けにすぎなかった。
自らの失意の中、美紗子の人生の奥深くに触れていくにつれ、次第にその物語が創作だとは思えなく
なる亮介。いったい誰が、何のためにこれを書いたのか。なぜ自分はこれほどまでにこの手記に惹か
れるのか。そして機を待っていたかのように、千絵のかつての同僚だったという細谷(木村多江)が
、千絵からの伝言を手に亮介の前に現れた…。

(2017年9月23日~ 全国劇場公開作品)

【映像特典】
予告編集

【キャスト】
吉高由里子
松坂桃李
/
松山ケンイチ

佐津川愛美
清野菜名
清原果耶
木村多江

【スタッフ】
監督・脚本:熊澤尚人
原作:沼田まほかる「ユリゴコロ」(双葉文庫)
主題歌:Rihwa「ミチシルベ」(TOY'S FACTORY)
撮影:今村圭佑
照明:織田誠
録音:田中博信
音響効果:柴崎憲治
音楽:安川午朗
衣装:宮本まさ江

[発売元]
ポニーキャニオン

"span"内容(「キネマ旬報社」データベースより)

"span"沼田まほかるの同名小説を吉高由里子、松坂桃李、松山ケンイチら豪華キャスト共演で映画化。父親が余命わずかと診断され、結婚を控えていた千絵が姿を消してしまった亮介。その出来事を受け止め切れない亮介は、実家で1冊のノートとめぐり合う。

ユリゴコロ DVDスタンダード・エディション

2017年。 監督・脚本は熊澤尚人。原作は沼田まほかるの小説。余命わずかな父の書斎で見つけたノートに、連続殺人の手記が書いてあって困るお話。『脳男』の女性版みたいな内容で、結構似てると思う。軽井沢みたいなところで山小屋っぽいレストランをやってる男(松坂桃李)の彼女が失踪する話と、父の書斎にあったノートに書かれていた手記の回想が交錯する。死に撮りつかれたヤバい女の物語の怖さがすごい。リストカット関係の映像が長々と何度も繰り返されるので、リアルに失神しそうだった。手首切る時の「ジリジリ」した音が、本気で怖い!そんなおどろおどろしくも悲しい物語に引き込まれたし、久しぶりに見た吉高由里子がやっぱり存在感があったけど、今までよりもちょっとパワーダウンしてる気もした。 『蛇にピアス』、『横道世ノ介』、『婚前特急』と、タイプの全然違うキャラクターを生き生きと演じていた彼女がまた見たいものです。『横道世ノ介』の「ごきげんよう〜」ってセリフとあの表情は、一生忘れられないと思う。松山ケンイチの太宰治級の暗さもいい感じだったし、松坂桃李も華があっていい。いつもはセクシー枠の佐津川愛美を、リスカ女子役にしちゃったのはもったいない気がした。ちょっと納得出来ない流れもあったし、そんなにアクロバティックなストーリーでもないのだが、それでも十分面白かった。やっぱり吉高由里子は特別な女優でした。
ありがとうございます。実は友達が前に見たいと言っていたので、サプライズでプレゼントしました。喜んでくれました。感謝しております。
賛否ありますが、殺してやりたい、死ねばいいのにと一度も思わなかった人っているのでしょうか?無慈悲に殺害した事は言い訳の余地は無し。彼女はおそらく、脳障害なのでしょう。一方的に接する母親によって感情の欠落もあったのかもしれません。守るべきものが生まれ、葛藤する姿はまだ人の心があったのだと思います。見返りのない無償の愛を受けた時から、彼女の中の何かが変化した事は間違いない。現実社会でも殺すだけ殺して、その後の関わった人の苦しみを知らないまま、生きている人は山程います。彼女はそれを目の当たりにして、自分の罪を知る。被害者や巻き込まれた人の苦しみを知らずに更生はないという事です。賛否両論あるのは、一度は行動に移さなくても、誰かを殺したいと思ったり、頭の中で殺したりした経験がある人が多いからでしょう。息子の苦しみは計り知れません。今時、字幕がないのは不親切ですね。星一つひきました。
やや難解ではあるものの、よくできた作品。おぞましいシーンがいくつかあるが、評価は決して低くはない。それは、役者が腹の据わった演技をしてくれているからであり、日本映画も捨てたものではないことを久しぶりに実感する作品だった。内容に言及すると、物語の魅力が半減するため割愛するが、結局のところ、この作品で扱っているのは、親の愛を十分に受け取れずに大人になった人間の悲しい顛末であると言える。このテーマの作品がなんと多いことか。それだけ世の中には、程度の差こそあれ、このような人々が多く存在し、満たされたい心を満たすべく、様々に歪んだ考えに基づいて、行動を起こしているということ。誰にでも起こりうる物語で、起こらないことが奇跡のような話でもあるから、現実離れしたいるようで、実はそうでもないような不思議な感覚に襲われる。自分の家族が道を踏み外さないために、愛を注ぎ続けようと想いを新たにし、祈るような気持ちになった。